PR

福井のおすすめ注文住宅会社~住宅会社の選び方ガイド

福井県で吹き抜けの注文住宅を建てるなら寒さ対策を万全にしよう

2024/02/20

吹き抜けのある注文住宅は、開放的で光溢れる空間を提供し、家族のコミュニケーションを促進するなど多くのメリットがありますが、福井県のような寒冷地での導入には様々な検討が必要です。寒さ対策として、断熱材の適切な選定や冷気防止のためのロールスクリーン、室内の空気循環を助けるシーリングファンやサーキュレーター、そして加湿器の設置が推奨されます。

また、吹き抜けの設置費用は、設計や材料、機能によって50万円から250万円の範囲で大きく変わり、費用を抑えるためには範囲の適切な設定や窓のサイズを控えめにする、照明器具の選定におけるコスト意識などが重要です。冷暖房効率の問題やメンテナンスの手間、そして費用とのバランスを考慮して計画しましょう。

吹き抜けの注文住宅のメリットとデメリット

近年、吹き抜けのある住宅が人気を高めています。吹き抜けは開放感のある空間を実現できるなどメリットも多いのですが、気になるのが福井県のような寒さの厳しい雪国での寒さ対策と費用です。費用はどのくらいかかるのかだけでなく、メリット・デメリットを理解した上で決めるとよいでしょう。

◇日光と開放感で家族が繋がりやすい

吹き抜けを取り入れる最大のメリットは開放感です。2・3階の天井がないため、開放感が生まれます。開放感のある空間は、リラックス効果が高いため家族や仲間と一緒にまったり過ごしたり、コミュニケーションも取りやすかったりするのも魅力です。


また、吹き抜けは屋内に日の光を取り入れやすいため、家中を明るくできます。家まわりの環境によっては日の光が入りづらい場合でも、吹き抜けの2階部分から光を取り込めるのもメリットのひとつです。紫外線による日焼けなど人体への悪影響が気になる方は、UV効果のある窓ガラスを選んで防止する方法もあります。

◇温度調節とメンテナンスが難しく音と匂いが広がりやすい

吹き抜けは開放感があり、快適に過ごしやすいですがメリットばかりではありません。吹き抜けのデメリットは、冷暖房が効きづらいことです。


科学的にも暖かい空気は上、冷たい空気は下に溜まるとされており、吹き抜けの場合は1階部分に冷たい空気が溜まってしまい、リビングが寒くなってしまう可能性があります。そのため、床暖房を導入したりするなどの寒さ対策が必要です。


また、吹き抜けは音や臭いが上階へ広がりやすいため、吸音材や換気扇などの対策も必須となるでしょう。さらに、吹き抜けの場合、手軽に掃除や照明の電球交換ができません。専門業者へ依頼しなければならない場合がほとんどなため、メンテナンスの手間やコストがかかるのも吹き抜けのデメリットといえます。

注文住宅の吹き抜けの費用相場

吹き抜けの注文住宅を聞くと「費用がかかるのでは?」と思われる方も多いかもしれません。費用は住宅規模やハウスメーカーなどにもよるため、参考程度に知っておくといざというときに安心です。

◇50万円から250万円が相場

吹き抜けの費用相場は大体50万円〜250万円前後が相場とされています。200万円の差がある理由としては、吹き抜けの大きさによって変動するためです。2階・3階の床がない分施工費が安いのでは、と思う方もいるかもしれません。しかし、天井が高くなる分、足場の設置や安全対策が必要になるため、施工費が増加することがあります。


ただし、ハウスメーカーなどによっては足場有無が料金に影響しない場合もあるため、依頼するメーカーに相談してみましょう。

◇吹き抜けの注文住宅の費用を抑えるコツ

吹き抜けの費用を少しでも抑える方法は3つあります。

吹き抜けの範囲を広げない

吹き抜けの範囲を広げる場合、2階の部屋の面積や個数が減りますが、部屋にそれなりの広さや個数が欲しいとなると家自体の面積を広げる必要があります。その分費用もかかるため、必要以上に広げないよう注意が必要です。

大きな窓にしない


吹き抜けの窓を大きくすると、日の光をたくさん取り込めて家中を明るく保てるメリットがあります。しかし、窓を大きくするとその分費用もかかってしまうため、費用を少しでも抑えたい場合は窓のサイズを大きくし過ぎないようにしましょう。

照明器具にこだわりすぎない


吹き抜けに付けるのであれば妥協せず、おしゃれな照明器具にしたい方も多いかもしれません。しかし、窓と同様に予算オーバーであれば照明器具のグレードを落として費用を抑えるのもひとつの手です。

福井県で吹き抜けの注文住宅を建てる時に注意すべきこと

福井県の冬は厳しい寒さが続くため、福井で吹き抜けのある注文住宅を建てるか悩まれる方もいるかもしれません。対策方法などを知った上で、吹き抜けを検討してみるのもマイホーム実現への一歩につながります。

◇福井県は冬場は寒い

福井県は本州のほぼ中央にある県で、冬は日照時間がほぼない豪雪地帯です。降水量が多く、福井の中でも嶺北地方は特に気温が低いのも特徴です。そのため、吹き抜けをつくる際は寒さ対策を徹底しなければなりません。寒さ対策はいくつか方法があるため、対策を徹底すれば雪国でも安心して吹き抜けのある家をつくれます。

◇吹き抜けの注文住宅の寒さ対策

吹き抜けのある家の寒さ対策の方法は次の4つです。

ロールスクリーンを設置する


冬は窓によって外の冷気が家の中に侵入してしまいますが、吹き抜けにある窓はカーテンレールが設置できない場合が多いため、ロールスクリーンが最適です。断熱効果が高い材質のロールスクリーンを設置することで冷気が侵入するのを防げます。

シーリングファンを設置する


吹き抜けがある場合、どうしても冷気が1階に溜まってしまい、暖房を付けてもなかなか部屋が暖かくならないケースも見られます。このような場合は、天井にシーリングファンを設置する方法も有効です。シーリングファンが室内の空気を撹拌するため、暖かい空気を循環させられます。

サーキュレーターを設置する


シーリングファンの設置が難しい場合は、サーキュレーターで代用できます。シーリングファンと比較すると循環効率は低下しますが、自分で簡単に導入できる手軽は方法です。

加湿器を設置する


エアコンやファンヒーターを付けている場合、空気が乾燥してしまうケースがあります。空気が乾燥してしまうとウイルス感染や肌・喉の乾燥など悪影響です。また、湿度を保つだけで体感温度が上昇するため、暖かく感じるようになります。吹き抜けの上階に加湿器を設置すると、空気の循環を利用して空間全体へ水分が行き届きやすくなるでしょう。


吹き抜けのある注文住宅は、その明るく開放的な空間で人気を集めていますが、福井県のような寒冷地での採用には、慎重な検討が必要です。吹き抜けは家族間のコミュニケーションを促し、豊かな自然光が室内を明るく保つという魅力的なメリットがある一方で、冷暖房効率の低下や高い建設・維持費用、音や匂いの伝播といったデメリットも考慮する必要があります。特に、寒さが厳しい地域では、適切な断熱材の選定、冷気の侵入を防ぐロールスクリーンの設置、暖かい空気の循環を助けるシーリングファンやサーキュレーターの利用、空気の乾燥を防ぐ加湿器の配置など、冬期の快適性を保つための対策が不可欠です。 費用面では、吹き抜けの導入による相場は50万円から250万円と幅広く、設計の複雑さや使用する材料、設置する機能によって大きく変動します。費用を抑えるためには、吹き抜けの範囲を適切に設定し、必要以上に大きな窓を設けない、照明器具に高価なものを選ばないなどの工夫が求められます。

福井のおすすめ注文住宅会社~住宅会社の選び方ガイドはこちら

記事一覧

ペットと暮らす注文住宅のポイントは?生活を豊かにする施工事例

狭小地でも開放感のある家づくりを!エクリュの提案する注文住宅と施工事例

福井の注文住宅施工事例から学ぶ!寒冷対策が施された住宅の魅力

家族のニーズに合った暮らしを~キッチンの種類と注文住宅施工事例

吹き抜けは寒い?寒さが厳しい福井でも快適な秘密を施工事例より紹介

二世帯のプライバシーに配慮した永森建設の施工事例を解説

注文住宅でも騒音対策は必要?外部からの騒音を軽減する高気密施工事例

改築とリフォームの違いとは?失敗しないために気を付けること

住まいの価値を高める間取り変更リフォームの費用はどのくらい?

予算2000万円台でどのような間取りの注文住宅が可能か?

注文住宅にワークスペースを導入して集中できる環境づくり

福井で断熱リフォームをするなら支援事業で補助金が受けられる

中古住宅の価値を高めるリフォームは地元密着の工務店に強み

住宅ローンのサポートは工務店の相談会でも受けられる

福井県で二世帯の注文住宅を建てるなら知っておくべきこと

福井の注文住宅の見積もり相場は? 企業選びのコツを紹介

福井市はリノベーションを推進している! リフォームとリノベーションの違いも解説

初心者向け福井県の注文住宅で失敗しない庭づくりのコツ

バリアフリーの注文住宅で失敗しないためのコツ! 福井県で使える助成金制度も紹介

福井県で吹き抜けの注文住宅を建てるなら寒さ対策を万全にしよう

福井県の注文住宅でペットと快適に暮らすには?

福井で高性能と高品質を兼ね備えた注文住宅を建てるノークホームズ

AXSデザインが考える価値ある注文住宅とは?高品質・ローコストの秘密

SAWAMURAが実現する高品質・高性能で長寿命な注文住宅

1人1人のライフスタイルに合わせた梶間幸建の家づくり

福井で感じる日本の伝統ともてなしの結晶ダイワレジデンスの魅力

注文住宅の展示場とは?確認する点を準備し目的意識をもって参加

自由設計住宅とは?注文住宅との違いや特徴を理解し理想の住宅を

福井で注文住宅を建てる!地元工務店の特徴と業者選びの注意点とは?

福井で注文住宅を建てる!間取りの後悔や業者選びの注意点を解説

福井で注文住宅を購入!業者との打ち合わせの内容やポイント

福井で注文住宅を依頼する!発注する業者の選び方と注意点

福井で注文住宅を依頼!木の家で使用する木材の種類や特徴

福井で高気密・高断熱の注文住宅を依頼!工務店の魅力や選び方

福井で注文住宅を建てる!効率よく住宅展示場を見学する方法

福井県の注文住宅の相場は?おすすめの工務店・ハウスメーカーを紹介

ハウスメーカーと工務店の違いは? 福井で注文住宅を建てるコツ

家づくりの手順とは?住宅会社の種類や特徴及び選ぶポイントを解説

福井で建てるデザイン住宅!理想の注文住宅を建てるポイント

福井で実現!製材所からスタートした工務店ならではの木造注文住宅

福井の注文住宅で人気のデザイン住宅とは?人気ポイントをご紹介!

福井県で注文住宅に使える補助金は? お得な家づくりノウハウ

快適な新築を建てるために知っておきたい「住宅の空気の流れ」

工法の違いとは?福井県のおすすめ注文住宅会社を紹介

おだやかな時間が流れる福井県敦賀市で注文住宅を長持ちさせるには?リフォームのポイント

福井で注文住宅を建てる際に押さえておきたい後悔しない間取りと間取りを決める手順

福井県小浜市ならリフォームの支援制度も!注文住宅リフォームの最適なタイミングは?

福井県若狭町で親子が喜ぶ子育て向けの注文住宅リフォーム!

福井県美浜町に注文住宅を建てるなら気を付けたい塩害!リフォームで出来る塩害対策

福井県小浜市は住みやすい街?住みやすい街の条件と注文住宅建築を任せられるおすすめの地元工務店

福井県敦賀市の魅力とは?子育てしやすい注文住宅と工務店情報

福井県若狭町の特徴と若狭町を施工エリアとする工務店・注文住宅購入で適用される補助金制度について

福井県美浜町に注文住宅を建てるなら塩害対策とリフォームも行っている工務店を知っておこう

敦賀市・美浜町・若狭町・小浜市で気候に合った木造注文住宅を建てる

家づくりノートで理想の注文住宅を明確に!敦賀市・美浜町・若狭町・小浜市エリアの魅力

敦賀市・美浜町・若狭町・小浜市で注文住宅!一条工務店の評判は?口コミ紹介

敦賀・美浜・若狭・小浜の注文住宅あめりか屋の評判とは?

敦賀・美浜・小浜・嶺南でこだわりの注文住宅:藤本工務店の評判

敦賀・美浜・若狭・小浜の注文住宅における旭木材工業の評判

木材を良く知っている住宅メーカーの情報をあつめました

断熱工法の住宅に注目!小浜・美浜地区の基礎の断熱に強い住宅メーカー5選

小浜市でデザイン力の高い住宅メーカー5社

高断熱の家を建てるならこの工務店!敦賀市エリアのおすすめ3社

木材と断熱の関係は?住宅を建てるなら知っておきたい5つのポイント

小浜市の注文住宅では福井県産の木材が推奨されている?

木の家に興味が高まっている!環境問題に関心の高い世代

寒さが厳しいところの新築住宅で気を付ける点は?

高断熱の注文住宅を建てるならこの工務店!敦賀市エリアのおすすめ2社

木材を良く知っている若狭町の住宅メーカーに聞く!木造住宅のメリットとは?

木材で住宅をつくる~熱伝導率からみた注文住宅の利点

新築住宅を建てるなら~福井の気候風土に合った住宅機能を考える

高断熱住宅の利点を調べてみました!敦賀市、美浜町、若狭町、小浜市エリアの高断熱住宅メーカー2選

福井エリアの住宅新築は基礎にも断熱をこだわるべし!注目の基礎断熱工法

意外と知らない断熱材!注文住宅の新築が決まったら知りたい断熱材の知識

カテゴリー

住宅会社

住宅機能

断熱材の知識

新着情報

高断熱住宅メーカー

アーカイブ

2024年04月

2024年03月

2024年02月

2024年01月

2023年12月

2023年11月

2023年10月

2023年09月

2023年08月

2023年07月

2023年06月