PR

福井のおすすめ注文住宅会社~住宅会社の選び方ガイド

住宅機能

福井のおすすめ注文住宅会社~住宅会社の選び方ガイドはこちら

記事一覧

ペットと暮らす注文住宅のポイントは?生活を豊かにする施工事例

狭小地でも開放感のある家づくりを!エクリュの提案する注文住宅と施工事例

福井の注文住宅施工事例から学ぶ!寒冷対策が施された住宅の魅力

家族のニーズに合った暮らしを~キッチンの種類と注文住宅施工事例

吹き抜けは寒い?寒さが厳しい福井でも快適な秘密を施工事例より紹介

二世帯のプライバシーに配慮した永森建設の施工事例を解説

注文住宅でも騒音対策は必要?外部からの騒音を軽減する高気密施工事例

改築とリフォームの違いとは?失敗しないために気を付けること

住まいの価値を高める間取り変更リフォームの費用はどのくらい?

予算2000万円台でどのような間取りの注文住宅が可能か?

注文住宅にワークスペースを導入して集中できる環境づくり

福井で断熱リフォームをするなら支援事業で補助金が受けられる

中古住宅の価値を高めるリフォームは地元密着の工務店に強み

住宅ローンのサポートは工務店の相談会でも受けられる

福井県で二世帯の注文住宅を建てるなら知っておくべきこと

福井の注文住宅の見積もり相場は? 企業選びのコツを紹介

福井市はリノベーションを推進している! リフォームとリノベーションの違いも解説

初心者向け福井県の注文住宅で失敗しない庭づくりのコツ

バリアフリーの注文住宅で失敗しないためのコツ! 福井県で使える助成金制度も紹介

福井県で吹き抜けの注文住宅を建てるなら寒さ対策を万全にしよう

福井県の注文住宅でペットと快適に暮らすには?

福井で高性能と高品質を兼ね備えた注文住宅を建てるノークホームズ

AXSデザインが考える価値ある注文住宅とは?高品質・ローコストの秘密

SAWAMURAが実現する高品質・高性能で長寿命な注文住宅

1人1人のライフスタイルに合わせた梶間幸建の家づくり

福井で感じる日本の伝統ともてなしの結晶ダイワレジデンスの魅力

注文住宅の展示場とは?確認する点を準備し目的意識をもって参加

自由設計住宅とは?注文住宅との違いや特徴を理解し理想の住宅を

福井で注文住宅を建てる!地元工務店の特徴と業者選びの注意点とは?

福井で注文住宅を建てる!間取りの後悔や業者選びの注意点を解説

福井で注文住宅を購入!業者との打ち合わせの内容やポイント

福井で注文住宅を依頼する!発注する業者の選び方と注意点

福井で注文住宅を依頼!木の家で使用する木材の種類や特徴

福井で高気密・高断熱の注文住宅を依頼!工務店の魅力や選び方

福井で注文住宅を建てる!効率よく住宅展示場を見学する方法

福井県の注文住宅の相場は?おすすめの工務店・ハウスメーカーを紹介

ハウスメーカーと工務店の違いは? 福井で注文住宅を建てるコツ

家づくりの手順とは?住宅会社の種類や特徴及び選ぶポイントを解説

福井で建てるデザイン住宅!理想の注文住宅を建てるポイント

福井で実現!製材所からスタートした工務店ならではの木造注文住宅

福井の注文住宅で人気のデザイン住宅とは?人気ポイントをご紹介!

福井県で注文住宅に使える補助金は? お得な家づくりノウハウ

快適な新築を建てるために知っておきたい「住宅の空気の流れ」

工法の違いとは?福井県のおすすめ注文住宅会社を紹介

おだやかな時間が流れる福井県敦賀市で注文住宅を長持ちさせるには?リフォームのポイント

福井で注文住宅を建てる際に押さえておきたい後悔しない間取りと間取りを決める手順

福井県小浜市ならリフォームの支援制度も!注文住宅リフォームの最適なタイミングは?

福井県若狭町で親子が喜ぶ子育て向けの注文住宅リフォーム!

福井県美浜町に注文住宅を建てるなら気を付けたい塩害!リフォームで出来る塩害対策

福井県小浜市は住みやすい街?住みやすい街の条件と注文住宅建築を任せられるおすすめの地元工務店

福井県敦賀市の魅力とは?子育てしやすい注文住宅と工務店情報

福井県若狭町の特徴と若狭町を施工エリアとする工務店・注文住宅購入で適用される補助金制度について

福井県美浜町に注文住宅を建てるなら塩害対策とリフォームも行っている工務店を知っておこう

敦賀市・美浜町・若狭町・小浜市で気候に合った木造注文住宅を建てる

家づくりノートで理想の注文住宅を明確に!敦賀市・美浜町・若狭町・小浜市エリアの魅力

敦賀市・美浜町・若狭町・小浜市で注文住宅!一条工務店の評判は?口コミ紹介

敦賀・美浜・若狭・小浜の注文住宅あめりか屋の評判とは?

敦賀・美浜・小浜・嶺南でこだわりの注文住宅:藤本工務店の評判

敦賀・美浜・若狭・小浜の注文住宅における旭木材工業の評判

木材を良く知っている住宅メーカーの情報をあつめました

断熱工法の住宅に注目!小浜・美浜地区の基礎の断熱に強い住宅メーカー5選

小浜市でデザイン力の高い住宅メーカー5社

高断熱の家を建てるならこの工務店!敦賀市エリアのおすすめ3社

木材と断熱の関係は?住宅を建てるなら知っておきたい5つのポイント

小浜市の注文住宅では福井県産の木材が推奨されている?

木の家に興味が高まっている!環境問題に関心の高い世代

寒さが厳しいところの新築住宅で気を付ける点は?

高断熱の注文住宅を建てるならこの工務店!敦賀市エリアのおすすめ2社

木材を良く知っている若狭町の住宅メーカーに聞く!木造住宅のメリットとは?

木材で住宅をつくる~熱伝導率からみた注文住宅の利点

新築住宅を建てるなら~福井の気候風土に合った住宅機能を考える

高断熱住宅の利点を調べてみました!敦賀市、美浜町、若狭町、小浜市エリアの高断熱住宅メーカー2選

福井エリアの住宅新築は基礎にも断熱をこだわるべし!注目の基礎断熱工法

意外と知らない断熱材!注文住宅の新築が決まったら知りたい断熱材の知識

カテゴリー

住宅会社

住宅機能

断熱材の知識

新着情報

高断熱住宅メーカー

アーカイブ

2024年04月

2024年03月

2024年02月

2024年01月

2023年12月

2023年11月

2023年10月

2023年09月

2023年08月

2023年07月

2023年06月

改築とリフォームの違いとは?失敗しないために気を付けること


改築とリフォームはいずれも家を改善する手段ですが、内容と規模に違いがあります。改築は広範囲の改修で、新築に近い変更が可能ですが、コストと工期が大きくなります。リフォームは古い部分を修復し、新しくすることで、部分的な改善から家全体の更新まで対応可能で、比較的低コストで行えますが、工事中の生活への影響を考慮する必要があります。成功の鍵は信頼できる業者選びと、コストと法規制の確認にあり、改築・リフォームともに費用効率、短期間での完了、低い税負担などのメリットが得られます。

改築とリフォームはどう異なるか?

改築とリフォームはどちらも住まいを新しくする工事ですが、厳密には異なります。こちらでは、福井県で注文住宅やリフォームをご検討中の方のために、改築とリフォームの定義とふたつの違いを解説いたします。

◇改築とは

改築の定義は建築基準法で定められていて、今ある住まいまたは住まいの一部を解体し、床面積はそのままで、位置や用途は大幅に変えずに作り直すこととされています。

壁や屋根といった住まいの一部だけでなく、間取りを変更することも含まれるため、比較的大規模の工事です。改築は自由度が高く、新築のような住まいを実現できますが、工期が長くなり費用も高額になる傾向にあります。

◇リフォームとは

建物の古くなった箇所を改修し、新しい状態に戻す工事がリフォームです。リフォームは英語で改善、改修などを意味します。

リフォームには、住まいの一部のみ新しくする部分リフォーム、家全体を新しくするフルリフォーム、建物の骨格だけを残して新しくするスケルトンリフォームがあります。また、バリアフリー化や省エネ化を目的とした改修もリフォームに含まれます。

改築やリフォーム工事の注意点

引用元:photo AC

改築やリフォーム工事は費用が高く、工事が長期に渡ると近隣住民とのトラブルに発展したりする可能性もあります。こちらでは、工事をよりスムーズに進められるように、改築やリフォーム工事をする際の注意点をご紹介します。

◇住みながら工事できる?

住まいを建て直しする場合には仮住まいが必要ですが、改築やリフォームであれば住みながら工事することが可能です。住みながら工事すれば、仮住まいが不要な分、リフォームにかかる費用を安く抑えられます。また、リフォームの進捗状況を随時チェックでき、直接要望を伝えたり修正を依頼できたりするため、理想の住まいを実現しやすいのも利点です。

◇住みながら工事する際の注意点

あくまでも工事中でも住み続けられるたけであって、工事の時期や箇所によっては生活に支障をきたすこともあります。住みながら工事する際の注意点は、次の3つです。


・工事は過ごしやすい季節を選ぶ
エアコンが使えなくなる工事をする場合は、夏や冬は避けましょう。気候が安定しやすい4月や10月がリフォームに向いていると言われています。


・水回りが使えない期間を把握しておく
キッチン、トイレ、浴室などは生活に必要不可欠です。水回りが使えない期間と、その間の対処方法を事前に考えておくことが重要です。


・大きな家具や家電はあらかじめ片付ける
大きな家具や家電などは工事の妨げになる可能性があります。あらかじめ、トランクルームに預けることをおすすめします。

◇騒音やプライバシーの問題

リフォームの工事中は、騒音が原因で近隣住民とトラブルになったり、家のなかが丸見えになりプライバシーが侵害されたりすることもあります。リフォーム工事を行うことは1週間前には近隣住民に伝え、カーテンを閉めるなどの対処が必要です。

改築やリフォームを成功させるコツは?

せっかくお金をかけて改築やリフォームをしても、理想の住まいが実現できなかったり費用が高すぎたりして、後々後悔される方も少なくありません。改築やリフォームを成功させるコツは次の3つです。

◇経験豊富な業者に頼む

適切なリフォーム工事は耐震性を損なう恐れがあるため、信頼できる業者に依頼する必要があります。業者のなかには、手抜き工事をする悪徳業者がいるのも事実です。リフォームで住まいを新しくするだけでなく、住まいの安全性を確保するためには、経験豊富な業者に依頼することが重要です。

◇コストを安く抑える

工事の依頼の仕方で、コストを安く抑えることが可能です。具体的な方法としては、足場が必要な工事をまとめて依頼する、閑散期(梅雨や真夏)に依頼するなどがあります。リフォーム費用は業者によって異なるため、複数の業者に見積もりを依頼し比較して、適正な価格を知ることも大切です。

◇法令を確認する

リフォームにも建築基準法が適用されます。法令を無視してリフォーム工事をすると、違法建築とみなされるため注意が必要です。違法建築は、売却が困難で融資を受けられなくなる可能性もあるため、事前に法令もしっかりと確認しておきましょう。

改築やリフォームのメリットとは?

古い建物は取り壊して建て直すか、改築やリフォームで済ませるか、という選択に悩まれる方も多くいらっしゃいます。建て替えと比較すると、改築やリフォームにはいくつものメリットが存在します。主なメリットは次の3つです。

◇費用が割安になる

建物を解体する必要がなく、必要な箇所のみ工事を行うため費用が割安です。改築やリフォームにかかる費用は、依頼する業者や設備のグレードなどによって大きく異なりますが、30~35坪で費用相場は1,000~1,800万円ほどと言われています。一方、建て替えの費用相場は30坪で約3,000万円とされており、基本的にはリフォームよりも高額です。

◇工期が短くてすむ

建て替えの工期目安は1年以上かかることもありますが、リフォームの工期目安は約3カ月です。便器の交換や壁紙の張替えといった簡単な工事であれば、数日で完了します。

◇税負担が少ない

住まいを建て替える改築は新築と見なされて、固定資産税評価額が上がる、つまり支払う固定資産税が増える可能性があります。改築やリフォームであれば、固定資産税が増えることはほとんどありません。ただし、床面積を広げると固定資産税が増える可能性があるため、税に詳しい業者に相談しながら住まいを設計することをおすすめします。


改築とリフォームは住宅を新たにするための二つの主要な方法です。改築は、既存の建物を部分的、または全面的に解体し、新しく作り直すことを意味します。これは床面積を保持しながら、構造やデザインを大幅に変更することができ、事実上新築同等の住まいを目指せるものですが、その分、時間もコストもかかる大規模な工事となります。一方、リフォームは既存の建物に手を加え、古くなった部分を修理または改善することで、住まいの機能を更新し快適性を高めます。これには部分的な改修から家全体の大掛かりな改修まで含まれ、住みながらの工事が可能であり、改築に比べて費用を抑えやすいのが特徴です。

改築やリフォームを成功させるには、信頼できる業者の選定、予算の管理、関連する法規制の確認が欠かせません。また、工事中の生活への影響を最小限に抑えるため、季節の選定や仮住まいの必要性、近隣への配慮なども重要な検討事項です。これらの工事には、割安な費用、短い工期、少ない税負担などのメリットがあり、住宅価値の向上にも繋がります。

住まいの価値を高める間取り変更リフォームの費用はどのくらい?


間取り変更のリフォームは、住まいの使い勝手や快適さを向上させるために実施されます。工事内容は部屋の合併や分割、水回りの配置変更など多岐にわたり、これらを行うためには専門業者の協力が必要です。費用は変更の規模によって異なり、小規模な修繕から大幅なレイアウト変更まで、数十万円から数百万円の範囲で変動します。リフォームを通じて、家族の生活スタイルに合わせた間取りに改善し、住宅の価値を高めることができます。コスト削減のためには、既存の設備の再利用や仕様の見直しが効果的です。

間取り変更リフォームはどこを工事する?

間取り変更リフォームを行う箇所は主に以下の3つです。

◇部屋をまとめる

部屋をまとめるリフォームでは、間仕切り壁の撤去が主な工事となります。例えば、「リビングと隣室を繋げて広いLDKをつくりたい」「洋室2つをつなげて広い部屋にしたい」といった場合は、間仕切り壁を撤去する工事が必要です。

◇部屋を分割する

部屋を分割するリフォームでは、間仕切り壁の設置が主な工事となります。部屋を仕切る方法には、間仕切り収納・棚、間仕切りドア、ガラス戸、スクリーンパーテーション、アコーディオンカーテン、カーテン、ロールスクリーンなどが挙げられます。

◇水回りの変更

水回りの間取り変更では、解体撤去、下地処理、給湯給水管移設、排水管の延長、換気ダクト移設、電気配線、ガス管移設、壁や床の内装工事などが必要になります。

これらの工事は専門的な知識と技術を必要とするため、専門のリフォーム業者に依頼することをお勧めします。また、リフォーム後の使いやすさや家事動線などもシミュレーションした上でリフォーム内容を決めることが重要です。

間取りを変更する費用はどのくらい?

引用元:photo AC

間取りを変更するリフォームの費用は、具体的に何を行うかによって大きく変わります。主なリフォームの種類ごとの費用目安をご紹介します。

ただし、費用はあくまで目安であり、具体的な費用はリフォームを行う範囲や内容、選択する設備や材料によります。また、リフォームを行う際には、専門のリフォーム会社に見積もりを取りましょう。

◇部屋をまとめる

まず、部屋をまとめるリフォームについてです。部屋をつなげるリフォームは、開放感のある空間を実現でき、使っていない部屋を有効活用できます。

具体的な費用は、間仕切り壁の撤去に加えて床や壁・天井を部分補修するだけなら20~30万円、仕上げ材を全体的に張り替えるなら70~80万円が相場です。

◇部屋を分割する

部屋を分割するリフォームでは、壁造作、クロスを貼る、ドア建具の取付、照明やコンセントの増設作業、その他仮設工事・解体工事を行います。このようなリフォームの費用相場は50万円前後です。

◇水回りの変更

水回りのリフォームは、キッチン、浴室、トイレ、洗面所など、水を使う場所のことを指します。水回りのリフォーム4点セットの費用相場は100~300万円です。

間取り変更リフォームを安く抑えるには?

間取り変更リフォームを安く抑えるための方法はいくつかあり、これらの方法を組み合わせることで、間取り変更リフォームのコストをより効果的に抑えられます。ただし、これらの方法が適用可能かどうかは、具体的なリフォームの内容や現場の状況によりますので、専門家と相談することをおすすめします。

◇既存のものを再利用

最小限の間取り変更で済み、費用を抑えられます。例えば、クローゼットや押し入れは、ワークスペースとして活用する、水道の配管は移動させない、物置をパントリーとして活用するなどです。

◇上張り工法

上張り工法とは、床面の上に新たに床材を張っていく工法です。既存の床をはがさずに上から張っていく作業となるため工程が短く、施工費用は既存床の解体費や処分費など発生しません。リフォーム費用の節約につながります。

◇仕様やグレードの見直し

仕様やグレードの見直しにより、コストを抑えることが可能です。例えば、間仕切り壁の設置では、引き戸タイプとアコーディオンタイプでは、引き戸タイプの方が高額です。最適な仕様やグレードはリフォームの目的によって異なりますが、必要以上の仕様やグレードを避けるとリフォーム費用の節約につながります。

間取りを変更するメリットとは?

間取りを変更することには多くのメリットがあります。以下に主なメリットをご紹介します。

◇不便さを解消できる

部屋が狭い、家事動線が悪いといった間取りは毎日ストレスが蓄積しますし、玄関からリビングが見えてしまう間取りはプライバシー保護や防犯といった面からも推奨できません。間取りを変更することで家の中での移動がスムーズになり、使い勝手の良い空間を作れます。

◇ライフスタイルに応じた間取り

家族構成やライフステージの変化に合わせて、住みやすい家に変えられます。例えば、新たな家族が生まれた場合や、子どもが成長して個別の部屋が必要になった場合、または子どもが独立して家を出た場合など、家族の人数や構成が変化しがちです。このような場合に間取り変更を行うことで、家族のニーズに合った部屋の配置やスペースを確保しやすくなります。

◇採光・風通しの改善

住み始めてみると、部屋が暗い、湿気がこもりやすいといった点が気になることもあります。窓を増やす、高窓や天窓を設置する、吹き抜けを設けるなどのリフォームを行うと、自然光の取り込みや風通しを改善できます。

◇住宅価値の向上

間取りを変更することで、住宅の価値を向上させることが可能です。例えば、LDKと一体化している壁付けキッチンを分離し、ファミリーに人気の高い対面型のオープンキッチンにするなどです。売却する際に、より高額で買い手が見つかる可能性があります。

これらのメリットを活かすことで、福井でより快適で機能的な生活空間がある注文住宅を実現できるでしょう。ただし、間取りを変更する際には専門家の意見を仰ぐことが重要です。また、費用や工期、建物の構造なども考慮する必要があります。


間取り変更リフォームは住まいの機能性と快適性を高めるために行われます。具体的な工事内容には、部屋の統合や分割、水回りのレイアウト変更などが含まれ、これには専門のリフォーム業者への依頼が不可欠です。費用はプロジェクトによって大きく異なり、細部の修繕だけであれば数十万円、広範な変更では数百万円を要することもあります。このプロセスを通じて、住宅の使い勝手が改善され、ライフスタイルの変化に合わせた最適な住空間を創出できます。また、採光や風通しを改善し、住宅の市場価値を向上させる効果も期待できます。コストを抑えつつ効果的にリフォームを行うためには、既存の設備や素材の再利用、工法の選択、必要最低限の機能に絞った仕様の選定などが有効です。間取り変更は、単なる空間の再編だけでなく、住まい全体の価値を高める機会となり得るため、計画段階から専門家と密接に相談し、目的と予算に合った最適なリフォーム計画を策定することが重要です。

注文住宅にワークスペースを導入して集中できる環境づくり

リモートワークの調査データによれば、雇用型テレワーカーは26.1%で減少し、自営型は26.6%で微増しています。需要の増加に伴い、テレワーク環境や法整備への支援が必要です。ワークスペース確保も重要で、福井で注文住宅を検討する場合、計画的な設計と使い勝手の良さが求められます。デスクや椅子、照明、コンセント配置にも注意が必要です。

やや減少傾向にあるリモートワークの現状

令和4年度のテレワークの実態調査から得られたデータによれば、テレワーカーの割合について興味深い結果が明らかになりました。まず、雇用型テレワーカーの割合は26.1%であり、昨年度に比べて0.9ポイント減少しています。一方、自営型テレワーカーの割合は26.6%となっており、これも前年度から微増しています。

さらに、テレワークを実施している労働者の中で、継続的なテレワークを希望する割合が非常に高いことが示されました。実際、現状の実施頻度以上での実施を希望する割合が9割を超え、さらに約61%のテレワーカーが増加を望んでいるという結果が浮かび上がっています。このデータから、テレワークの需要が高く、労働者がこの働き方を積極的に受け入れていることが伺えます。

特に注目すべきは、自営型テレワーカーの割合が高いことです。自営業者やフリーランサーなど、自らのビジネスを運営する人々がテレワークを利用している割合が増えていることは、新たな働き方のトレンドを示しています。

このようなデータから、テレワークは令和4年度においても一定の需要があり、今後もその重要性が増していくことが予測されます。企業や政府は、この需要に応えるためにさらなる支援や制度の整備が求められるでしょう。例えば、テレワーク環境の整備や情報セキュリティの強化、働き方改革に関する法整備などが挙げられます。テレワークが今後ますます普及していく中で、労働者や企業が安心してその恩恵を受けられるよう、さまざまな取り組みが必要とされています。

集中できるワークスペースを確保する

引用元:photo AC

ワークスペースは、仕事や趣味、勉強などを行う場所で、家庭内では書斎やスタディコーナーとして利用されます。計画的な設計が必要であり、使い勝手を考慮した設計が求められます。収納が不十分だと散らかりやすく、効率が低下することもあるため、注意が必要です。

◇ワークスペースとは

ワークスペースとは、仕事や勉強、趣味などを行うための空間や場所を指します。一般的には、個室や半個室、オープンスペースなど、さまざまな形態があります。家庭内でのワークスペースは、書斎やスタディコーナーとして設けられることが一般的ですが、そのスタイルは自由であり、個々のライフスタイルや家族構成に応じて柔軟にデザインされます。

家を建てる際には、ワークスペースのニーズを考慮した設計が重要であり、使いやすく快適な空間を実現することが求められます。

◇メリット

ワークスペースを設けることには多くのメリットがあります。まず、集中して作業する環境を整えることができます。家族や生活音を気にすることなく、仕事や勉強に集中することができ、テレワーク中も快適に作業やオンライン会議を行うことができます。

さらに、必要な道具や資料を一カ所にまとめられるため、作業効率が向上し、家の中も整理されます。また、家事などの隙間時間にも作業ができ、作業途中でも場所を離れることなく継続できる利便性もあります。

◇デメリット

ワークスペースには便利な一方で、使い勝手が悪いと使用頻度が減るデメリットもあります。ワークスペースを作っても使わなければ、スペースが荷物置き場になってしまい、効果が薄れてしまいます。そのため、使いやすさを考慮してワークスペースを設計することが重要です。また、収納が不十分だと物が溢れて散らかり、作業効率が低下します。限られたスペース内で効果的なワークスペースを構築するためには、事前の計画が欠かせません。

ワークスペースを設置するときの注意点

ワークスペースでは、デスクや椅子のサイズを空間に合わせることが重要です。配線を整え、快適な椅子を選ぶと長時間の作業も快適になります。明るい照明をデスクの真上に配置し、コンセントを工夫して配置することで、効率的な作業環境を整えることができます。

◇デスク・椅子

ワークスペースのデスクや椅子を選ぶ際には、まず空間にぴったりと合うサイズを考えましょう。作り付けや置き家具でも、配線をまとめるための工夫をすることですっきりとしたデスク周りを保つことができます。

また、椅子は長時間座ることを想定して、身長やテーブルの高さに合ったものを選ぶことが重要です。座り心地やアームレストの有無なども確認し、購入前に座ってみると良いでしょう。

◇照明

ワークスペースを整える際には、照明の位置も重要です。自宅の場合、心身に負担のない明るさを確保するために工夫が必要です。明るい照明を選び、デスクの真上に配置することで、ディスプレイ画面や書類、キーボードなどの明るさと周囲の明るさの差を小さくすることが大切です。

広範囲を照らす照明を設置し、不足する部分をデスクライトで補うことで、快適な作業環境を整えることができます。

◇コンセント

ワークスペースを設置する際には、コンセントの位置も工夫が必要です。パソコンや携帯電話など使用頻度の高い機器は手の届きやすい位置に置き、一方でWi-Fiや印刷機など常時電源を必要とするものはデスク下などの隠れた位置に設置すると便利です。

使用頻度に合わせてコンセントを配置することで、配線がごちゃごちゃせず、すっきりとしたデスク環境を保つことができます。


リモートワークの現状に関する調査データによると、雇用型テレワーカーは26.1%で前年より0.9ポイント減少し、自営型テレワーカーは26.6%で微増しています。特に自営型テレワーカーの割合が高まっており、新たな働き方のトレンドとして注目されています。

この需要の高まりを受けて、テレワーク環境や法整備などの支援が求められます。

一方、ワークスペースの確保も重要であり、福井で注文住宅を検討するなら、計画的な設計や使い勝手の良さが求められます。デスクや椅子の選定や照明、コンセントの配置なども注意が必要です。

住宅ローンのサポートは工務店の相談会でも受けられる

住宅ローン相談の適切な相手は工務店、銀行、不動産会社です。工務店では初心者でも気軽に相談でき、銀行はローン条件を提案しますが、商品は限られます。不動産会社は専門家のアドバイスを受けられます。また、相談会では住宅ローンの仕組みや返済計画などが詳細に説明され、住宅金融支援機構の「フラット35」ローンも紹介されますが、情報の信頼性を確認する必要があります。

住宅ローンのサポートを受けられる相談先

工務店では初心者でも気軽に相談でき、銀行は金利や返済プランを提案してもらえます。不動産会社は物件価格やローンのアドバイスを提供しています。

◇工務店

工務店は、その多くが幅広いニーズに対応し、初めての購入者でも気軽に相談できる環境を提供しているため、住宅ローンの相談先として適しています。また、住宅展示場や相談会を通じて、具体的な質問や予算に合った設計についてアドバイスを受けることが可能です。

スタッフが常駐しており、直接質問することもできます。そのため、住宅ローンの相談や家の設計に関することを含め、トータルなサポートを受けられます。

◇銀行

住宅ローンの相談先として、銀行は重要な存在です。銀行は専門窓口を設け、顧客に具体的な金利や返済プランを提供します。対面や電話などで相談が可能であり、直接的なコミュニケーションで信頼性の高い情報を得られます。

ただし、その銀行の提供するローン商品に限定されるため、他の選択肢と比較できないリスクがあります。そのため、事前に複数の銀行の金利や条件を比較し、自身のニーズに最適なプランを見つける準備が必要です。

◇不動産会社

不動産会社は、住宅ローンの相談先として役立ちます。不動産会社には専門的な知識を持つファイナンシャルプランナーや住宅ローンアドバイザーがいるため、不動産会社で相談すると、物件の価格や条件を考慮した具体的なアドバイスを受けられます。

また、不動産会社は物件の取引に携わり、住宅ローンの手配も行ってくれることがあります。不動産会社で相談することで、住宅購入に関する情報やアドバイスを総合的に得られます。

住宅ローン相談会では何が分かるか

引用元:photo AC

住宅ローン相談会では、基本仕組みや借入可能額、返済シミュレーション、家づくり費用について詳細に説明されます。参加することで、自身の予算や条件に合った最適なローン選びや返済計画を立てる手助けが得られます。

◇住宅ローンの仕組み

住宅ローン相談会では、住宅ローンの基本的な仕組みについて学ぶことができます。金利の種類や審査基準、契約の流れなど、住宅ローンを理解する上で重要なポイントを丁寧に解説してもらえます。

さらに、参加する金融機関によっては、その金融機関が提供する住宅ローンの種類やサービスについて詳細な説明を受けることができます。

住宅ローン控除など、住宅ローンを有利に利用するための最新情報も提供されるため、賢いローン選びや利用方法の決定に役立ちます。

◇借入可能額

住宅ローン相談会に参加すると、住宅ローンに関する基本的な説明だけでなく、実際の借り入れ条件の目安も確認できます。例えば、借入可能額について、大まかな把握ができます。これにより、自身の予算や条件に合った住宅ローンを見極める際の参考になります。

◇返済シミュレーション

住宅ローン相談会では、借入可能額の目安だけでなく、具体的な返済シミュレーションも行われます。住宅ローンを借りた後の返済計画を立てることで、自身の家計状況を考慮しながら、返済がどのように進むのかを確認できます。これにより、希望する借入額が無理なく返済できるかを明確にすることが可能です。

◇家づくりにかかるお金

住宅ローン相談会では、家づくりにかかる費用について詳細に説明されます。融資手数料やローン保証料、仲介手数料など、具体的な諸費用がどのようにかかるかを理解できます。これにより、家づくりに必要な資金の総額を正確に把握することができ、実際の支出を見極める際の参考になります。

フラット35の相談なら住宅金融支援機構

住宅金融支援機構は、「フラット35」低金利ローンを提供し、返済サポートや死亡時保険などを提供しています。相談のハードルが高く、店舗が限られますが、住宅購入やリフォームの情報を求める際に便利です。

◇住宅金融支援機構のメリット

住宅金融支援機構は、住宅金融公庫が解散した後に設立された独立行政法人です。住宅の購入やリフォームを希望する人々を支援し、住宅購入・建設に必要な資金の融通支援や資金の調達情報提供を行っています。

この機構のメリットは、まず低金利の住宅ローンが挙げられます。長期で固定金利の住宅ローンを提供しており、返済計画を立てやすくなっています。また、返済に困難が生じた場合には返済サポートを受けることができ、柔軟な対応が期待できます。

さらに、住宅ローンの債務者が死亡した際には保険制度があり、家族に経済的な安心を提供します。公正な審査基準を持ち、信頼性が高いことも特徴であり、中立的な立場からのアドバイスを期待できます。

ただし、相談のハードルが高く、店舗が限られているため、相談しにくい場合もあります。また、相談会やセミナーの開催も限られており、都合の合う日程での参加が難しいことも考慮すべき点です。

◇住宅金融支援機構に相談するとよい場合

住宅金融支援機構は、固定金利の住宅ローン「フラット35」を提供しており、専用の窓口やフリーダイヤルのコールセンターを通じて相談に応じています。また、住宅ローンに関する調査や研究に基づいたアドバイスを提供し、補助金に関する情報も提供しています。

対面での相談を希望する場合は、全市町村に実店舗を構えているわけではないため、事前に店舗の有無を確認する必要があります。しかし、住宅ローンや補助金に関する詳細な情報を求める方にとっては有益な相談先となるでしょう。


住宅ローンの相談先として、工務店、銀行、不動産会社が挙げられます。工務店では、初めての購入者でも気軽に相談できる環境が提供されており、住宅展示場や相談会を通じて具体的な質問や予算に合った設計についてアドバイスを受けることができます。

また、銀行では金利や返済プランなどの提案を受けることができますが、その銀行の提供するローン商品に限定されるため、他の選択肢との比較が必要です。

さらに、不動産会社では専門的な知識を持つファイナンシャルプランナーや住宅ローンアドバイザーが常駐しており、物件価格や条件についての具体的なアドバイスを受けることができます。

住宅ローン相談会では、基本仕組みや借入可能額、返済シミュレーション、家づくり費用について詳細に説明され、その中で住宅金融支援機構の提供する低金利の「フラット35」ローンも紹介されます。ただし、相談の際には店舗の有無や情報の信頼性を確認することが重要です。

福井県で二世帯の注文住宅を建てるなら知っておくべきこと

二世帯の注文住宅には、共用タイプ、完全分離タイプ、一部共用タイプの3つのタイプがあります。親世代が介護を必要とする場合にはバリアフリーを考慮し、子供がいる場合には安全な生活環境を確保する必要があります。また福井県では、多世帯同居住宅取得支援事業や3世代ファミリー定住支援事業など、二世帯の注文住宅を支援する取り組みが行われています。

二世帯の注文住宅には3つのタイプがある

共用タイプの二世帯住宅は、建築費を抑えると同時に土地効率も向上しますが、プライバシーの制約や生活音の問題が生じます。一方、完全分離タイプでは各世帯が独立した空間を持ち、プライバシーが確保されますが、その代わりに建築費が高額になる傾向があります。また、一部共用タイプは建築費を抑えながらも、共用スペースの利用や管理に関する問題が生じる可能性があります。

◇共用タイプ

共用タイプは、二世帯住宅の中でも建築費を抑えられる点が最大のメリットです。このタイプでは一つの建物を共有するため、建物全体の規模が小さくなり、それに伴って建築費も削減されます。

また、二つの住居が一つの建物内に収まるため、土地利用効率も高まり、土地の広さや形状に制約がある場合でも比較的容易に建築できる利点があります。

一方で、共用タイプのデメリットとして、同居に非常に近い形態であるため、友人や知人を気軽に家に呼びづらいという点が挙げられます。他の住居と共有するスペースや通路を通らなければならないことから、プライバシーの配慮や遠慮が必要となり、自由な行動が制限されることがあります。

さらに、二つの住居が近接しているため、生活リズムや生活音が気になる場合があり、お互いの生活環境やライフスタイルの違いがストレスとなる可能性があります。

◇完全分離タイプ

完全分離タイプの二世帯住宅は、各世帯が独立した空間を持つことができるため、ライフスタイルに合わせて暮らすことが可能です。例えば、一方の世帯が静かな環境を好む一方で、もう一方の世帯が活発な生活を送りたい場合でも、お互いのプライバシーを確保しつつ共同生活を送れます。

メリットとしては、各世帯が完全に独立した空間を持つため、プライバシーを確保しやすい点が挙げられます。また、家族構成や生活スタイルに合わせて間取りを柔軟に設計することができるため、快適な生活が実現しやすいでしょう。

一方で、デメリットとしては、それぞれの世帯に必要な設備が2つずつ必要となるため、建築費が高額になることが挙げられます。また、建物全体の広さが大きくなるため、土地や建築基準などの制約がある場合には、建築が難しくなる可能性もあります。

◇一部共用タイプ

一部共用タイプの住宅は、プライバシーを保ちつつ建築費を抑えることができるメリットがあります。例えば、二世帯住宅や共同住宅では、一部の設備やスペースを共用することで、建築費を削減できます。

一方で、共用する部分や程度を決めることが設計段階で必要であり、意見の不一致が生じると家づくりが難航する可能性があります。

メリットとしては、一部の設備やスペースを共用することで建築費を削減できる点が挙げられます。また、同居している家族や住人と一定のコミュニケーションや協力が必要な場合、共用スペースがあることでコミュニケーションを促進し、生活の質を向上させることができます。

一方、デメリットとしては、共用する部分や程度を設計段階で決めなければならない点が挙げられます。家族や住人の間で意見が合わない場合、共用スペースの利用や管理に関する問題が生じ、家づくりが難航する可能性があります。

また、共用スペースの利用方法やルールを定めることが必要であり、それに関する合意を得ることも重要です。

介護や子育てに配慮した二世帯住宅の間取り

引用元:photo AC

親世代が介護を必要とする場合、バリアフリーを視野に入れたり、小さな子供がいる場合は子供に配慮したりする必要が生じてきます。

◇介護

親世代が高齢である場合、将来的に介護を必要とする可能性があるため、バリアフリーの考慮が重要です。

バリアフリーの住宅設計は、高齢者や身体障害者が快適に生活できるようにするための設計手法であり、段差の少ない間取りや手すりの設置、広めの廊下やドア、車椅子対応のトイレ・浴室などが含まれます。これにより、将来的な介護の必要性が生じても、住環境の変更や改修を最小限に抑えることができます。

また、バリアフリーの住宅を建てる際には、一定の条件を満たすことで非課税の優遇措置を受けることができる場合があります。例えば、高齢者や身体障害者向けの住宅を建設する場合には、所得税や固定資産税などの税金が一部免除されることがあります。これにより、経済的な負担を軽減しつつ、バリアフリーの住宅を建設できます。

親世代が高齢である場合は、将来的な介護の必要性を考慮し、バリアフリーの住宅設計を行うことで、安心して快適な生活を送ることができるでしょう。

◇子育て

小さな子どもがいる場合は、その子供の安全や快適な生活環境を考慮した住宅を建てる必要があります。

まず、子供が安全に過ごせるよう、階段や手すり、窓などに安全対策を施す必要があります。その上で、家具や設備の配置にも注意が必要で、子供が怪我をしないように工夫する必要があります。

さらに、子供が遊ぶためのスペースや収納スペースを確保することも重要です。部屋の間取りや庭のデザインを工夫し、子供が安全に遊べるスペースを確保する必要があります。

また、子供が静かに眠れるよう、隣近所への騒音対策も考慮する必要があります。遮音性の高い窓や壁、床の材料を選ぶことで、子供の睡眠環境を守ることができます。

子供を抱える家庭では、日常生活がより便利でストレスの少ないものであることが求められます。洗濯機やお風呂場が子供の手の届く範囲にあると便利ですし、収納スペースが充実していると片付けがしやすくなります。

子供が快適に安全に過ごせる住環境を整えるためには、住宅の設計段階から子供のニーズを考慮した計画が必要です。

福井県で受けられる二世帯の注文住宅の補助金

福井市の多世帯同居住宅取得支援事業は、旧耐震基準に合わない住宅を多世帯同居のために建て替えることを支援しています。敦賀市の3世代ファミリー定住支援事業も、子育て世帯と親世帯が近くに住むことで相互の支援を促し、住宅購入や新築に補助金を提供し、定住を促進します。

◇福井市の多世帯同居住宅取得支援事業

福井市の多世帯同居住宅取得支援事業は、旧耐震基準に適合しない住宅を、多世帯同居のために建て替えることを支援する取り組みです。

この取り組みでは、福井市が所有している家族が、多世帯同居のために新築または建て替えを行う際に支援を行います。具体的な支援内容には、補助金や融資制度、相談窓口の提供などが含まれます。

この取り組みを通じて、家族間の絆を強化し、より快適で安全な生活を送ることが目的とされています。地域全体の住宅環境の改善が図られ、地域の活性化にも寄与します。

◇敦賀市の敦賀市3世代ファミリー定住支援事業

敦賀市の3世代ファミリー定住支援事業は、市外在住の子育て世帯が、親世帯と同居または近居をするための住宅新築や購入を支援する取り組みです。

この事業の目的は、子育て世帯と親世帯が近くに住むことで、相互の支援体制を築き、地域の絆を深めることにあります。

敦賀市では、子育て世帯が親世帯と同居または近居するための住宅を購入する場合や新築する場合、補助金を支給しています。これにより、住宅の購入や新築に伴う経済的負担を軽減し、定住を促進しています。

また、市内の不動産情報や住宅情報を提供し、子育て世帯と親世帯が住みやすい環境を選択できるようサポートしています。

さらに、地域の魅力や生活環境に関する情報も提供し、定住を促進しています。住宅ローンの相談や支援も行っており、子育て世帯が住宅を購入する際の財政面の不安を解消し、安心して定住できるようサポートしています。


二世帯の注文住宅には、共用タイプ、完全分離タイプ、一部共用タイプの3つのタイプがあります。

共用タイプは建築費を抑えつつ土地効率を向上させるが、プライバシーの制約や生活音の問題が生じる可能性があります。

完全分離タイプでは各世帯が独立した空間を持ち、プライバシーが確保されますが、建築費が高額になる傾向があります。

一部共用タイプは建築費を抑えながらも共用スペースの利用や管理に関する問題が生じる可能性があります。

介護や子育てに配慮した二世帯住宅の間取りでは、親世代が介護を必要とする場合にはバリアフリーを考慮し、子供がいる場合には安全な生活環境を確保する必要があります。

福井県では、多世帯同居住宅取得支援事業や3世代ファミリー定住支援事業など、二世帯の注文住宅を支援する取り組みが行われています。これらの取り組みを通じて、家族の絆を強化し、地域全体の住宅環境の改善を図り、地域の活性化にも寄与しています。

福井の注文住宅の見積もり相場は? 企業選びのコツを紹介

福井県で注文住宅を建設する際、地価の二極化、厳しい気候、自然災害のリスクなどが重要な考慮点となります。地価は交通や教育施設の充実度により、地域によって大きく異なります。特に交通インフラの発展は地価を押し上げる一因です。冬季には豪雪に見舞われる地域もあり、断熱や耐震に優れた住宅設計が求められます。国や県の補助制度を活用することで、これらの条件に適した住宅建設が可能になります。

土地選びでは、アクセスの良さや自然環境、将来性を重視し、ライフスタイルに合った選択が重要です。また、工務店やハウスメーカー選びでは、その自由度や地域知識が鍵となります。建設にかかる費用は、建築費用のみならず、様々な付帯費用や諸経費も含まれるため、総合的なコストを把握し計画的に進める必要があります。

地価の二極化が進む福井の注文住宅事情

福井県で注文住宅を建てる時に、まず考えなければならないのが土地選びです。土地選びに際しては、そのエリアの地価、交通インフラ、気候による影響について理解しておきましょう。

◇福井県の地価と交通インフラ

福井県内には地価の下落の少ない地域と、下落が大きい地域があり、二極化しているのが現状です。その理由として挙げられるのが利便性です。

交通インフラや商業施設、教育機関などの整備が進んでいる地域は人気が高まり、それに伴って地価も上昇する傾向があります。

例えば、北陸新幹線や新九頭竜橋開通による交通渋滞の緩和で、周辺の地価に上昇傾向が見られました。また、嶺北に位置する福井市の二の宮地区は閑静な住宅街ですが、教育施設が多いエリアです。福井県が公表した地価公示結果によると、二の宮地区の地価は令和5年は前年よりも約2ポイントも向上しています。

交通インフラや教育施設は、生活や通勤、子育てに直結する重要な要素であり、今後のライフスタイルやライフプランを踏まえたうえで土地選びをすることが大切です。

出典元:福井県「公示価格一覧表」

◇福井県は豪雪地帯

福井県の気候は日本海側気候に属し、豪雪地帯に位置しています。日本海沿岸部では対馬暖流の影響で冬も比較的暖かく、雪より雨の日が多い傾向です。ただし、内陸部に位置する福井市は沿岸部よりも豪雪になりやすいとされています。また、過去には福井地震や福井豪雨による土砂崩れ・浸水などの自然災害も発生しており、立地や地盤の確認が重要です。

このような気候条件や自然災害の影響を軽減する家づくりを推進すべく、国や県の各自治体では住宅関連補助を行っています。2024年2月時点では新築を対象とした助成事業として、一定以上の耐震性や断熱性を有する「長期優良住宅」への助成金、税制特例の適用、住宅ローンの金利引き下げを実施しているのです。

出典元:国土交通省「長期優良住宅に係る支援制度」

一方、福井県では「住まいづくり支援制度」を行っており、住宅の耐震性や断熱性の向上、エネルギー効率の改善などを促進する改修などへの助成を受けられます。具体的な内容や条件は自治体によって異なりますので、詳細は各自治体のホームページなどで確認しましょう。

出典元:福井県「住まいづくり支援制度一覧」

福井県の注文住宅の見積もりの相場を紹介

福井県の価格相場が二極化していることについて説明しましたが、人気エリアの価格相場はどれくらいなのでしょうか。

◇価格相場

福井県で木造の注文住宅を建築するときの相場を考えてみましょう。

建築費

国税庁のデータによると、福井県の木造の工事費は、1㎡あたり187,000円です。福井県の新築住宅における住宅面積平均は約145㎡(44坪)と言われているため、建設費は2,700万円を超えます。

出典元:国税庁「地域別・構造別の工事費用表(1145当たり)【令和5年分用】」

土地費用

令和5年度における各エリアの地価相場(住宅地)は次の通りです。

福井市:51,400円/㎡

敦賀市:43,800円/㎡

小浜市:39,200円/㎡

鯖江市:36,100/㎡

住宅地の建ぺい率は60%であるため、土地面積は住宅は住宅面積の1.6倍ほど必要です。住宅面積平均の約145㎡をもとに計算すると、約230㎡が必要となります。福井市であれば、土地費用として約1,200万円が必要です。

出典元:福井県「年地価公示 市町別・用途別の標準地数・平均価格および平均変動率」

福井市の各地域における地価相場は、人気エリアやアクセスの良い地域ほど地価が高くなる傾向があります。ただし、具体的な条件や立地によって異なるため、物件を探す際には地域ごとの相場を参考にすることが重要です。

◇福井県での土地探しのコツ

福井県で理想の注文住宅を建てる計画を立てる際、最も重要なステップの一つが適切な土地を見つけることです。ここでは、福井県での土地探しにおけるコツを紹介し、理想の住まいづくりに役立つ情報を提供します。

地域の特性を理解する

福井県の地域ごとに気候や交通アクセス、生活環境が異なるため、まずは自身の生活スタイルや希望条件に合った地域を理解することが重要です。例えば、福井市や敦賀市は県庁所在地や港町として商業や観光が盛んですが、自然災害のリスクも考慮する必要があります。

交通アクセスの良い地域を選ぶ

福井県内にはJR北陸本線やえちぜん鉄道などの鉄道路線がありますが、自家用車利用率が高い傾向にあります。しかし、駅周辺の開発が進んでおり、鉄道沿線の地域でも生活しやすい環境が整っています。公共交通機関の利便性だけでなく、道路網の整備状況も考慮するべきです。

自然環境を活かした土地を選ぶ

福井県は豊かな自然環境があり、山間部や海岸沿いなど様々な土地があります。自然を活かした暮らしやレジャーを楽しむために、自然に近い環境を選ぶことがポイントです。ただし、自然災害のリスクも考慮し、地盤や治水対策などを確認することが重要です。

地価や物件の相場を調査する

地価や物件の相場は地域や立地条件によって異なります。福井県内では地価の下落傾向が見られますが、一部の人気エリアでは上昇している地域もあります。また、物件の広さや条件によって価格も変動するため、複数の物件を比較検討することが大切です。

街の将来性を考える

街の将来性や周辺環境の発展性も重要なポイントです。近年、福井県では観光や地域振興に力を入れる取り組みが進んでおり、将来的な街の発展が期待される地域もあります。将来的な地域の変化や発展計画を考慮して土地を選ぶことが重要です。

福井県で注文住宅を建てる際の工務店とハウスメーカー選びのポイント

福井県で注文住宅を建てる際には、工務店とハウスメーカー選びが重要です。

◇自由度は高いのか?

自由度の高い工務店やハウスメーカーを選ぶことで、理想の住宅を手に入れやすくなります。

カスタマイズの幅が広い

自由度の高い工務店やハウスメーカーは、顧客の希望や要望に柔軟に対応できる特徴があります。間取りやデザインにおいて、顧客の好みやライフスタイルに合わせたカスタマイズが可能です。これにより、自分たちの理想とする住宅を実現できます。

プランの提案が多彩

自由度の高い工務店やハウスメーカーは、様々なプランやデザインを提案してくれる場合があります。顧客の要望に合わせて、様々な間取りやデザインの選択肢を提示してくれるため、自分たちにとって最適なプランを見つけやすくなります。

コスト面での柔軟性がある

自由度の高い工務店やハウスメーカーは、コスト面での柔軟性があります。顧客の予算や要望に応じて、建築材料や設備の選択肢を提案してくれるため、予算内で理想の住宅を実現できます。

地域性や特性を考慮した提案が可能

自由度の高い工務店やハウスメーカーは、地域性や特性を考慮した提案ができる場合があります。地域の気候や風土、景観などを踏まえた設計や間取りの提案を行ってくれるため、地域に溶け込んだ理想の住宅を実現できます。

◇地域に精通しているか?

福井県における土地の相場を把握し、その土地の環境に合った家づくりができるハウスメーカーを選ぶことの重要性について説明します。

まず、家を建てる際の予算計画や資金計画の基礎となる、福井県の土地の相場を把握するが重要です。福井県の地価は一部の地域では下落傾向が見られますが、人気のある地域では数年間に渡って連続的に上昇しています。また、土地の広さや立地条件によっても価格が異なるため、土地の相場を把握して適切な予算を立てましょう。

次に、その土地の環境に合った家づくりができるハウスメーカーを選ぶことが重要です。福井県の気候や自然環境は地域によって異なります。例えば、日本海側の地域では豪雪地帯に位置し、冬季には積雪が多くなる傾向があります。そのため、断熱性や耐雪性の高い家であることは欠かせない要素です。一方で、海岸沿いの地域では風通しの良い家や防潮対策のある家が求められるかもしれません。

このように、土地の環境に合った家づくりを行うためには、ハウスメーカーの選定が重要です。適切な断熱性や耐雪性を備えた家を提供するハウスメーカーを選ぶことで、快適な住環境を実現できます。

したがって、福井県における土地の相場を把握し、その土地の環境に合った家づくりができるハウスメーカーを選ぶことが、理想的な住まいを実現するために重要なステップといえます。

◇断熱性と耐震性

福井県の気候は日本海側気候に属し、冬季には豪雪地帯となる地域もあります。そのため、適切な断熱・気密性能を持つ住宅を建てることが重要です。

高断熱性の住宅は外気の冷気を室内に侵入させにくいため、暖房効果を高められます。これにより、冬季の暖房費用を削減することも可能です。一方で、室内の冷気を外部に逃がしにくいため、夏季の冷房効果を高められます。これにより、室内の温度や湿度の安定性が高まり、快適な居住空間を実現するとともに、夏冬の冷房費用を削減します。

また、福井県は2024年の能登半島地震において、あわら市では震度5強、坂井両市では震度5弱を観測しました。さらに、南海トラフではマグニチュード8~9の地震が発生する可能性が示唆されています。このような地震災害に備えて、耐震等級を満たす耐震性を確保した住宅が望ましいでしょう。

◇参考価格

サイトを参考にする際には、参考価格をチェックするだけでなく、付帯費用や諸経費がどこまで含まれているのかを確認することが重要です。

付帯費用の確認

家の建設や購入価格だけでなく、付帯費用も把握しておく必要があります。これには解体工事や測量・地盤調査費、外構・造園費用、設備工事費などが含まれます。これらの費用は建築や購入価格に比べてもかなり大きい場合がありますので、見落とさないように注意が必要です。

諸経費の確認

諸経費には登記費用や税金、保険料などが含まれます。具体的には登記費用や印紙税、司法書士報酬、不動産取得税、住宅ローン関連費用などが挙げられます。これらの費用も建設や購入費用と合わせて総額を考慮する必要があります。

サイトで示されている価格や費用がどこまで含まれているのかを把握することで、実際の費用を正確に把握し、予算内での計画を立てられます。また、付帯費用や諸経費の内容や金額はケースバイケースで異なるため、実際の見積もりや契約時に詳細を確認することが重要です。


福井県における注文住宅建設に際しては、地価の二極化や厳しい気候条件、そして地域固有の自然災害リスクが、土地選びや家づくりの計画に大きく影響します。地価は、利便性の高い地域で上昇傾向にあり、この現象は交通インフラの整備や教育施設の充実といった要因によるものです。特に、北陸新幹線の開通などは地域のアクセス改善に寄与し、周辺地域の地価上昇を促しています。

福井県は、冬季に豪雪地帯となるエリアがあり、特に内陸部は沿岸部よりも積雪が多く、断熱性や耐震性を考慮した住宅設計が必須です。国や県ではこれらの気候条件や災害リスクに対応した家づくりを支援し、住宅関連の補助制度を提供しています。これにより、住宅の耐震性や断熱性の向上に貢献し、居住者の安全と快適性を確保することが可能です。

土地選びにおいては、交通アクセスの良さ、自然環境の活用、そして将来の街の発展性を見据えた選定が求められます。生活スタイルやライフプランに合った土地選びをすることで、長く安心して暮らすことができる住環境を実現できます。さらに、工務店やハウスメーカーの選択では、その自由度や地域への精通度が重要な判断基準となり、理想の住宅を実現するためのパートナー選びには細心の注意が必要です。

住宅建設に伴う費用には、建築費用だけでなく、解体工事や地盤調査、外構工事などの付帯費用、さらには登記費用や税金などの諸経費が含まれます。これらの総合的なコストを事前に把握し、適切に計画を立てることで、予算内で理想の家を建てる夢を実現できるでしょう。福井県での家づくりは、これらの複数の要素を総合的に考慮し、計画的に進めましょう。

福井市はリノベーションを推進している! リフォームとリノベーションの違いも解説

リフォームは既存の建物を修復して機能を回復させる小規模な改修に焦点を当てるのに対し、リノベーションは建物の価値や性能を新築時以上に向上させる大規模な改造を行います。リノベーションは自由度が高く、理想の住まいを実現するための選択肢となり得ますが、リフォームに比べて工事期間が長く、費用も高額になりがちなのが難点です。

福井市では、リノベーションを活用したまちづくりを推進し、遊休不動産の再利用を通じて地域の活性化を図っています。この取り組みは、リノベーションスクールの開催などを含め、地域課題の解決と産業の発展を目指しており、参加者にはリノベーションの技術を学び、実際に事業化へと繋げる機会が提供されています。

リフォームとリノベーションの違いとは?

住宅に関する工事に、「リフォーム」や「リノベーション」があります。これらの違いが曖昧で、違いがよく分からない方もいるかもしれません。これからマイホームをリノベーションしようか考えている方、リノベーションに興味ある方に向けて、リフォームとリノベーションの違いを解説します。

◇リフォームは回復、リノベーションは向上

簡単に言うと、リフォームは建物の回復を目的とした工事、リノベーションは建物のグレードアップを目的とした工事です。

住宅に限らず建物は経年とともに劣化していき、修繕や改修する必要が出てきます。経年劣化した状態から新築と同等の状態へ戻すために行われるのがリフォームです。例えば、老朽化した水回り設備の修理や取り替え、汚れた壁紙の張り替えなどがリフォームに該当します。マンションやアパートなどの原状回復もリフォームのひとつです。

一方、リノベーションは新築の状態よりも、建物の性能や価値を高めるために行う工事を指します。例えば、外観や間取りを大幅に変更する工事、耐震性や断熱性を高める補強工事などです。新築の状態にした上でより性能とデザインを改良できるため、近年では、リノベーションを選択する方も増えています。

◇工事の規模

リフォームとリノベーションは工事規模も異なります。リフォームでは、システムキッチンやユニットバスの入れ替え・壁紙クロスの張り替えなど、小規模な工事を指すのが基本です。

リノベーションは、間取り・水道管・排水管などの変更といった比較的大規模な工事のことを指します。枠組みだけを残し、それ以外を解体して改修するといった住宅事態を刷新する工事もリノベーションです。

◇住まいの性能

リフォームとリノベーションでは性能の基準が異なります。リフォームの場合は、新築時の性能と同レベルまたは新築より低いレベルが基準となり、リノベーションの場合は新築以上の性能を基準とするのが一般的です。

なお、オフィスビルを住宅に変更したり、オフィスを住宅内に併設したりなど、建物の用途を変更するための工事もリノベーションに含まれます。

リノベーションのメリットとデメリット

近年では、住宅などのリノベーションの需要が高まっています。しかし、リノベーションにはメリットとデメリットがあるため、リノベーション住宅を検討している方は知っておくと後に役立ちます。

◇リノベーションのメリット

リノベーションの最大のメリットはデザインや設計の自由度が高く、物件が豊富なことです。部屋の広さを変えたい、増築したい、使う素材にこだわりたいなどの希望も、リノベーションであれば柔軟に叶えられます。

また、人気エリアでは、新築となるとなかなか見つからないといったケースも少なくありません。しかし、リノベーションを視野に入れると選択肢が広がり、理想に近い物件と出会える可能性が高まります。

また、リノベーションは段階的な施工も可能です。場所によってリノベーションの時期を分ければ、予算の調整がしやすくなります。そのため、リノベーションを行う箇所や工事内容によっては、新築を購入するよりも費用を抑えることも可能です。

◇リノベーションのデメリット

物件の状態によっては、新築の注文住宅よりも費用がかかる可能性があります。中古物件の場合、シロアリやカビなどによる腐食や、断熱材の劣化など、外側からは見えない欠陥があとから見つかるケースがあるからです。こういった建物のトラブルは、枠組み以外を解体しなければ分からないことも少なくありません。修繕箇所が多いと、新築住宅よりも予算がかかる可能性もあります。

また、リフォームに比べて工事期間が長いこともリノベーションのデメリットといえます。工事規模が大きいため、マンションでは2〜3ヶ月、戸建て住宅では3〜4ヶ月かかるのが一般的です。物件を購入してからリノベーションする場合は、設計期間としてプラスで1〜2ヶ月かかります。その間は別に住居を用意しなければなりません。工事内容にもよりますが、基本的にリノベーションは工事規模が大きいため、リフォームよりも費用が高額になりがちです。

福井市はリノベーションのまちづくりを推進している

福井県では、使われていない空き地・建物といった遊休不動産をリノベーションして再生する取り組みを行っています。

◇福井市が行っているリノベーションまちづくり手法

産業振興・雇用創出・コミュニティ再生・エリア価値向上を図る取り組みとして、「リノベーションまちづくり」を行っています。これは、町で使われていない建物をリノベーションして新しい使い方を町全体で考え、地域課題の解決に繋げるという施策です。

実際に、築年数の経ったビルをリノベーションし、カフェやクラフトショップ、コワーキングスペースなどを設けて、若い人が多数訪れるスポットに生まれ変わった事例があります。

◇リノベーションスクールも行われている

リノベーションまちづくりでは、リノベーションスクールの開催も実施していました。リノベーションまちづくりのノウハウを3日間にわたって受講し、最終日に物件オーナーに向けてプレゼンテーションを行うという内容です。受講者のアイデアを講師がさらに突き詰めていき、実際にスクールで生まれたアイデアが事業化されています。


リフォームとリノベーションはどちらも住宅改修に関連する用語ですが、その目的と規模に大きな違いがあります。リフォームは主に既存の建物の機能を回復させるために行われ、水回りの設備交換や壁紙の張り替えなど、比較的小規模な改修が中心です。これに対し、リノベーションは建物自体の価値を向上させるため、より大規模な改造や全体のデザイン変更、構造的な変更を伴うことが多く、新築時の状態を大きく上回る性能やデザインを目指します。

リノベーションのメリットとしては、自分の理想とする住まいを実現できる高いデザインの自由度、特に人気エリアでの新築に比べて選択肢が豊富であること、予算に応じて段階的に工事を行える柔軟性などが挙げられます。ただし、リフォームと比べて工事期間が長く、工事費用も高額となる点がデメリットと言えるでしょう。

福井市では、これらのリノベーションの考えを活かし、空き地や遊休不動産の活用を通じたまちづくりを推進しています。古い建物を新しい用途で生まれ変わらせることで、地域全体の活性化に繋げることが目的です。さらに福井市は、リノベーションスクールなどの催しを通じて、参加者がリノベーションのノウハウを学び、実際に計画を事業化に繋げる機会を提供し、個人の創造性と地域の魅力を同時に高めています。

初心者向け福井県の注文住宅で失敗しない庭づくりのコツ

庭づくりでは、将来の生活シーンをイメージして、使用目的に応じたデザインや植栽、必要な構造を事前に計画することが成功の鍵です。一般的な庭の仕上げ材料には、土、砂利、芝生、コンクリートなどが挙げられますが、それぞれの利点と欠点を理解し、自分の生活スタイルに合わせて決める必要があります。また、庭の美しさを長期間保つためには、定期的なメンテナンスを見越した費用計画と、植物の手入れに必要な時間や費用を考慮することが大切です。過度なこだわりは管理の負担を増やすことがあるため、実用性と管理の容易さを優先し、場合によってはプロのアドバイスを求めることが賢明です。

庭づくりは完成後のことまで考えて計画する

福井県で注文住宅を建てるなら、建物だけでなく庭にもこだわりたいという声もよく聞かれます。庭づくりでは、完成後の利用や管理方法を含めて計画するのがポイントです。

◇使い道を決めておく

庭の使用目的を決めることで、必要な広さやレイアウトなどが見えてきます。例えば、ガーデニングや家庭菜園をするなら、エリア分けや植栽の配置を考えなくてはなりません。休日にBBQをするなら、ウッドデッキの設置や地面の舗装も必要となるでしょう。子どもやペットの遊び場にするなら、芝生、水場、日除けなどを取り入れたいところです。

このように、使い方によって庭のつくり方が異なってくるため、使い道の希望や優先順位を考えたうえでプランを練ることが重要です。

◇予算を考えて土地探しをする

庭の使い方を考慮し、予算とのバランスを見ながら土地の広さを決めることが失敗しないコツです。物置きや駐車場なども備えるのであれば、本来の使い道に要するスペースと合計して、最終的に必要となる広さを計算しましょう。

ただし、庭を広く取りすぎると居住スペースが狭くなる場合もあるため、バランスを考えることが大切です。建物だけでなく、庭にかける面積や予算を明確にしておきましょう。

◇手入れ時間について考えておく

きれいな庭を維持するためには、一定の手間と時間を確保する必要があります。草木の剪定、雑草取り、落ち葉の掃除といった手入れが欠かせません。また、駐車場やアプローチに使うコンクリートやタイル、ウッドデッキなどの構造物も定期的なメンテナンスが必要です。

庭の手入れにかけられる予算だけでなく、維持に要する時間も考慮したうえで、庭づくりの計画を立てましょう。

砂利や芝生など一般的な庭の仕上げの種類

庭の仕上げにはさまざまな種類がありますが、一般的なものとしては、土のまま、砂利、芝生、そしてコンクリートが挙げられます。

◇土のまま

土のままの庭は、庭づくりの中でも最も手軽で経済的な選択です。ただし、雨が降るとぬかるみやすく、特に降水量が多い福井県では水はけ対策が必須と言えます。雑草が生えやすいため、定期的な手入れが必要です。また、砂ぼこりが立ちやすく、清潔さを保つのが難しい側面もあります。

予算や庭の使用目的にもよりますが、管理の手間を軽減したい場合は次に紹介する何らかの仕上げを施した方がよいでしょう。

◇砂利

砂利を使った庭の仕上げは、見た目がすっきりし、雑草が生えにくく、水はけが良いのが特徴です。砂利の色や形、大きさを選べば洋風ガーデンにも和風の庭にもマッチしますし、砂利を踏むと音が鳴るため防犯対策にもなります。

ただし、歩きにくい、落ち葉などの掃除がしにくいといった点はデメリットです。ベビーカーや自転車をよく使用する場合は、一部をタイルで舗装するなどの工夫が必要かもしれません。庭を利用する目的やライフスタイルに合わせて、砂利の仕上げを検討する必要があります。

◇芝生

芝生の庭は、自然な緑を楽しみながら遊びやすい空間をつくりたい方におすすめです。芝生には、天然芝と人工芝の2種類があります。

天然芝は施工費用が比較的安価ですが、定期的なメンテナンスが必要です。ただし、適切な管理をすれば、美しい庭を長期間維持できます。一方、人工芝は施工費用が高めですが、メンテナンスが不要で一年中美しい庭を楽しめます。ただし、人工芝の寿命は約10年と言われており、定期的な取り替えが必要です。


◇コンクリート

コンクリートで仕上げた庭は、耐久性が高く、メンテナンスしやすいのが特徴です。掃除も簡単で、水やほうきを使って手入れでき、雑草の心配がありません。石、レンガ、タイルなどと組み合わせて、おしゃれに仕上げることも可能です。

ただし、照り返しが強いため地面が暑くなりますし、草花や樹木を植えるような本格的なガーデニングが難しくなります。ガーデニングを計画している場合は、一部を土のままにしておくといいでしょう。

庭づくりには堅実なデザインがおすすめ

庭づくりに取り組む際には、SNSなどで見た庭づくり上級者のテクニックなどを取り入れたくなるかもしれません。しかし、初心者がこだわりすぎると失敗しやすく、予算や管理の負担も増える恐れがあります。美しい庭を維持するためにも、まずは堅実なデザインから始めましょう。

◇こだわりすぎると失敗しやすい

庭に好きな草木をたくさん植えたものの、日当たりや他の植物との相性が悪くて思うように育たなかった、手入れが予想以上に大変だったなどの失敗が見られます。また、気に入った構造物を取り入れすぎて、まとまりがなく雑然とした雰囲気になった、収納スペースを確保できなくなったといった失敗も少なくありません。

庭の見た目だけでなく、使い勝手や管理のしやすさも考慮し、不安ならば造園業者などのプロへ相談してみましょう。

◇費用計画は慎重に

庭づくりは完成したら終わりではありません。庭の維持には長期的なメンテナンスが必要となるため、その費用も考慮しておきましょう。庭の美しさを保つには、除草や剪定といった植栽の手入れの他に、パティオやウッドデッキ、石畳などの構造物にも定期的なメンテナンスが必要です。これらの作業は庭の健康と美観を維持する上で重要な役割を果たし、時には専門的な知識や技術が求められることもあります。

特に、植物の選定や構造物の材質選びにおいて、メンテナンスの容易さを考慮することは、後に生じる手間と費用を大幅に削減できるため、予算立ての際にはこの点を念頭に置くべきでしょう。自分自身で行えるメンテナンスと、プロに依頼すべき作業のバランスを考えることも、長く庭を楽しむための秘訣です。


庭づくりを成功させるには、完成した後の生活シーンを想像しながら計画することが重要です。具体的には、庭をどのように使用するかを事前に決め、その目的に合わせたデザイン、植栽、そして必要な構造物を選定する必要があります。

庭の仕上げに関しても、生活スタイルに合った種類を選ぶことが、快適な庭生活を送るための鍵となります。土のまま、砂利、芝生、コンクリートという一般的な選択肢がありますが、雨が降った後のぬかるみや雑草の問題、歩きにくさや掃除のしやすさなど、それぞれにメリットとデメリットが存在するからです。

さらに、庭づくりでは、長期的な視点での費用計画も欠かせません。初期投資だけでなく、草木の剪定や除草、構造物のメンテナンスなど、定期的に必要となる維持費用を見積もることが、後の負担を減らす上で大切です。特に、植物を多用する庭では、季節ごとの手入れが必須となり、その作業にかけられる時間や予算を考慮する必要があります。 また、庭づくりへの過度なこだわりは、後での管理が難しくなる原因ともなり得るため、使用目的や維持管理のしやすさを重視し、必要に応じて専門家のアドバイスを求めましょう。

バリアフリーの注文住宅で失敗しないためのコツ! 福井県で使える助成金制度も紹介

バリアフリー住宅設計は、すべての人が自由に移動し、安心して暮らせる環境を目指しています。目標は、身体的な障壁の除去に留まらず、社会的、心理的な壁も取り除くことです。

注文住宅のバリアフリー設計において重視されるのは、出入口、通路、駐車場、玄関など、日常生活での利便性を高める要素です。これらは、車椅子や歩行器、ベビーカーなども容易に利用できるように、十分な広さと安全性の確保が求められます。成功の鍵は、建設前に利用者のニーズを正確に把握し、実際に試用して潜在的な問題点を明らかにすることです。

2024年2月時点では、新築のバリアフリー住宅建設に直接適用できる補助金は提供されていませんが、リフォームに関しては、介護保険に基づく住宅改修補助金や、住まい環境整備支援事業など、利用可能な補助金や支援制度が存在します。

バリアフリーの理念と間取りの注意点

福井県で注文住宅を建てる際に、将来のことを考えてバリアフリーの住宅を検討する方も多く見られます。まずはバリアフリーの理念と、間取りなどの注意点について紹介しましょう。

◇バリアフリーの理念は障壁を取り除くこと

日本の建築設計において、バリアフリーは「物理的・社会的・心理的な“障壁”を取り除く」という理念として捉えられています。

物理的な障壁を取り除く

バリアフリーの建築設計では、身体的な制約を持つ人々がスムーズに建物を利用できるように、段差のない平らな床や手すりの設置など、身体的なアクセスの容易さを考慮します。これにより、車椅子を利用する人や歩行が困難な人でも建物内を自由に移動できるようになります。

社会的な障壁を取り除く

バリアフリーの建築設計は、身体的な障壁だけでなく、社会的な障壁も取り除くことを目指しています。例えば、誰もが同じフロアへ行き来できるように、エレベーターやスロープの設置や共用スペースのバリアフリー化が行われます。これにより、障がいのある人と健常者が共に生活する環境が整います。

心理的な障壁を取り除く

バリアフリーの建築設計では、心理的な障壁も重要視されます。建物内外の案内表示や設計において、分かりやすさや安心感を提供することが求められます。これにより、障がいを持つ人々が建物を利用する際に安心して移動できる環境が整います。

◇間取りの注意点

バリアフリーの間取りにおける出入口と通路幅、駐車場、玄関について、以下の注意点が挙げられます。

出入口と通路幅


出入口は段差のない平らな構造にし、車椅子やベビーカーなどがスムーズに出入りできるようにする。ドアの開口幅を広く取り、少なくとも90cm以上の幅を確保する。また、ドアの取っ手は握りやすく、開け閉めが容易なものを選ぶ。

駐車場


駐車場は、建物の出入り口に近い位置に配置する。特に、バリアフリー対応のスペースを複数用意し、障がいを持つ人や高齢者が利用しやすい状態を整える。
駐車スペースの間隔を広く取り、車いすや歩行補助具を使用する人が自由に出入りできるスペースを確保する。

玄関


玄関は十分な広さを確保し、出入りが容易な環境を整える。特に、車椅子や大きな荷物を持っている場合でも余裕を持って通行できるようにする。玄関の床は滑りにくい素材を使用し、安全性を確保する。また、ドアの開閉や鍵の操作がしやすいように工夫する。

バリアフリーの注文住宅で失敗しないためのコツ

バリアフリー住宅を建てるときに、失敗してしまうとバリアフリーとしての機能を果たさないこともあります。バリアフリーの注文住宅で失敗しないためのコツを解説しましょう。

◇工事前に要望を確認しておく

バリアフリーの注文住宅を建てる際に、工事前に要望を聞いておくことは非常に重要です。これによって、住宅が利用者のニーズに適したものとなり、快適な生活が実現できます。

工事前に要望を聞くことで、ユーザーが抱える特定のニーズや要求を理解し、それに応じた設計や工事を行えます。バリアフリーの住宅は、高齢者や身体障害者だけでなく、子供を育てる家族や一時的な怪我をした人にも利用するため、家族全員の要望をまとめておくべきです。


ユーザーの要望を十分に聞かず、一般的なバリアフリー設計を採用した結果、実際に住む人にとっては使い勝手が悪いというケースがあります。例えば、車いすを利用する人にとっては扉や廊下の幅、トイレや浴室のスペースなどが重要ですが、これらの要素が不十分だったり、適切に配置されていなかったりすると、日常生活が困難になりかねません。階段の手すりが適切に設置されていなかったり、浴室の床が滑りやすかったりすると、利便性だけでなく安全性の問題も生じます。

ユーザーのニーズや要望を無視して設計や工事を進めた場合、結果的に完成後に不満や不便を補うための追加工事が必要になるかもしれません。

◇実際に試しておく

バリアフリーの注文住宅を建てる際に、実際に試しておくことは非常に重要です。デザインや設備の見た目だけではなく、実際に利用してみることで、その使い勝手や快適さを確認することが重要です。

例えば、車いすや歩行器を利用する方がいる場合、トイレやシャワールームで車いすからの移動や衣服の着脱、介助などがしやすいかを試してみましょう。実際にシミュレーションしてみることで、部屋や設備の配置が適切かどうかを確認できます。


失敗の実例は、鏡の位置が高過ぎる、手すりの幅が利用者の手に合わない、スペースが不十分で一方向からしか便器へアプローチできないなどです。

利用者の声を無視して設計されたバリアフリー住宅では、使い勝手が悪かったり、安全性が低かったりすることがあります。実際に試してみることで、このようなデザインや設備の改善点を見つられます。

◇家全体の温度を一定にする

バリアフリーの注文住宅において、家全体の温度を一定に保つことは重要です。家全体の温度を一定に保つことは、居住者が季節や時間帯に関係なく快適に過ごせるようにします。特に高齢者や身体的に不自由な人々にとって、急激な温度変化はヒートショックを起こしやすくするなど、健康に悪影響を与える恐れがあるからです。健康と快適性を確保するためにも一定の温度を維持する仕組みを取り入れましょう。

家全体の温度を一定に保つためには、適切に設計された空調設備はもとより建物の断熱性も高める必要があります。失敗例としては、段差や手すりなどは設置したものの、断熱性をあまり考えておらず、トイレや脱衣所、廊下などの温度が下がりやすくなったなどです。


家全体の温度を一定に保つことは、エネルギー効率を向上させる効果もあります。一定の温度を保つことで、エアコンや暖房の使用を効率的に管理し、無駄なエネルギーの消費を抑えられます。これは、環境への負荷を軽減し、家計にも負担を軽減する効果があります。

福井県でバリアフリーの注文住宅を建てる際に補助金は利用できる?

2024年2月時点において、バリアフリーの住宅を新築で建てる際に補助金や減税制度は利用できません。ただし、リフォームであればいずれも活用が可能です。

◇介護保険における住宅改修

厚生労働省が制定している介護保険の一環として提供されている制度で、特定のリフォームを行う際に、一定の補助金を受け取れます。


次のような改修を行う場合、介護保険施設等の居宅改修工事を行う際に、支給限度額(最大20万円)の9割(最大18万円)の補助金が支給されます。

・手すりの取付け

・段差の解消

・滑りの防止あるいは移動の円滑化などのために行う、床あるいは通路面の材料変更

・引き戸などへの取替

・洋式便器などへの取替え

これにより、高齢者や障がいを持つ人々が安全かつ快適な住環境を整えるための負担を軽減できます。

出典元:厚生労働省「介護保険における住宅改修」

◇住まい環境整備支援事業

国土交通省の「人生100年時代を支える住まい環境整備モデル事業」を受け、福井県が実施いしている助成事業です。要介護高齢者が住み慣れた自宅で安心して暮らし続けることを支援するために、車いす対応のバリアフリー化等の改修工事に対し助成金を支給します。

対象者は在宅で生活する要介護度3~5の方、もしくは認知症や障がいによって在宅生活が困難な要介護度1~2の方で、以下のような改修を行う際に最大80万円を助成します。

・廊下、トイレ、浴室などの拡幅

・洗面台、流し台、蛇口の取替え

・階段昇降機の設置

・手すり、スロープ、移動用リフトの設置にともなう壁、床、天井の補強工事

・水洗式ポータブルトイレ設置時の給排水工事

なお、先述した介護保険と重複した箇所の改修は助成金の対象外となるため、ケアマネジャーなどと改修について十分に相談することをおすすめします。

出典元:福井県「住まい環境整備支援事業」


バリアフリーの住宅設計は、身体的、社会的、心理的な障壁を取り除くことに焦点を当て、誰もが自由に移動でき、安心して生活できる環境を提供することが目的です。物理的なアクセスの容易さを実現するために、段差のない平らな床や手すりの設置などが行われます。社会的な障壁の除去には、共用スペースのバリアフリー化やエレベーターの設置が含まれるでしょう。心理的な壁の除去は、安心感を提供するための明確な案内表示や設計によって実現が可能です。

バリアフリー住宅の間取りにおいては、出入口や通路の幅、駐車場、玄関の設計が重要です。これらの部分は、車椅子やベビーカーがスムーズに通れるように、十分な広さと安全性を確保する必要があります。バリアフリー住宅を成功させるためには、建設前に利用者のニーズを確認し、試用して問題点を洗い出すことが不可欠です。 2024年2月現在、バリアフリー住宅を新築で建てるときに利用できる補助金はありませんが、バリアフリーリフォームであれば、介護保険に基づく住宅改修補助金や、住まい環境整備支援事業を利用できる場合があります。

福井県で吹き抜けの注文住宅を建てるなら寒さ対策を万全にしよう

吹き抜けのある注文住宅は、開放的で光溢れる空間を提供し、家族のコミュニケーションを促進するなど多くのメリットがありますが、福井県のような寒冷地での導入には様々な検討が必要です。寒さ対策として、断熱材の適切な選定や冷気防止のためのロールスクリーン、室内の空気循環を助けるシーリングファンやサーキュレーター、そして加湿器の設置が推奨されます。

また、吹き抜けの設置費用は、設計や材料、機能によって50万円から250万円の範囲で大きく変わり、費用を抑えるためには範囲の適切な設定や窓のサイズを控えめにする、照明器具の選定におけるコスト意識などが重要です。冷暖房効率の問題やメンテナンスの手間、そして費用とのバランスを考慮して計画しましょう。

吹き抜けの注文住宅のメリットとデメリット

近年、吹き抜けのある住宅が人気を高めています。吹き抜けは開放感のある空間を実現できるなどメリットも多いのですが、気になるのが福井県のような寒さの厳しい雪国での寒さ対策と費用です。費用はどのくらいかかるのかだけでなく、メリット・デメリットを理解した上で決めるとよいでしょう。

◇日光と開放感で家族が繋がりやすい

吹き抜けを取り入れる最大のメリットは開放感です。2・3階の天井がないため、開放感が生まれます。開放感のある空間は、リラックス効果が高いため家族や仲間と一緒にまったり過ごしたり、コミュニケーションも取りやすかったりするのも魅力です。


また、吹き抜けは屋内に日の光を取り入れやすいため、家中を明るくできます。家まわりの環境によっては日の光が入りづらい場合でも、吹き抜けの2階部分から光を取り込めるのもメリットのひとつです。紫外線による日焼けなど人体への悪影響が気になる方は、UV効果のある窓ガラスを選んで防止する方法もあります。

◇温度調節とメンテナンスが難しく音と匂いが広がりやすい

吹き抜けは開放感があり、快適に過ごしやすいですがメリットばかりではありません。吹き抜けのデメリットは、冷暖房が効きづらいことです。


科学的にも暖かい空気は上、冷たい空気は下に溜まるとされており、吹き抜けの場合は1階部分に冷たい空気が溜まってしまい、リビングが寒くなってしまう可能性があります。そのため、床暖房を導入したりするなどの寒さ対策が必要です。


また、吹き抜けは音や臭いが上階へ広がりやすいため、吸音材や換気扇などの対策も必須となるでしょう。さらに、吹き抜けの場合、手軽に掃除や照明の電球交換ができません。専門業者へ依頼しなければならない場合がほとんどなため、メンテナンスの手間やコストがかかるのも吹き抜けのデメリットといえます。

注文住宅の吹き抜けの費用相場

吹き抜けの注文住宅を聞くと「費用がかかるのでは?」と思われる方も多いかもしれません。費用は住宅規模やハウスメーカーなどにもよるため、参考程度に知っておくといざというときに安心です。

◇50万円から250万円が相場

吹き抜けの費用相場は大体50万円〜250万円前後が相場とされています。200万円の差がある理由としては、吹き抜けの大きさによって変動するためです。2階・3階の床がない分施工費が安いのでは、と思う方もいるかもしれません。しかし、天井が高くなる分、足場の設置や安全対策が必要になるため、施工費が増加することがあります。


ただし、ハウスメーカーなどによっては足場有無が料金に影響しない場合もあるため、依頼するメーカーに相談してみましょう。

◇吹き抜けの注文住宅の費用を抑えるコツ

吹き抜けの費用を少しでも抑える方法は3つあります。

吹き抜けの範囲を広げない

吹き抜けの範囲を広げる場合、2階の部屋の面積や個数が減りますが、部屋にそれなりの広さや個数が欲しいとなると家自体の面積を広げる必要があります。その分費用もかかるため、必要以上に広げないよう注意が必要です。

大きな窓にしない


吹き抜けの窓を大きくすると、日の光をたくさん取り込めて家中を明るく保てるメリットがあります。しかし、窓を大きくするとその分費用もかかってしまうため、費用を少しでも抑えたい場合は窓のサイズを大きくし過ぎないようにしましょう。

照明器具にこだわりすぎない


吹き抜けに付けるのであれば妥協せず、おしゃれな照明器具にしたい方も多いかもしれません。しかし、窓と同様に予算オーバーであれば照明器具のグレードを落として費用を抑えるのもひとつの手です。

福井県で吹き抜けの注文住宅を建てる時に注意すべきこと

福井県の冬は厳しい寒さが続くため、福井で吹き抜けのある注文住宅を建てるか悩まれる方もいるかもしれません。対策方法などを知った上で、吹き抜けを検討してみるのもマイホーム実現への一歩につながります。

◇福井県は冬場は寒い

福井県は本州のほぼ中央にある県で、冬は日照時間がほぼない豪雪地帯です。降水量が多く、福井の中でも嶺北地方は特に気温が低いのも特徴です。そのため、吹き抜けをつくる際は寒さ対策を徹底しなければなりません。寒さ対策はいくつか方法があるため、対策を徹底すれば雪国でも安心して吹き抜けのある家をつくれます。

◇吹き抜けの注文住宅の寒さ対策

吹き抜けのある家の寒さ対策の方法は次の4つです。

ロールスクリーンを設置する


冬は窓によって外の冷気が家の中に侵入してしまいますが、吹き抜けにある窓はカーテンレールが設置できない場合が多いため、ロールスクリーンが最適です。断熱効果が高い材質のロールスクリーンを設置することで冷気が侵入するのを防げます。

シーリングファンを設置する


吹き抜けがある場合、どうしても冷気が1階に溜まってしまい、暖房を付けてもなかなか部屋が暖かくならないケースも見られます。このような場合は、天井にシーリングファンを設置する方法も有効です。シーリングファンが室内の空気を撹拌するため、暖かい空気を循環させられます。

サーキュレーターを設置する


シーリングファンの設置が難しい場合は、サーキュレーターで代用できます。シーリングファンと比較すると循環効率は低下しますが、自分で簡単に導入できる手軽は方法です。

加湿器を設置する


エアコンやファンヒーターを付けている場合、空気が乾燥してしまうケースがあります。空気が乾燥してしまうとウイルス感染や肌・喉の乾燥など悪影響です。また、湿度を保つだけで体感温度が上昇するため、暖かく感じるようになります。吹き抜けの上階に加湿器を設置すると、空気の循環を利用して空間全体へ水分が行き届きやすくなるでしょう。


吹き抜けのある注文住宅は、その明るく開放的な空間で人気を集めていますが、福井県のような寒冷地での採用には、慎重な検討が必要です。吹き抜けは家族間のコミュニケーションを促し、豊かな自然光が室内を明るく保つという魅力的なメリットがある一方で、冷暖房効率の低下や高い建設・維持費用、音や匂いの伝播といったデメリットも考慮する必要があります。特に、寒さが厳しい地域では、適切な断熱材の選定、冷気の侵入を防ぐロールスクリーンの設置、暖かい空気の循環を助けるシーリングファンやサーキュレーターの利用、空気の乾燥を防ぐ加湿器の配置など、冬期の快適性を保つための対策が不可欠です。 費用面では、吹き抜けの導入による相場は50万円から250万円と幅広く、設計の複雑さや使用する材料、設置する機能によって大きく変動します。費用を抑えるためには、吹き抜けの範囲を適切に設定し、必要以上に大きな窓を設けない、照明器具に高価なものを選ばないなどの工夫が求められます。

福井県の注文住宅でペットと快適に暮らすには?

福井県でペット共生の注文住宅を建てる際、ペットと飼い主の両方にとって快適な生活空間の構築が不可欠です。ペットの健康と習性に配慮した設計は、特に四季の変動が激しい地域での生活において、適切な室内環境の維持を要します。

犬を飼育する場合、彼らが安心して過ごせるプライベートスペースや、運動不足解消に役立つドッグラン、滑りにくい床材の使用、キッチンアクセスの制限などが重要です。一方、猫との生活では、高所や隠れることができるスペースの提供、爪とぎのための場所、日光浴ができるエリアなどが快適な住環境を作り出します。

これらの配慮を含む間取りを取り入れると、ペットと飼い主が互いにストレスフリーで健康に暮らすための基盤を築けるでしょう。

福井県の注文住宅で人もペットも快適に暮らすための工夫

近年では犬や猫などさまざまなペットを飼っている方が増えています。注文住宅を建てる際は、ペットと快適に暮らせる家づくりが重要です。これからペットを飼う予定の方、または現在飼っている方に向けて、押さえておきたいポイントやおすすめの間取りなどを解説します。

◇空調設備と換気設備にこだわろう

犬や猫といったペットは体温調整が苦手なため、適切な室温や湿度を保つための設備が欠かせません。湿気などによるダニやカビは、人間だけでなく犬や猫の健康にも悪影響です。特に、福井県は通年湿度が高く、夏は最高気温が上昇している傾向にあります。そのため、室温調温・調湿対策は必須と言えるでしょう。

◇ペット用トイレを設置

人の視線が気にならないスペースを確保し、そこにペット用トイレを設けましょう。ペットの性格や特性によっては用を足す際は人目が気になってしまい、落ち着かない場所ではトイレを失敗する、あるいはトイレを我慢してしまう場合があるからです。

また、ペット用トイレスペースに掃除しやすい素材や消臭設備を取り入れると、片付けの手間を軽減できます。

◇ペット用の足洗い場を設置

犬が散歩から帰宅したときや庭で遊んだ後は、足に土などが着いていることがあります。そのまま犬を室内へ入れると、床などを汚してしまうでしょう。玄関付近に足洗い場を設置すると、家に入る前に汚れを洗い流せるため、家をきれいに保ちやすくなります。

犬と暮らすための注文住宅のポイント

犬には犬の習性があります。注文住宅を建てる際は、犬の習性を理解した上で快適に過ごせる家はどんな家なのか考えなければなりません。現在犬を飼っている方もこれからお迎えする予定の方も、しっかり犬の習性を理解して飼い主も犬もストレスフリーな家につながります。

◇ 犬が喜ぶ家づくりのために押さえておきたいポイント

犬にとって過ごしやすい家づくりのポイントとして、次の5つが挙げられます。

リラックスできるスペースの確保


人間にプライベートな空間があるように、犬にもリラックスしてくつろげるスペースを確保しなければなりません。個体差はありますが、犬は天井が低く暗い場所を好む傾向にあるため、犬小屋のようなスペースを確保してあげると快適に過ごせます。
ただし、なるべく家族が過ごす近くの場所にスペースを設けてあげるのがポイントです。

ストレス解消や運動ができる


犬は毎日朝と夕方の2回散歩するのが理想ですが、飼い主の都合や天候などで行けないという場合も少なくありません。犬が適度に動き回れてストレス解消できるよう庭や屋上にドッグランなどを設けるのがおすすめです。

動き回りやすい動線


犬は運動不足がストレスの原因にもなります。特に若い犬は元気があるため、リビングから廊下、階段など効率よく動き回れる動線が必要です。

足への負担を軽減できる床


床が滑りやすい家では、犬の足腰への負担が大きく転倒事故にもつながります。犬が過ごす部屋や廊下の一部に、タイルカーペットやペット用フローリングといった滑りにくい素材を使い、階段は段差を低くするなどの工夫が必要です。

キッチンに入れないようにする


家の中とはいっても犬にとって危険な場所はいくつもあります。特にキッチンは火傷などのケガの原因にもなるため、キッチンへの出入りを防ぐペットフェンスなどを設けるのもひとつの手です。

◇犬と暮らすためのオススメの間取り

犬と人が快適に暮らせる間取りには次の3つが挙げられます。


庭・屋上にドッグランがある間取り


庭や屋上がある間取りであれば、庭にドッグランを設けてあげるのがおすすめです。地面を芝生にすると足腰への負担軽減にもなり、排泄物も見えやすいため飼い主のストレスも軽減できます。また、隙間のあるフェンスにすると脱走のリスクがあるため、隙間のないフェンスがおすすめです。

ペット専用の足洗い場がある間取り


散歩やドッグランで遊んだ後はどうしても足が汚れます。家の中に土などを持ち込まないためにも玄関付近に足洗い場を含めたドッグスペースを設けてあげるのがおすすめです。家の外ではなく中に足洗い場を設ければ、温水機能を付けらますし、悪天候のお散歩後でもゆっくり洗えます。

 

庭とテラスが一体化している間取り

庭に出られるテラスを設けてあげると、犬にとって快適な空間を実現できます。庭とつながっていることで犬だけでなく飼い主も一緒に外の空気を吸ってリフレッシュできるのも庭と一体化したテラス付きの間取りの魅力です。

猫と暮らすための注文住宅のポイント

猫を飼っている方やこれから飼う予定の方が注文住宅を建てる際は、猫の習性や個々の性格に合わせたつくりを考える必要があります。

◇猫が喜ぶ家づくりのために押さえておきたいポイント

猫がストレスフリーな家をつくるには5つのポイントを押さえておきましょう。

キャットタワーなど高い場所をつくる


猫は高い場所を好みます。そのため、キャットタワーやキャットウォーク、吹き抜けなど猫がくつろげる高いスペースを設けてあげるのがおすすめです。

狭いスペースをつくる


猫は隠れられるような狭いスペースも好みます。階段下など、人間が使いづらいスペースを猫用にしてあげることで、スペースの有効活用も可能です。

爪とぎを数カ所に置けるスペースをつくる

猫は壁などで爪とぎしてしまうことも多く、壁に爪跡が残ることも珍しくありません。壁などで爪とぎしないために、複数の場所に爪とぎを置けるスペースを設けてあげると猫もストレスなく遊べます。

フードを収納できる場所に食事スペースをつくる


猫が食事できるスペースを設けてあげるのも猫にとってうれしい要素です。食事スペースに収納できるスペースも一緒に設けることで、飼い主の負担も軽減できるところもメリットのひとつです。

清潔感のあるトイレスペースをつくる


猫のトイレは、ストレスを軽減するためにも一度決めた位置からなるべく変えないようにするのが基本です。猫が落ち着いて静かに用が足せる適温な場所に設置するのが重要です。

◇猫と暮らすためのオススメの間取り

猫と快適に暮らすためにも間取りは重要なため、次の4つのポイントを押さえた間取りを参考に、マイホームづくりの参考にしましょう。


多頭で飼いやすい間取り


猫を多頭で飼いやすくする場合、すべての猫のプライバシーが確保されるよう猫部屋として使用できる部屋を用意しておくのが重要です。特に病気になった場合や相性が悪くなった場合、隔離が必要になるケースもあります。猫が遊べるプレイルームを設けてあげるのもおすすめです。

日当たりがよい中庭と吹き抜けがある間取り


猫は日向ぼっこを好む子も多く、日当たりのよいスペースがあるとリラックスできます。また、合わせて吹き抜けを設けることで高いスペースで日向ぼっこしながらくつろげる空間を実現できるのも魅力です。

出窓とキッチンを独立させた間取り


猫がキッチンに侵入してしまうとケガをする可能性もあります。そのため、リビングダイニングとキッチンを区切るのが重要です。また、窓を出窓にすれば窓からの脱走も防止できます。

階段下を猫用トイレにした間取り


階段下は人間が使うにはデッドスペースになりがちです。階段下のスペースを猫のトイレスペースに活用することでスペースを有効活用でき、狭いスペースを好む猫にとっても過ごしやすくなります。


福井県でペットと共に暮らす注文住宅を計画する際、人間とペット双方にとっての快適性を追求することが重要です。犬や猫などのペットを長期間健康的に飼育するためには、彼らの習性や健康に配慮した家づくりが必須といえます。

ペットの快適性を考慮した住宅では、まず適切な温度と湿度の管理が基本となります。特に福井県のように四季がはっきりしており、夏は暑く冬は寒い地域では、ペットの体温調整機能に配慮した空調設備の整備が欠かせません。

犬を飼う場合は、リラックスできるスペースの確保、ストレス解消を目的としたドッグランの設置、滑りにくい床材の選定、キッチンへの出入り制限がポイントです。猫の場合、高い場所や隠れられる狭いスペースの提供、複数の爪とぎ場所の設置、日向ぼっこスペースの確保が重要となります。 これらの工夫を取り入れた間取りにより、ペットと人間が共にストレスなく、健康的に暮らせる住環境を実現できます。ペットの習性や飼い主のライフスタイルに応じた間取りを選ぶことが、長期的に見てもお互いにとって最適な選択となるでしょう。

福井で注文住宅を建てる!間取りの後悔や業者選びの注意点を解説

福井で注文住宅を検討しているなら、間取りで後悔しやすいケースについて知っておくべきです。

間取りで後悔した事例として「収納不足」「部屋の広さと数」「玄関の構造」がよく挙げられます。これらで後悔しないために、理想の家を具体的にイメージし、自分でも設備や間取りに関する知識を備えましょう。

業者を選ぶ際には担当者の人柄や知識、変更の可否やアフターフォローについての確認が重要です。相見積もりを取って比較し、自分や家族の要望を叶えてくれる業者を探す必要があります。

注文住宅の間取りで後悔するケースとは?

注文住宅といえば、ご自分の要望をマイホームのあちこちに反映できるのが最大の魅力といえます。しかし、実際に住むようになると、あれこれと不満な点が出てくるものです。こちらでは後悔しがちなケースをまとめました。

収納不足

収納不足は、住んでみてからよく挙げられがちな問題点です。

とりわけ子供のいる家庭であれば、おもちゃを片付けて収納するスペースに悩まされるケースが多いでしょう。たとえ大きなコンテナにおもちゃをしまったとしても、そのコンテナ収納する先がなければ邪魔になってしまいます。

しかし、こうした収納不足の問題は、子供のいる家庭に限った話ではありません。
靴をたくさん持っている方は、シューズラックが足りない。洋服を多く所持している方であれば、収納するクローゼットが足りないなど、収納不足は住み始めて気になりだす場合が多いです。

おしゃれなデザインの家が建てられたとしても、お家の中が物であふれかえっていては折角のマイホームも台無しになってしまいます。家のデザインを活かすためにも、収納場所を確保した間取りを検討しましょう。

部屋の広さと数

部屋の広さと数も、住み始めてから気づいた家の問題点として挙げられます。

その中でもよく挙げられるのは、お風呂や脱衣所・トイレが狭いという問題点です。お風呂が狭くて足を曲げないと入れない場合や、トイレでかがんだ際、頭が壁に当たるほど狭いというケースもあります。その他にも寝室にクローゼットがある場合、洋服を取り出すときの音が睡眠の邪魔になるでしょう。

マイホームを建てる際に、決められた予算の中でどのような間取りにするのかはとても重要です。家の面積を広くしたり、部屋数を多くしたりすると割高になってしまうため、あきらめてしまう方もいます。コストよりも住む人数やライフスタイルに合った間取りを考えることで、快適な生活の実現が可能です。

玄関の構造

玄関が狭い、洗面所から遠いといった問題点もよく取りあげられます。

家の出入りに必ず利用する玄関は、狭いと不便さを感じやすいです。家族が増えると靴も多くなるため、将来的に下駄箱を追加するというケースも想定されます。そんな時に玄関が狭いと、下駄箱を追加できる余裕がありません。

また感染症などの観点から、家に帰ってすぐに手洗いをすることが習慣化されつつあります。しかし、玄関から洗面所までの動線が長かったり、間にリビングがあったりすると、手を洗わないままにしてしまうこともあり得るでしょう。したがって玄関の広さだけでなく、玄関の位置も重要なポイントであるといえます。

注文住宅建築で後悔しないためのポイント

引用元:photo AC

後悔しない家づくりのためには押さえておくべきいくつかのポイントについて紹介します。

将来を見据えて住みたい家を明確にイメージする

注文住宅の最大のメリットは、ご自分の希望や要望がマイホームに反映できるという点だといっても過言ではありません。注文住宅を建てるのであれば、自分や家族の要望が反映されたマイホームを検討しましょう。
マイホームを建てる計画段階から、住みたい理想のマイホーム像を明確にしておくことをおすすめします。住みたい家のイメージが明確でないと、住んでから気づく後悔が多い可能性があるからです。将来的な人数や、家族全員の要望を明確にし、後悔のないマイホームを実現しましょう。

業者任せでなく自身も知識を身に着ける

自分や家族の要望を実現させるためには、設備の知識や間取りの知識、さらには床や壁のデザインなどについての知識を持っておくことも大切です。業者との打ち合わせでは、さまざまなパンフレットで紹介されますがすべてを業者任せにするのはおすすめできません。

業者に任せて家を建てた後、より理想的な間取りや設備に出会って後悔しないためにも、自分で知識を持っておく必要があります。

理想を叶える技術と意気込みを持つ業者を見つける

家に住み始めてから後悔しないように、理想を叶えられる技術と意気込みを持った業者を見つけるということも大切です。そうするためには、いろいろなモデルハウスを見学しながら、業者の意見を参考にすることをおすすめします。

福井の注文住宅を依頼する業者選びの注意点

注文住宅はただ業者に依頼すればいいというわけではありません。こちらでは依頼する業者を選ぶ際の注意点について、詳しく紹介します。

複数の業者から見積もりを取り比較する

注文住宅を依頼する前に、複数の業者から見積もりを取って比較することをおすすめします。同じ要望で依頼したとしても、業者によって品質やコストが変わる場合があるからです。こうした「相見積もり」は、マイホームに限らず水道工事やリフォームなどすべてにおいて同様のことがいえます。

担当者の人柄と知識を確認する

業者の窓口となる担当者との相性や人柄もマイホームを建てる際には大切な要素といえます。担当者とのコミュニケーションが取りにくかったり、話をよく聞いてもらえなかったりすると、こちら側の要望が正確に伝わらないことも考えられるからです。担当者が仕事にあまり慣れていない場合や、スキルが身についていないという場合にも注意しましょう。

着工後の変更の可否とアフターフォローの充実ぶりを確認する

着工後の変更の可否は、変更内容にもよります。窓の位置や壁紙のデザイン・コンセントの数などは、ある程度変更可能です。しかし、中には、着工後の変更は一切受け付けていないという業者もあるかもしれません。そうした場合に備えて、契約する前に変更の可否を業者に聞いておく必要があります。

また、アフターフォローが充実しているかどうかも、契約前の確認が大切です。大手のハウスメーカーや地域に根差した工務店などは、アフターフォローが充実している場合も多いといえます。


注文住宅の後悔した事例として、収納不足、部屋の広さと数、玄関の構造が挙げられます。これらを避けるためには、将来を見据えて自分と家族にとって理想の家を明確にイメージすることが大切です。
また、業者任せでなく自身でも知識を身につけ、理想を叶える技術と意気込みを持つ業者を選びましょう。

福井で注文住宅を依頼する際には、複数の業者から見積もりを取り比較し、担当者の人柄や知識、着工後の変更の可否とアフターフォローの充実ぶりを確認することも大切です。

福井で注文住宅を依頼する!発注する業者の選び方と注意点

納得の注文住宅を手に入れるための準備は欠かせません。理想の住まいをイメージし、建築費用やデザインの優先順位を確認しましょう。業者選択前には間取りや内装の希望を明確にし、予算と優先順位を決定します。

福井での業者選びでは、構造やデザイン、住宅性能の比較がポイントです。施工可能な構造やデザイン、取り扱い可能な性能を確認しましょう。そして、予算内であるかも検討し、後悔のないよう知名度だけでなく相見積もりを行い、慎重に最適な業者を選ぶことが大切です。

納得の注文住宅を手に入れるための準備とは?

注文住宅を依頼する業者を選択する前に、準備しておきたいポイントがいくつかあります。

こちらでは、注文住宅を依頼する業者を選択する前に準備すべきポイントについて、詳しくご紹介いたします。

理想とする住まいをイメージする

注文住宅を依頼する業者を選択する際、建築費用、デザイン、間取り、部屋数などの優先順位は人によって異なってくることでしょう。

どちらを優先するにせよ、注文住宅を依頼する業者を選択する際、業者がご自身やご家族の理想とする住宅を実現できるかどうかは非常に重要な判断材料となります。そのため、ご自身やご家族が理想とするお住まいをイメージすることは非常に大切です。

間取りや内装の希望を決める

注文住宅を依頼する業者を選択する際、あらかじめ、間取りや内装の希望を決めておくとよいでしょう。これは、内装のデザインには、和風、洋風、シンプル、モダンなどとさまざまな種類のものがあり、業者により、得意としているデザインが異なってくるためです。

そのため、ご自身やご家族が納得の注文住宅を手に入れるためには、あらかじめ、間取りや内装のデザインを決め、それに適した業者の選択が非常に大切です。

予算及び優先順位を決める

多くの場合、注文住宅の新築に費やせる予算には限りがあることと思います。注文住宅の新築をご検討中の方の中には、予算を越えてでも、納得の注文住宅を手に入れたいと考える方もいらっしゃることでしょう。

しかし、注文住宅を依頼する業者を選択する際は予算および優先順位の決定が非常に大切です。これは、妥協できるところは妥協するなどと優先順位を決めることにより、予算の範囲内に収められる可能性があるためです。

福井での注文住宅発注先の選び方とは?業者比較のポイント

引用元:photo AC

注文住宅を依頼する業者を選択する際、比較および確認すべきポイントがいくつかあります。

こちらでは、福井県で注文住宅をご検討中の方に向けて、注文住宅を依頼する業者の選び方について、詳しくご紹介いたします。

施工可能な構造・工法・デザインを確認

業者により、施工可能な構造や工法およびデザインは異なってきます。例えば、構造や工法には、木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造などが挙げられ、デザインには、和風、洋風、シンプル、モダンなどが挙げられるでしょう。

なお、構造や工法およびデザインにおいて、施工可能なものや得意なものは業者によって異なってくるため、注文住宅を依頼する業者を選択する際は施工可能な構造や工法およびデザインを確認し、ご自身やご家族の理想とする住宅の建築が可能であるかどうかも確認することが大切です。

取り扱い可能な住宅性能の比較

注文住宅を新築する際、間取りや部屋数、デザイン、予算にばかり意識が向いてしまっている方も少なくありません。しかし、新築された住宅で安心して末永く生活を送るためには、住宅の優れた性能の存在は決して欠かせません。

なお、住宅の性能には、断熱性、気密性、耐震性、耐久性、快適性、省エネルギー性などが挙げられ、業者により、重要視している項目が異なります。そのため、注文住宅を依頼する業者を選択する際は、各業者の住宅性能を比較し、ご自身やご家族が優先する項目を重要視している業者を選択するとよいでしょう。

費用が予算の範囲内かどうか

注文住宅を新築する際、構造や工法、デザイン、住宅性能だけではなく予算を考慮することもまた非常に大切です。なお、予算には現実的な価格を設定し、将来、ローンの返済により、生活が困窮してしまうことのないようにしっかりと時間をかけて検討するとよいでしょう。

注文住宅を依頼する際の注意点とは?後悔しないためのポイント

注文住宅を依頼する際、注意すべきポイントがいくつかあります。
こちらでは、納得して注文住宅を依頼するためにも、注文住宅を依頼する際に注意すべきポイントについて、詳しくご紹介いたします。

知名度だけで判断しない

全国規模で展開している大手ハウスメーカーの場合、名前が知られているからと言って、よく調べもせずに知名度だけで判断することは避けましょう。これは、大手ハウスメーカーだからよいとは言い切れないためです。

必ず相見積もりを取る

相見積もりとは、複数の業者から同じプロジェクトに関する見積もりを取ることを指します。なお、注文住宅を依頼する場合は複数の業者に見積もりを依頼するとよいでしょう。

これにより、複数の業者を総合的に比較・検討しやすくなり、ご自身にとって、最適な業者を選択できる可能性が非常に高くなります。

迷ったときは選択肢が多い業者を選ぶ

注文住宅を依頼する際、選べる選択肢が多いに越したことはないでしょう。しかし、だからと言って、選択肢が多ければ多いほど、よいというわけではありません。選択肢が多すぎると、最終的な判断が難しくなってしまうためです。


注文住宅を手に入れるための準備として、理想の住まいをイメージし、間取りや内装の希望を決め、予算と優先順位を確定させることが重要です。福井での業者選びにおいては、構造や工法、デザインの確認、住宅性能の比較、予算の範囲内かどうかの検討が必要です。 業者比較では、施工可能な構造やデザイン、取り扱い可能な住宅性能を確認し、相見積もりを取ることがポインとなりますト。また、知名度だけでなく選択肢の多さにも注意し、迷ったときは慎重に最適な業者を選ぶとよいでしょう。

福井で注文住宅を依頼!木の家で使用する木材の種類や特徴

木造住宅に欠かせない木材の種類と特徴を紹介します。ヒノキは防腐剤を含み、耐久性と耐水性に優れた建築に広く利用され、特有の爽やかな香りが魅力。スギは柔らかく、加工が容易で価格も手頃なため、構造や内装、建具に幅広く採用されています。クリは硬く丈夫であり、土台や水回りにも使用可能です。

床、梁、柱に用いられる木材も異なり、それぞれの部位に適した素材の特長があります。木造注文住宅を新築するには、専門業者の技術力や得意な素材、施工実績、担当者の知識と対応力を注意深く確認することが重要です。

木材の主な種類とそれぞれの特徴を理解しよう

木造住宅に使用される木材には、さまざまな種類のものがあります。例えば、ヒノキ、スギ、クリなどが一般的なものとして挙げられるでしょう。

こちらでは、木造住宅に使用される木材の主な種類とそれぞれの特徴について、詳しくご紹介いたします。

ヒノキ

ヒノキは天然の防腐剤を含んでおり、耐久性や耐水性に優れ、腐朽しにくい性質を持っています。そのため、ヒノキは古くから日本の伝統的な建築物に広く活用されてきました。

ヒノキの木材が放つ特有の爽やかな香りは、ヒノキの特徴的な特性のひとつであると言えるでしょう。また、ヒノキは加工性にも優れているため、淡い黄褐色や淡い紅色などの美しい木目を活かして、家具、構造材、内装材、建具材、デッキ材として使用されることも少なくありません。

スギ

スギは材質が柔らかく、加工も容易に行いやすいため、木造住宅において、構造材、内装材、建具材などで幅広く活用されています。

スギは成長速度が早いことに加え、日本には全国各地にスギ林があるため、他の木材と比較すると、価格を抑えられる可能性が非常に高いです。

クリ

クリの特徴のひとつとして、材質が硬く、丈夫であることが挙げられるでしょう。そのため、クリは住宅の土台として、古くから活用されてきました。

また、クリはシロアリなどの害虫に加え、湿気などの水分にも強い木材であるため、土台、床材、デッキ材だけではなくキッチンなどの水回りでの使用もまた可能です。しかし、成長速度が遅く、高価なクリが使用されることは現在はあまり多くはありません。

木の家に使われるのはどの木材?部位ごとに適した素材

引用元:photo AC

一口に木の家と言っても、使用される木材や部位ごとに適した素材は大きく異なってきます。
こちらでは、床、梁、柱のそれぞれの部位に適した木材について、詳しくご紹介いたします。

床に使われる木材

床に使用される一般的な木材として、パイン、スギ、ヒノキ、ナラ、チーク、クリ、タモ、ウォールナット、バーチなどが挙げられます。

加工が容易に行いやすく、軽量なパイン、スギ、ヒノキは、日本では古くから活用されてきました。硬く、傷が付きにくいナラ、チーク、クリ、タモ、ウォールナット、バーチは特徴的な色合いや木目を持つものも少なくないため、頻繁に人が出入りする場所や個性的な印象を与えたい場合などに採用されることが多いです。

梁に使われる木材

梁に使用される一般的な木材として、スギ、ベイマツ、カラマツ、ジマツ、エゾマツ、レッドウッド(欧州アカマツ)などが挙げられます。

梁は屋根、床、柱などと一体化しており、建物全体および鉛直方向へかかる荷重を支えています。そのため、梁に使用する木材には、荷重や地震の際に発生する揺れに十分に耐えられる高い強度や優れた耐久性を持つ木材の選択が重要であると言えるでしょう。

柱に使われる木材

柱に使用される一般的な木材として、スギ、ヒノキ、ホワイトウッド、レッドウッド、ヒバ、マツなどが挙げられます。

柱は梁、桁、胴差しなどの荷重を土台や基礎に伝える役割を果たしています。また、これに加え、地震の際に発生する揺れや風などの水平方向にかかる圧力に抵抗する役割をも担っているため、木の家において、柱が太く、耐震壁とのバランスが取れた柱の存在は決して欠かせません。

素材を活かした建築ができる専門業者に依頼しよう

ご自身やご家族のこだわりが詰まった理想的な木造注文住宅の新築を実現したいのであれば、技術力に優れたご希望通りの建築が行える専門業者の選択が非常に大切です。

こちらでは、福井県で木造注文住宅の新築をご検討中の方に向けて、新築を依頼する専門業者を選択される際に注意すべき点について、詳しくご紹介いたします。

豊富な種類の素材が活用できるか

木造注文住宅には、さまざまな種類の素材が活用されることが一般的です。なお、業者により、得意としている素材は大きく異なってきます。

使用したい素材が明確に決まっている場合や使用する素材にまでこだわりたい場合などは、新築を依頼する予定の業者が得意としている素材、および豊富な種類の素材の活用が可能であるのかを、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

理想の木造住宅に近い施工実績があるか

ご自身やご家族のこだわりが詰まった理想的な木造注文住宅の新築を実現したいのであれば、新築を依頼する予定の業者が過去に手掛けた実績を確認し、理想の木造住宅に近いものがあるのかを確認するとよいでしょう。

これは、一口に木造住宅と言っても、和風、洋風、シンプル、モダンなどさまざまなデザインのものがあり、業者により、得意としているデザインや構造などが大きく異なってくるためです。なお、業者の施工実績は業者のホームページ、パンフレット、住宅展示場、見学会などで確認できます。

担当者の知識と対応力に満足できるか

木造注文住宅に限らず、住宅を新築される場合、一緒に家づくりを行ってくれる担当者の方の存在は決して欠かせません。

家づくりを後悔してしまわないためにも、こだわりが詰まった理想的な木造注文住宅の新築を実現させるためにも、担当者の方が持つ知識量や対応の仕方に満足できるのかといった総合的な判断および確認は非常に大切です。


木造住宅に使用される主な木材種類とその特徴について紹介しました。ヒノキは天然の防腐剤を含み、耐久性と耐水性に優れ、独自の香りがあります。スギは柔らかく、加工が容易で価格が手頃。クリは硬く、丈夫で水分や害虫にも強く、土台や床、デッキに利用されます。床にはパインやスギが使われ、柔らかい木材が一般的。梁にはスギやベイマツが利用され、強度と耐久性が求められます。柱にはスギやヒノキが選ばれ、耐震性と強度が特に重要です。 木造注文住宅を新築する際には、業者の得意な素材や施工実績、担当者の知識や対応力を確認することが大切です。

福井で高気密・高断熱の注文住宅を依頼!工務店の魅力や選び方

福井で高気密・高断熱の注文住宅を建てるメリットは、部屋ごとの温度差が少なく、光熱費の節約できる点です。一方、デメリットは夏場の蒸し暑さや湿度管理、建築費用の高さです。地元の工務店を選ぶことで、コストパフォーマンスやアフターケアが期待できます。

高気密・高断熱の注文住宅が持つ魅力とは?

高気密・高断熱の住宅は、部屋ごとの温度差が少なく、冬の寒い時期でも快適に過ごせるため、光熱費の節約にもつながる。

◇部屋ごとの温度差が少なくなる

高気密・高断熱の住宅は、隙間を減らすことで室内の温かさが外に逃げにくくなります。同時に、室内の温度差が少なく、快適な環境を提供します。

例えば、高気密・高断熱の住宅では、リビングとトイレとの温度差はわずか0.2度という調査結果があります。しかし、高気密・高断熱ではない住宅では、同じ条件下でリビングとトイレの温度差は5度にも達します。

さらに、室内の温度安定性によって、気温の変化が血圧の上下に影響を与え、心臓疾患のリスクを軽減できます。

◇冬の寒い時期でも快適に過ごせる

睡眠前などに暖房を止めた場合でも、部屋内の暖かさが外に逃げにくく、室温の低下も緩やかになります。ある調査によれば、高気密・高断熱の家では、朝5時の寝室の温度が15.4度であるのに対して、断熱性能の低い家では10.2度となり、5度もの温度差が生じています。

高気密・高断熱の家では、冬の寒い季節でも快適に過ごすことができ、暖房に頼る必要がありません。

◇光熱費の節約につなげられる

高気密・高断熱の注文住宅は、光熱費の節約にも寄与します。例えば、室内温度を20度に設定した場合、調査によると、年間の暖房費用は高気密・高断熱の家では約1.1万円となりますが、一方、断熱性能の低い家では約4.6万円に上ります。

高気密・高断熱の住まいが持つ欠点3選

引用元:photo AC

高気密・高断熱住宅は、冬の暖かさと光熱費の節約に優れている一方、夏場の暑さや乾燥、建築費用の高さがデメリットとして挙げられます。

◇夏場ににおいや熱気がこもる

高気密・高断熱住宅には、ヒートショックのリスクを減少させ、年間の暖房費用も数万円節約できるというメリットがあります。しかしながら、デメリットもいくつか存在します。

例えば、夏場には室内に熱気がこもるという問題があります。高気密・高断熱住宅は、室内の空気を外に漏らさないという特性があるため、夏の熱気を室内に閉じ込めてしまうことがあります。その結果、室内が蒸し暑く感じられることがあります。

同時に、室内の空気が外に逃げにくいため、においがたまりやすいという欠点も考えられます。

◇空気が乾燥しやすい

高気密・高断熱の住宅では、常に換気システムが稼働しているため、空気が乾燥しやすく湿度の管理が必要です。そのため、湿度管理に加湿器を使用することが一般的です。

◇建築費用が高額になる場合が多い

従来の家を高気密・高断熱住宅に改造するには、床や壁・天井などを断熱設計にする必要があります。あるいは窓も二重窓にするなどの対策が必要です。

高気密・高断熱住宅の支援として、節税制度や補助金制度などが設けられています。

高気密・高断熱住宅依頼は工務店がおすすめ

福井県では、地域密着型の工務店が高気密・高断熱住宅の施工に適しています。コストパフォーマンスに優れ、地域に適した注文住宅を依頼できますが、品質や保証内容を十分確認しましょう。

◇コストパフォーマンスに優れる

高気密・高断熱住宅の施工依頼は、大手ハウスメーカーと比べてみると福井県の地域密着型の工務店のほうがコストパフォーマンスに優れています。

大手ハウスメーカーはテレビや新聞による広告費や技術開発費・人件費などに膨大な金額がかかっています。そのため、そうした出費分を施工費用に上乗せすることで帳消しにしているのです。

一方、地域密着型の工務店は、広告費など施工には関係のない出費が抑えられているため、施工費用も安くなる傾向があります。

◇地域に適した注文住宅を依頼できる

地域密着型工務店は、地域社会との深いつながりを持ち、地元の評判が高いため、何かトラブルや相談があった場合でも、迅速かつ柔軟に対応してもらえるでしょう。地域の特性や規制にも詳しく、建築プロジェクトをスムーズに進めるのに役立ちます。

また、地域密着型工務店は一般的に小規模な事業者が多いため、フットワークが軽く、アクセスが容易です。建築後のリフォームや増築など、ちょっとした相談事も気軽にできます。自宅から近いため、緊急のトラブルにも迅速に対応してくれるでしょう。

さらに、地域密着型工務店は地元の気候や規制、土地の特性を熟知しています。地元の特性を理解している工務店は、地域に適した設計や材料の提案ができ、建物の耐久性や省エネ性を向上させることができます。

信頼とアフターケアも地域密着型工務店の強みです。長期的な信頼関係を築き、建設が完了した後も信頼できるアフターケアを提供し、建物のメンテナンスやリフォームに対応します。これにより、あなたの家が長持ちし、快適な住環境を維持できます。

◇品質や保証内容を十分確認する

注文住宅を購入する際、品質や保証内容の確認は非常に重要です。大きな投資をするなら、不具合が生じた場合に備えたしっかりとした保証が必要です。

まず、法的に義務付けられた保証があります。新築住宅の売主は、住宅の主要構造部分に関する10年間の瑕疵担保責任を負います。瑕疵とは、契約に定められた内容や社会通念上必要とされる性能を欠いていることを指します。この瑕疵担保責任により、不具合があった場合、最大2,000万円までの補修費用が支払われる保険制度があります。これにより、どの建築会社で家を建てた場合でも、最低10年間の保証を受けることができます。

一方、建築会社による独自の保証も存在します。ただし、この保証の内容は各建築会社によって異なります。一部の会社は保証を充実させ、安心感を提供していますが、他の会社は最低限の保証内容にとどまることもあります。建築会社を選ぶ前に、保証内容を詳しく確認することが大切です。


福井で注文住宅を建てる上で、高気密・高断熱の注文住宅は数々の魅力を持っています。まず、部屋ごとの温度差が少なく、冬の寒い時期でも快適に過ごせるため、光熱費の節約にもつながります。高気密・高断熱の住宅は隙間を減らし、室内の温かさが外に逃げにくく、室内の温度差も少ないため、快適な環境を提供します。例えば、リビングとトイレの温度差がたったの0.2度という調査結果もあります。また、冷暖房費用を節約するだけでなく、室内の温度安定性が心臓疾患のリスクを軽減する助けにもなります。

一方で、高気密・高断熱住宅にはデメリットも存在します。夏場には室内に熱気がこもり、蒸し暑く感じることがあるため、適切な冷房が必要です。また、湿度管理が必要であり、加湿器の利用が一般的です。建築費用も高くつくことがあるため、予算に余裕を持って計画する必要があります。

高気密・高断熱の住宅を建てる際には、地元の工務店を選ぶことがおすすめです。地域に密着した工務店は、コストパフォーマンスが良く、地域に適した設計と建材を提供します。信頼性の高い工務店は、アフターケアにも力を入れ、建物のメンテナンスやリフォームに対応します。ただし、品質と保証内容を十分に確認することが大切です。法的に義務付けられた保証と建築会社独自の保証を比較し、自分のニーズに合った選択をすることが、満足度の高い住宅を手に入れる鍵となります。

福井の注文住宅で人気のデザイン住宅とは?人気ポイントをご紹介!

福井の注文住宅市場では、個性的で魅力あふれるデザインの住宅が人気を博しています。人気のデザイン住宅を選ぶ際には、見た目の美しさだけでなく、日常生活の快適さや実用性についても、検討しなければなりません。個性を反映しつつも、生活動線や収納スペースの計画、メンテナンスのしやすさなど、実用的な面も考慮に入れるのが大切です。

福井の注文住宅でデザインが人気の住宅とは?

福井の注文住宅市場では、個性的で魅力あふれるデザインの住宅が人気を博しています。独自のスタイルと機能性を兼ね備え、住む人のライフスタイルに合わせてカスタマイズされる住宅です。人気のデザイン住宅を選ぶ際には、見た目の美しさだけでなく、日常生活の快適さや実用性についても、検討しなければなりません。個性を反映しつつも、生活動線や収納スペースの計画、メンテナンスのしやすさなど、実用的な面も考慮に入れるのが大切です。

理想の家を実現するためには、自分の好みに合わせて建築家や建築会社を選び、納得のいくプランを作成しましょう。ここでは、福井で特に人気のある3種類のデザイン住宅について解説します。

現代和風

福井で建てる和風住宅は、日本の伝統的な「和」の要素を、現代的な感覚で取り入れたスタイルです。伝統の雰囲気を保ちながら、現代の生活様式に合わせた機能性とデザインを併せ持ちます。外観や内装に和の美しさを取り入れ、それに現代的な要素でアレンジを加えるのです。このような現代和風の注文住宅なら、時代を超えた魅力を持つでしょう。

シンプルモダン

シンプルモダンなデザイン住宅は、外観や内装においてシンプルで洗練されたスタイルが特徴です。不必要な装飾を省き、機能性と美しさを追求します。スタイリッシュで実用的な空間を実現する注文住宅です。色使いは落ち着いたトーンが中心で、屋根や外壁の形状も簡素化されます。このシンプルモダンなスタイルは、現代生活に適合した快適さと、飽きのこない美しさを提供できるのです。

輸入住宅スタイル

輸入住宅スタイルは、ヨーロッパやアメリカの建築スタイルを取り入れたデザインです。欧米の住宅特有の外観やレンガ張りの壁などが特徴で、外国の雰囲気を感じるような洗練された住まいを実現しています。輸入住宅スタイルは、開放的で重厚感あふれるデザインで、異国情緒あふれる空間を提供する住宅です。

人気のデザイン住宅のメリットとデメリット

福井における注文住宅づくりにおいて、デザイン住宅は個性的な外観やカスタマイズされた機能性によって、人気を集めています。デザイン住宅は、自分だけの特別な空間を実現できるメリットがある一方で、時間や費用、実用性とのバランスを考慮しなければなりません。

メリットとデメリットの両面があるので、デザインと機能性を適切に組み合わせ、長期的な視点で計画を立てるのが、デザイン住宅での家づくりにおける成功の鍵です。

デザイン住宅のメリット

・独自性と個性
デザイン住宅は、自分好みの独自のスタイルを追求し、個性的な住まいを実現できます。

・世界にひとつだけの住まい
デザイン住宅なら、他にはないオリジナリティを活かし、自分だけの特別な空間を手に入れることが可能です。

・ライフスタイルに合わせた設計
家族のライフスタイルに合わせてカスタマイズできるので、機能性と快適性を高めます。

・コストの効率化
必要な部分にのみ資金をかけ、ローコストで効率的な住宅建設が可能です。

・特殊な土地への対応
狭小地や変形敷地でも、その特性を活かした住宅を建てられます。

デザイン住宅のデメリット

・実用性の欠如
デザインにこだわりすぎるあまり、住みにくさや実用性の欠如に繋がりかねません。

・建築期間の長期化
規格外にあたるようなオリジナルの設計やデザインには、それなりの時間がかかります。完成までの期間が長くなりがちです。

・デザイナーの主張との調整
デザイン住宅は、デザイナーと協力しながら設計します。時には施主の希望とデザイナーの主張が食い違い、バランスを取らなければなりません。

・売却時の価格低下
個性的なデザインは汎用性が低いので、売却時に市場価値が低くなるリスクがあります。

・建築費用の増加
デザインにこだわりすぎると、建築費用が高くなりがちです。

福井の注文住宅でデザインが人気の住宅建設の際の注意点

福井において注文住宅を建てる場合、デザインを重視する傾向がありますが、建設に際してはいくつかの重要なポイントがあります。デザイン住宅建設は、個性的で美しい住まいを実現するチャンスですが、実用性と経済性を考慮した上で、慎重に計画することが大切です。

どんなデザインの家を夢見ているのか具体的にイメージしておく

福井でデザイン住宅を建てる際には、どのようなデザインの家を望んでいるのか具体的にイメージするのが重要です。自分の好みを明確にし、気になるデザインのポイントを書き留めたり、参考になる住宅の写真を集めたり、住宅雑誌で情報を得たりするとよいでしょう。流行に流されすぎず、時間が経過しても飽きのこない、普遍的なデザインを選択するのも賢明です。

住みやすい間取りの考慮

家づくりの際、デザイン性ばかりに注目しすぎると、実用性を見落とすリスクがあります。住宅は、毎日を過ごす場所なので、デザインの美しさも大切ですが、日常生活での住みやすさも重要です。家事の効率性や生活動線、プライベートと共有スペースのバランスなど、生活スタイルに合わせた間取りを検討しましょう。

建設費用の上限を決めておく

デザインにこだわりすぎると、当初の予定以上に建設費用が高騰する可能性があります。経済的な負担を考慮して、事前に建設費用の上限を設定し、その範囲内で計画を立てるのが肝要です。予算内で最適なデザインを実現するには、初期の段階で建築業者に予算を伝え、共に予算内での計画を練りましょう。


福井の注文住宅市場では、個性的で魅力的なデザインの住宅が人気です。これらのデザイン住宅は、見た目だけでなく、実用性と快適さも考慮されています。特に、現代和風、シンプルモダン、輸入住宅スタイルの3つのデザインが福井で人気です。

デザイン住宅のメリットとしては、個性的で特別な空間を持ち、自分好みのスタイルを追求できる点があります。しかし、実用性や建築期間、建築費用、売却時の価格など、デメリットも考慮すべきです。 デザイン住宅を建設する際には、具体的なイメージを持ち、住みやすい間取りを検討し、建設費用の上限を設定することが大切です。デザインと実用性のバランスを取りながら、理想の家づくりを進めましょう。

福井県で注文住宅に使える補助金は? お得な家づくりノウハウ

福井県で注文住宅に使える補助金は複数あります。今回はその中から「県産材を活用したふくいの住まい支援事業制度」について解説しています。補助金を利用するメリットや申請の流れについて把握しておくことが大切です。

福井県で使える注文住宅の補助金を利用するメリット

福井県で新築の注文住宅を購入しようとしている方で、補助金制度の利用も検討している方もいるかもしれません。補助金といっても国の制度、県の制度、市町村の制度があり、条件を満たしていれば利用が可能です。
補助金制度にはどんな種類があるのか、利用するメリットを理解しておくと、家を建てる際に役立ちます。

福井県注文住宅の補助金のメリット

住宅の新築・リフォームには補助金制度があり、利用することで資金を抑えられたり、足りない分の補填をしたりすることが可能です。
補助金を利用するメリットは、返済する必要がない点、また高額な支給金を得られる点にあります。
ただし、審査には時間がかかり、審査が通らない場合もあります。また、申請資料の制作など手間がかかる点がデメリットです。

補助金にも種類はさまざまで、国の補助金制度、都道府県の補助金制度、市町村の補助金制度があり、ここからさらに新築用やリフォーム用、各条件付き補助金制度があります。
福井県や福井県各市町村独自の新築住宅で利用可能な補助金制度は、次の2つです。

・【県】県産材を活用したふくいの住まい支援事業
・【市】ふくいの住まい支援事業

上述の補助金制度は一部で、他にもリフォームに特化した補助金制度などが設けられています。

福井県という土地柄に関して

福井県は、冬の間日照時間が少なく降水量が多い県です。海沿いのため雪雲がどんどんつくられるため降雪量が多く、多いときは北海道や東北などの豪雪地帯よりも多くなることもあります。
特に嶺北地方は、嶺南地方と比較すると雪が多い上に気温も低いのが特徴です。

福井県の注文住宅工務店の選び方

福井県で注文住宅を建てるなら工務店選びが重要になってきます。まず工務店を探す際に決めることは、自分がどんな家を建てたいのか、何を重視しているのかを明確にすることです。

また福井県は、冬場は厳しい寒さが続くため、気密性・断熱性には特にこだわらなければなりません。
そのため、福井県では木造建築を採用している工務店が多く、工法もさまざまです。
どの工法が自分の希望に合うのか、メンテナンスなどの保証はあるのか、しっかり調べて選ぶと工務店選びでの失敗を防げます。

「県産材を活用したふくいの住まい支援事業制度」とは?

福井県には、木造住宅の建設の際に利用できる補助金制度が交付されています。補助金制度は、対象条件や支援額に上限がありますが、いざ住宅を建てる際に便利です。コストを少しでも抑えたいという方は、利用を検討してみてもよいかもしれません。

出典元:福井県「県産材を活用したふくいの住まい支援事業」

概要

「県産材を活用したふくいの住まい支援事業」は、木造住宅の建築またはリフォームで利用できる補助金制度です。福井県産の木材を活用することで、地域の林業を活性化させることができ、森林整備も進みます。また、森林の再利用が可能になるため、地球温暖化防止活動への貢献ができるのも特徴です。

補助対象となる住宅は県産材柱を30本以上使用する住宅で、使用量は1㎥につき17,000円の計50万円が上限となっています。
また、越前瓦や越前和紙を使用した場合でも、補助金制度を利用できるのも、この補助金制度のメリットのひとつです。越前瓦の場合は10万円、越前和紙の場合は1万円以上10万円以内であれば補助の対象となっています。
事務所や店舗などと兼用する場合も居住面積が50%以上であれば、補助制度の利用が可能です。

申請の流れ

補助金制度を受領するには、いくつかの工程を経なければなりません。申込から受領までの流れをしっかり知っておくと、申込をする際に役立ちます。申し込みから受領までは以下の5つの工程があります。

➀申込書・各書類の提出
②中間確認(県産材の利用状況確認検査)
③申込内容変更・中止(変更・中止する場合のみ)
④交付申請書兼完了実績報告書

➀と④の工程では複数の書類の提出が必要です。提出期限などもあるため、詳しくは福井県の公式サイトで記載されているため、確認しておくとよいでしょう。

補助金の申請方法とは?工務店やハウスメーカーなどの対象条件

補助金制度の手続きは、基本的に購入主がしなければならないケースがほとんどです。そのため、申請の方法や注意点などきちんと把握しておくと、スムーズに手続きを進められます。申請から受領までの流れと合わせて覚えておくとよいでしょう。

福井県の注文住宅補助金の申請方法

県産材を活用したふくいの住まい支援事業をはじめとする補助金制度の申請は、通常自分で手続きをします。ただし、ふくいの住まい支援事業は必要書類に図面や建設計画概要書などが含まれているため、自分で申請するのかメーカー側がするのかが曖昧です。担当課または工務店やハウスメーカーの担当者に相談しておくと安心でしょう。

事情があり手続きを自分でできない場合は、工務店やハウスメーカーが代行してくれる場合もあるため相談しておくのがおすすめです。
また、県産材を活用したふくいの住まい支援事業は、工務店やハウスメーカーにも対象条件があるため、補助金制度の利用を考えている方は条件に合った工務店やハウスメーカーを選ばなければなりません。

工務店やハウスメーカーなどの対象条件

・県内に本社・支社または営業所を有している
・福井県税を滞納していない
・補助対象となる住宅部分について、本事業以外の資金援助を受けていない

補助金制度の利用を考えている方は、これらの対象条件すべてに当てはまる業者に依頼しなければなりません。また、この補助金制度は建築主・購入者が居住する住宅にのみ対象となるため、注意が必要です。

福井県や国土交通省のホームページを確認しよう

補助金制度は国だけでなく、福井県や各市町村独自の補助金制度も用意されています。補助金制度や助成金制度は、申請できる期間が決まっていたり、定員数が決められているケースもあるため、注意が必要です。利用を検討している場合は、家を建てる時期などをずらさなければならない場合もあります。

対象条件などの詳細は福井県や国土交通省のホームページの各ページで確認できるため、事前に確認しておくのがおすすめです。


福井県で新築の注文住宅を考えている方へ、補助金制度の種類やメリット、福井県の特徴、工務店選びのポイントについて説明しました。

補助金制度を利用すると、住宅建設やリフォームに資金的な支援が受けられます。補助金のメリットは、返済の必要がなく、高額な支給金が得られることです。ただし、審査に時間がかかることや手続きの手間があることに注意が必要です。

また「県産材を活用したふくいの住まい支援事業」を利用する際には、申請から受領までの流れを把握し、対象条件を満たす工務店やハウスメーカーを選びましょう。 工務店選びの際には、自分の希望する家のデザインや工法を明確にし、福井県に適した気候条件に合った工務店を選ぶことが大切です。工務店の特徴を比較し、検討しましょう。

快適な新築を建てるために知っておきたい「住宅の空気の流れ」

快適な新築を建てるためには、住宅の空気の流れを良くすることが大切です。福井県は、湿気が多い都道府県でも上位に挙げられるほど湿気が多い地域です。そのため、注文住宅を建てる際は断熱性だけでなく、風通しのよさも重視しなければなりません。空気の流れを良くすることで、感染リスクの低減や節約などのメリットを得られます。

空気の流れを良くするメリット

福井県は、湿気が多い都道府県でも上位に挙げられるほど湿気が多い地域です。そのため、注文住宅を建てる際は断熱性だけでなく、風通しのよさも重視しなければなりません。
風通しのよい家にはどんなメリットがあるのか、マイホームを建てる前に知っておきましょう。

家が長持ちする

風通しのよい家は、なぜ長持ちするのでしょうか。風通しのよい家の場合、家の土台や基礎に湿気がたまることがないため、乾燥した状態を維持できるからです。家の土台や基礎部分に湿気がたまることでカビが発生してしまう原因になります。

また、シロアリは湿気のある場所を好み、主食も木材のため、シロアリからすると風通しの悪い家は快適に住める家のようなものです。湿気はシロアリ以外にもムカデやヤスデ、チャタテムシなどの害虫を引き寄せてしまい、頻繁に侵入されてしまうケースもあります。

さらに湿気は、室内の建具にも影響を与えることもあり、フローリングが反ってしまうトラブルや、壁紙が剥がれてしまうなどのトラブルも発生するため、風通しの良し悪しは重要なポイントです。

匂いがこもりにくい

風通しのよい家は、イヤな臭いや埃っぽさなどを解消してくれます。特に新築の家は、化学物質などを使用していることもあり、空気の入れ替えをしなければシックハウスを引き起こす可能性もあるため、短時間で空気の入れ替えを行うのが好ましいです。

風通しがよい家は、空気の入れ替えが早く済むという特徴があるため、アレルギー症状などを引き起こすリスクも軽減されます。

節約になる

風通しのよい家は、室内にたまる熱気や湿気、臭いなどを一気に外へ排出することが可能です。そのため、エアコンが効きやすくパワフル設定にしなくても涼しくできるため、節約にもつながります。

感染リスクの低減

風通しのよい家は、ウイルスなどの感染リスクを軽減できるのも魅力です。上述した通り、風通しのよい家は空気の入れ替えがスムーズなため、ウイルス混じりの汚れた空気が家の中にたまりません。

空気の流れが及ぼす悪い影響

風通しの悪い家には、大きく分けて2つのデメリットがあります。この2つのデメリットは、家だけでなくどちらも命や健康に関わる問題もあるため、覚えておきましょう。

湿気によるカビやダニの発生

風通しが悪い家は、室内に湿気がたまりやすく、窓などに結露が発生することでカビ発生につながります。カビが発生することで、室内はダニが好む環境になり、ダニが繁殖、喘息などのアレルギー発作を引き起こすケースも非常に多いです。

また、新築の家はシックハウスも発症しやすく、風通しが悪い家は発症するリスクが上がります。
室内に汚れた空気をためてしまうと、風邪やインフルエンザなどの感染症にもかかりやすくなったり、湿気のイヤな臭いがこびりついてしまったりとデメリットが多いです。

命の危険性

風通しが悪い家は、漏電や火災の発生につながる可能性もあります。漏電や火災は、家電の劣化によって引き起こされることが多いと思われがちですが、湿気と結露によって漏電や火災が発生することも多いです。

特にコンセント部分に埃が溜まって火災につながるケースが多いですが、これは埃が湿気を吸うことで漏電と火災につながってしまうことが原因です。
結露したまま放置してしまうと、漏電した状態で感電してしまう可能性もゼロではないため非常に危険です。

空気の流れを知り、風通しを良くする

風通しのよい家を建てるには、風の流れの仕組みを知っておく必要があります。風が流れる方向や福井県の風向きなども知っておくと非常に便利です。

季節・地域によって風向きは違う

風の向きは、季節や地域によって異なり、同じ県であっても土地の形状・高低差、海沿い地区と山間部でも風の吹き方も変わります。

風通しのよい家にする方法は、北向きと南向きに窓を設置することです。北向きと南向きはどの季節でも風通しがよいため、空気の入れ替えがスムーズになります。さらに窓の位置だけでなく、窓の形でも風通しが変わるため家を建てる際は注意が必要です。

また、風通しをよくするために窓をたくさん設置すればよいと考えている方もいるかもしれませんが、窓を設置しすぎてしまうとプライバシーと防犯面に欠けてしまいます。
特に死角ができているような位置に窓を設置してしまうと、空き巣などで侵入されやすくなってしまうため注意が必要です。

暖かい空気は上に流れる

空気の仕組み上、暖かい空気は上に溜まるため、夏は上階が暑く、冬は下階が寒くなります。風通しのよい家にする際は、下から上に風が抜けるような構造にするのがポイントです。

吹き抜けをつくることで1階から2階へ空気が流れるため、風通しのよい家になりますが、上手く排出できない場合は、汚い空気が2階に溜まってしまいます。このとき、1階の窓から2階の窓へ空気が流れていることに配慮するとよいでしょう。またより風通しのよい家にするには、窓を2つ設置するのがポイントです。


福井県は湿度が高い地域で、注文住宅を建てる際には風通しの良さも考慮すべきです。風通しの良い家のメリットとして、耐久性が向上し、湿気や害虫の発生を防ぎ、匂いがこもりにくく、エネルギーを節約でき、感染リスクを低減できます。風通しの悪い家では湿気によるカビやダニの発生や、漏電や火災の危険性が高まります。

風通しを良くするためには、窓の配置や形状、風の流れを考慮し、吹き抜けを設けるなどの工夫が必要です。 新築住宅を建てる際には、地域の気候や特徴を熟知した信頼できる住宅メーカーに依頼するといいでしょう。そのためには、各住宅メーカーの特徴を把握することが重要です。

おだやかな時間が流れる福井県敦賀市で注文住宅を長持ちさせるには?リフォームのポイント

福井県敦賀市で注文住宅やリフォームを考えている方は必見です。住宅はどうしても経年劣化を免れません。必要なメンテナンスやリフォームが重要です。それには地元の信頼できる業者を知っておくと良いでしょう。

家を長持ちさせるには、まずその土地の特徴を熟知することが大切です。周りの環境や自然環境によって、必要になってくる対策も変わってきます。また、家を長持ちさせるには、どのような注意点があるかやどういった問題が起こり得るのかを事前に知っておくと、早期段階でのメンテナンス・リフォーム対応が可能になります。これらの状況や情報を把握しておくと、効率よく希望にあったリフォーム業者を見つけることができます。

敦賀市は自然溢れるおだやかな街

福井県敦賀市は、日本海に面した港町で、その自然美や特徴的な魅力が多くの人々に愛されている地域です。ここでは、敦賀市の特徴や魅力を解説します。

◇海と山に囲まれた自然の宝庫

敦賀市は敦賀湾に面し、美味しい海産物が豊富に採れる地域です。昆布やかまぼこなどの水産加工業が盛んで、新鮮な海産物が観光客に楽しまれています。市の周囲は山に囲まれており、自然が多いため、散策やアウトドアアクティビティが豊富です。

◇静かな暮らしと治安の良さ

敦賀市は静かな環境で、のんびりと過ごせます。治安が良いため、安心して生活を送ることが可能です。駅周辺は賑やかですが、駅を離れると閑散としており、それでも街の中での犯罪は少ないと言われています。

◇交通の便が良い

敦賀市は交通の便が発達しており、敦賀駅からは新大阪へのアクセスが便利です。新幹線が利用でき、関西方面へのアクセスが簡単です。また、自家用車を所有する人が多く、駐車場が広く整備されています。駐車場代の心配が少ないため、車を所有することが一般的です。

◇ゆったりとしたライフスタイル

敦賀市は、おだやかな時間が流れ、自然環境が生活に溶け込む街です。観光客と地元住民が共に楽しむ場所が多く、地元の文化と観光が融合しています。長寿の秘訣や安心した生活環境を求める方にとって、理想的な場所と言えるでしょう。

敦賀市は、日本の自然と伝統が調和した素晴らしい場所で、観光や生活の魅力が共存しています。地元の人々と訪れる人々が共に楽しめる、穏やかな時間が流れる街として知られています。

敦賀市でおだやかな暮らしを末永く!家を長持ちさせるリフォーム

敦賀市でのおだやかな暮らしを末永く楽しむために、注文住宅を長持ちさせるリフォームのポイントを紹介します。

◇家を長持ちさせるために日ごろから注意するべき点

家を長持ちさせるためには、定期的な点検とメンテナンスが欠かせません。外壁や屋根の点検、バルコニーの防水チェック、シロアリ予防処理など、プロに依頼して定期的な点検を行い、問題が早期に発見されたら修復することが大切です。雨漏れなどの問題が発生する前に予防的な対策をとることで、修繕費用を最小限に抑えられます。

◇修理や故障の早期対応

家の設備や機器に問題が発生した場合、早急な対応が必要です。水漏れや配管の故障、電気系統のトラブルなど、放置せずに専門家に修理を依頼しましょう。問題を早期に解決することで、被害を最小限に食い止め、修繕費用を節約できます。

◇適切な換気と湿度管理

湿気は家の劣化に影響を与える要因の一つです。密閉性の高い住宅では湿気がこもりやすく、害虫やカビ、菌の発生につながります。こまめに窓を開けて換気し、エアコンや除湿機を使用して湿度を管理しましょう。湿気のコントロールは家の耐久性を高めるために重要です。

敦賀市でのおだやかな暮らしを維持するために、家の長寿命化は重要な要素です。定期的なメンテナンスと早期の対応、湿度管理、断熱材の更新、外壁や屋根の塗装など、これらのリフォームポイントを把握し、実行することで、家を長持ちさせることができます。

◇定期的なメンテナンスとリフォームで家を長持ち

メンテナンスとリフォームは、家や設備機器の寿命を延ばすために欠かせません。特に外壁や水回りの設備機器は風雨や日光、水の影響を受けやすく、日常での細やかなケアが必要です。外壁のメンテナンスは少なくとも10年に1回行うことが推奨されています。水回りの設備は日常的な使用により劣化し、リフォームが必要になります。定期的なチェックとメンテナンスを怠らず、小さな問題を早期に発見することが大切です。これにより、大規模なトラブルを未然に防ぎ、生活の快適さと家の寿命を向上させることができます。

敦賀市でおすすめのリフォーム業者

敦賀市でおすすめのリフォーム業者を選ぶ際、信頼性と実績が重要です。地元の特性を理解し、高品質な工事を提供するリフォーム業者が理想的です。ここでは、敦賀市のおすすめリフォーム業者を3社ご紹介します。

◇旭木材工業

旭木材工業は、お客様の理想的な暖かくて居心地の良い家を実現するために尽力しているリフォーム業者です。木材の優れた特性を最大限に活かし、機能性と住み心地を兼ね備えた家づくりを提供しています。お客様の要望をしっかりとヒアリングし、その上で専門的なアドバイスを行い、理想の住まいを実現します。お客様の満足度を最優先に考え、何度も打ち合わせを繰り返し、後悔のない間取りを確立することを重要視しています。

そして、旭木材工業は、木材に長年にわたりこだわり、木の特性を理解し、効果的に住宅造りに活かす経験を積んできました。また、高い断熱性能を提供するために、基礎断熱工法や吹付発泡剤による断熱工事を採用し、快適な住環境を実現しています。敦賀市でのリフォームにおいて、旭木材工業は高品質で信頼性のある選択肢の一つと言えるでしょう。

◇石友リフォームサービス株式会社

石友リフォームサービス株式会社は、長い歴史と卓越した実績を誇り、建築士の提案力に裏打ちされた信頼性の高いリフォーム会社です。創業から75年にわたり、70000件以上の施工実績を持つ実力派企業です。お客様の夢や希望を叶えることに情熱を注ぎ、高いデザイン力を持つインテリアコーディネーターが、施工プロジェクトを美しく仕上げます。信頼できる営業スタッフがお客様と緊密に連携し、要望に合わせたプランを提供します。

また、石友リフォームサービスは安心保証を提供し、お客様の夢の住宅を実現するようサポートしています。お客様が「あれもしたい、これもしたい」と夢が広がる楽しい時間を実現するために、高い品質と信頼性を提供し、多くのリフォームを成功させています。

◇タガハウス

タガハウスは、自然素材を駆使し、伝統的な木造軸組工法を用いて、美しさと機能性を兼ね備えた住まいを提供している建築会社です。伝統と技術を結集し、歴史ある匠の技を受け継ぎながら、現代に相応しいデザイン性と快適さを実現しています。

材料の品質は優れた住宅づくりの基本であり、タガハウスは福井県産材から世界各地の質の高い木材まで、幅広いネットワークを活かして原木を調達。独自の倉庫で多種多様な木材を保管し、コスト効率を重視しています。地元の素材と職人を活用し、地域に適した家づくりを実践しており、地元経済への貢献を大切にしています。

タガハウスのコンセプトは美しさと機能性の向上であり、お客様が支払う大切な資金が地元に還元され、地域全体の発展に貢献するという信念のもと、家づくりに取り組んでいます。


敦賀市の特徴や魅力、住まいの長寿命化に役立つ情報、そしておすすめのリフォーム業者についての情報を紹介しました。海と山に囲まれた自然の美しさが魅力 の敦賀市は自然美と静かな生活環境が共存しています。また、リフォームに関しても、それぞれが高品質なリフォームを提供し、地元の特性に合った家づくりに注力する信頼性の高い業者が存在しているようです。注文住宅には、定期的な点検とメンテナンスが重要で、早期の修理や湿度管理も考慮する必要があります。地元の特性を活かしながら、福井県敦賀市での快適な住まいを実現するために、これらの情報を参考に、まずは業者に問い合わせてみるのも一つの手です。

リフォームを考える上で、地域の特性をよく理解し、地元に密着した業者を選ぶことは大切です。「高性能住宅 × 木のぬくもりで選ぶ工務店・ハウスメーカーおすすめ 2 選」も参考になります。ぜひご覧ください。

福井で注文住宅を建てる際に押さえておきたい後悔しない間取りと間取りを決める手順

福井県の注文住宅の間取りで悩んでいる方に読んでほしい記事です。何から何まで自分で決められる注文住宅だからこそ、選択肢がありすぎて迷うことも多いでしょう。しかし知るべきポイントをしっかりと抑えれば、後悔しない家づくりが可能です。

注文住宅を新築される際、施工事例を参考にイメージを膨らませ、どの部屋を優先して理想に近づけるかを決めることにより、間取りの失敗を防げます。また、ハウスメーカーに相談し、間取りの提案や見積もりを行ってもらうことで、夢のマイホームの実現へ1歩近づけることでしょう。

注文住宅の間取りの決め方

こちらでは、間取りを決める際の手順とポイントをあわせてご紹介いたします。

・間取りを決める際の手順①さまざまな施工事例を参考に新築のイメージを膨らませる

さまざまな施工事例を参考にすることにより、新築の住宅に対する、ご自身やご家族の理想やこだわりを明確化できます。なお、施工事例はハウスメーカーのホームページやパンフレットなどでも確認できますが、建売住宅は実際に見学できる見て触れられるため、住宅や間取りについて学べることも多いでしょう。

・間取りを決める際の手順②各部屋の優先順位を決める

住宅を新築される際、理想やこだわりを全て実現したいと考える方も多くいらっしゃることでしょう。しかし、予算の関係上、ご自身やご家族の要望を全て叶える間取りの実現は困難です。そのため、絶対に実現したい部屋とできたら実現したい部屋とに分類し、各部屋の優先順位を決めることが重要です。

・間取りを決める際の手順③ハウスメーカーに相談する

ある程度のイメージが固まってきたら、ハウスメーカーに間取りの希望を伝えて、プランの提案を依頼しましょう。なお、この際、具体的なイメージを伝えることが重要となります。それにより、お客さまにとって、最適な間取りプランを提案してもらえるはずです。

・間取りを決める際の手順④こだわり・予算を踏まえて最終決定する

ハウスメーカーから提案された間取り・見積書の確認を行い、最終的に間取りを決定します。なお、この時際、小さなお子さまがいるご家庭は、将来、お子さまが成長してお金がかかるようになってからでも、家計に無理のない範囲内で支払える金額であるのかを検討することが大切です。たとえ、満足のいく間取りであったとしても、予算を越えてしまうようであれば、修正を加えることをおすすめします。

・間取りを決める際に考慮すべきポイント

間取りを決める際に考慮すべきポイントは次の通りとなります。

・家事動線・生活動線

家事動線・生活動線を考慮することにより、生活しやすい間取りを実現できます。たとえば、お風呂、洗面所、トイレなどの水回り、キッチン、リビングなどの生活の拠点となる場所を近くに配置すると良いでしょう。

・風の通り道を確保する

快適な間取りの条件の1つとして、風通しの良さが挙げられます。風通しの良し悪しは窓の位置が大きく関係しているため、風向きを考慮した上で窓の位置を取り決めましょう。

・採光のバランスを考慮する

快適な間取りを考える上での条件の1つとして、採光のバランスも快適に過ごすために重要な条件の1つですが挙げられます。隣接する住宅の影となる時間帯を確認し、リビングの採光のバランスを確認しましょう。窓のサイズや位置により、日光の入り方が異なってきます。

・収納スペースを確保する

注文住宅を新築される際、収納スペースが足りない、使いにくいといった失敗をされる方が多くいらっしゃいます。そのため、ご自身やご家族のお手持ちの物の量を把握し、十分な収納スペースを確保できているか、使い勝手は良いかどうか検討することが大切です。

・生活音に配慮する

多階建ての住宅の場合、他の階に生活音が響くおそれがあります。そのため、一緒に暮らす家族の生活音がストレスとなってしまわないためにも、生活音に配慮して、間取りを工夫する必要があります。

注文住宅の間取りの失敗例

こちらでは、注文住宅で起こりうる、よくある間取りの失敗例をいくつかご紹介いたします。

・部屋の広さが不適切

たとえ、解放感のある広々とした部屋に憧れているからといって、単に広ければ良いというわけではありません。部屋が広すぎると、エアコンが効きにくくなるおそれがあるからためです。また、反対に図面で見ていた時はちょうど良く感じていたとしても場合でも、家具などを搬入したら、思っていたよりも部屋が狭くなってしまったという場合も少なくありません。

・収納が不十分・使い勝手が良くない

注文住宅において、収納に関連する失敗が1番は他のものより多く見受けられます。図面だけでは、実際に使用した際のイメージが湧きにくいことが最大の原因のようです。

・コンセントの位置・数が不十分

間取りを決める時点では際、見落としてしまいがちですが、コンセントの位置や数の確認は非常に重要です。特に、テレビや冷蔵庫といった大型の家電を置く場所は生活の不便とならないよう、コンセントの位置を考慮する必要があります。

・プライバシーが確保されていない

間取りにより、外からの視線が気になるといった失敗も少なくありません。そのため、人通りの多い道路に面している場合、外からの視線を考慮し、窓の位置や間取りを工夫すると良いでしょう。

・家事動線・生活動線が考慮されていない

家事動線・生活動線が考慮されていないと、毎日の家事や生活がストレスとなるおそれがあります。そのため、間取りを決める際は快適な生活を送るためにも、家事動線・生活動線に配慮する必要があります。

間取りで後悔しないために考慮すべき事

こちらでは、間取りで後悔しないために考慮すべき点をいくつかご紹介いたします。

・家具や家電の大きさ・配置を確認する

・家事動線・生活動線を考慮する

・換気システムを整備する

・ご自身やご家族の生活スタイルを考慮する

・使い勝手の良い収納スペースを考慮する

・風通し・採光・プライバシーを考慮した窓の配置

まずは、家具や家電の大きさを把握し、そのうえでどこに何を配置するかを細かく決めておくことです。家具の配置は、家事動線や生活動線にも関わり、生活のしやすさが大きく変わってくるため、非常に大切なポイントです。

換気システムのを導入についても考慮しましょうすること。これにより、空気を綺麗な状態に保つことができるため、汚染物質や匂いなどを気にせず、快適に過ごすことができるようになります。また、ご自身やご家族の生活スタイルを考慮することにより、生活時間の違いなどから生まれるさまざまなストレスを抑制できます。

また、間取りにおける後悔で特に多い収納スペースには気を付ける必要があります。使い勝手がよいかどうかを常に意識しながら収納スペースについて考えることが重要です。

最後に、風通し、採光、プライバシーなどの外の環境との相性も考慮すべきです。


間取りを決める際、家具や家電の大きさや配置、家事動線や生活動線、換気システムの導入、ご自身やご家族の生活スタイル、使い勝手の良い収納スペースの確保、風通し・採光・プライバシーを考慮した窓の配置などを考慮することにより、間取りで後悔することを防げます。また、極端に広すぎない適切な部屋の広さ、コンセントの位置や数などにも十分に配慮することにより、快適な生活を実現できる間取りを手に入れられることでしょう。

福井で注文住宅をご検討中の方は、ぜひ、今回ご紹介した注意点を考慮しながら、間取りを取り決めてみてはいかがでしょうか。

福井県若狭町で親子が喜ぶ子育て向けの注文住宅リフォーム!

福井県若狭町で、リフォームを考える方は必読です。注文住宅を子どもの成長とともにリフォームするのも珍しくはないでしょう。若狭町で親子向けならではのリフォームを楽しみましょう。

建築当時は気にならなかった部分も、子どもが大きくなれば、成長とともにスペースが足りなくなったり、プライベートの確保など、家の中にも変化が必要になってきます。一方、それぞれの家族で需要や事情は異なります。そのため、しっかりとヒアリングを行い、親身に相談を受けてニーズに応えてくれるようなリフォーム業者を選ぶといいでしょう。

大人も子供ものびのび暮らせる!若狭町の魅力

若狭町の魅力は、その美しい自然環境と独自の保育制度にあります。福井県の西側に位置し、若狭湾と滋賀県との間に広がるこの町は、山々、川、湖といった自然にの恵まれた地域です。

この町は「ワーケーション」と呼ばれる働きながら自然を楽しむコンセプトに力を入れており、三方五湖周辺や常神半島、熊川宿など、自然に囲まれたスポットにはワーケーション施設が点在しています。京都へのアクセスも良く、車を使えばわずか90分でアートと文化の都、京都へ行くことアクセスが可能です。

若狭町の魅力はその自然だけでなく、暮らしやすい環境も魅力の一つですあります。国道27号線やJR小浜線周辺には商業施設や住宅エリアが広がり、特に三方駅周辺には生活に便利な施設が充実しています。これにより、日常の暮らしに不便さを感じることはありません。

さらに、若狭町は移住を考える人々に対してオンライン移住相談を提供し、移住者を支援しています。スマートフォンやパソコンを使って、自宅やどこからでも気軽に相談できる制度です。

また、若狭町では、独自の保育制度である「若狭里っ子保育」があります。この保育は、子どもたちが自然の中で自主性や社会性を発展させる機会を提供します。自然と触れ合うことで、体力だけでなく、感性や知性も育まれ、子育てに理想的な環境です。

若狭町は、大人も子供ものびのびと暮らせる魅力的な場所で、自然と共に過ごすことができる素晴らしい地域です。

子育て支援が充実した若狭町で親子が嬉しい子育てリフォーム

親子が楽しめる子育て向けのリフォームでは、明るく広々としたLDKや自然素材を取り入れた内装など、子供たちの生活に合わせた空間が人気です。そして、プライベートスペースを確保する工夫や子供たちの遊び心をくすぐるアイデアが多く導入され、子供たちが楽しみながら成長できる環境が子供がいる家庭向けの子どもが喜ぶリフォームと言えるでしょう。子育てがより楽しく、充実したものになるようなリフォームが活発に行われ、親子ともに幸せな瞬間を共有できる場所として注目されています。

具体的な事例を挙げますと、キッチンが1階の暗い北側から、2階の明るく広々とした南側に大移動したケースです。また、和室と洋室を結びつけ、梁や柱を活かして、広々としたLDKに変身させますした。これにより、家の内部に自然の風合いと温かみがもたらされ、小窓から柔らかな自然光が部屋に射し込むようになります変化しました。このリフォームでは、家族の生活に明るさと広がりをもたらし、親子のコミュニケーションと成長に繋がるでしょう。

別のケースでは、子供の成長に合わせて個室を提供するために工夫が施されたケースです。予算を抑えつつプライベートスペースを確保するためには、ロフトや造作のベッドをが活用しますされました。リビングから一望できる場所にロフトを設けることで、子供たちのプライベートスペースを確保できます。このロフトは子供たちの遊び場として活用され、ベッドからロープを伝って下に降りることができる楽しい仕掛けも取り入れられています。これにより、子供たちの冒険心を刺激し、家庭内で楽しい時間を過ごすことができるようになりますした。

子育てをサポートするために、多彩なアイデアを取り入れたリフォームが行われており、家族がより快適に過ごせる環境が整備されています。

若狭町でおすすめのリフォーム業者

子育て向けの注文住宅リフォームは、幸せな家庭家族の幸せを築く第一歩です。ここでは、幸せな家庭を築くために、若狭町でおすすめのリフォーム業者をご紹介します。専門知識と経験豊富な業者を通じて、子育てに最適な住環境を実現しましょう。

◇旭木材工業株式会社

旭木材工業株式会社は、お客様の希望と要望を最優先に考え、満足のいく住宅を提供する専門の建設会社です。お客様の声を大切にし、ヒアリングとアドバイスを通じて、多くの打ち合わせを行い、後悔のない住まいづくりを実現しています。木材を中心にした自由なデザインの提案を行い、和風建築からモダンなスチールやアイアンを取り入れたデザインまで、好みに合わせた注文住宅が可能です。

また、建築の性能にも重点をおき、基礎断熱工法や吹付発泡剤による断熱工事を実施し、高い断熱性能と気密性能を提供します。これにより、夏は涼しく、冬は暖かい快適な住まいを実現します。安心できる住宅環境を提供する旭木材工業株式会社は、若狭町でおすすめのリフォーム業者の一つとして知られています。

◇ぬくもり屋(株)冨洋

ぬくもり屋(株)冨洋は、幅広い家のニーズに応える総合工務店です。創業から長い歴史を持ち、自然環境と向き合いながら、ぬくもりのある家づくりを重視しています。お客様の希望を大切にし、丁寧な相談とカスタマイズされた家づくりを提供しています。

特に水まわりのリフォームを得意としており、地域に密着しでスピーディに対応を行なっています。水まわりトラブルに際しては、自社職人による迅速な対応を約束し、お客様の「困った」に最優先で駆けつけます。安心して家を任せられる信頼性が魅力の工務店です。ぬくもり屋(株)冨洋は、若狭町での家づくりとリフォームにおいての頼りにされている優れた業者と言えるでしょう。

◇山崎塗装店

山崎塗装店は創業100周年を誇り、その長い歴史を通じて培った技術力と提案力が、強みの企業です。品質、環境、安全における社内システムは外部から認証を受け、最新の工法を駆使して大工事にも確実かつ安全に施工する姿勢を貫いています。その結果、お客様に満足いただける工事とサービス、そして関係者に対して安全と信頼を提供し続けています。

山崎塗装店は、建物の塗装とリフォームにおいて専門的な知識と経験を持ち、特に外壁塗装や屋根の塗装改修に自信を持っています。住宅リフォーム工事の規模に関わらず、お客様の要望に親身に対応し、建物を美しく、耐久性のある状態に仕上げます。山崎塗装店は若狭町の住民にとって、建物の美しさと耐久性を追求する信頼できる企業として高く評価されています。山崎塗装店は若狭町でリフォームを考えている方にとって、安心して任せられる企業です。


福井県の西側に位置する若狭町は、美しい自然環境と独自の保育制度が魅力です。自然に囲まれた地域で、ワーケーションという働きながら自然を楽しむコンセプトがあり、親子向けの子育てリフォームも盛んに行われています。町の暮らしやすい環境と、商業施設やアクセスの良さも魅力で、移住者にもオンライン相談を提供。また、若狭町の独自の保育制度「若狭里っ子保育」は、子供たちに自然の中で成長の機会を提供しており、町全体が理想的な子育て環境といえます。この町では親子向けのリフォームも行われており、例えば、明るく広々とした空間やプライベートスペースの工夫や、楽しみながら成長できる環境の整備などです。推薦のリフォーム業者として、旭木材工業株式会社、ぬくもり屋(株)冨洋、株式会社山崎塗装店が挙げられます。

お子さんがいる家庭には、機能性に優れた家や、ホッと落ち着くようなぬくもりのある家もいいでしょう。「高性能住宅 × 木のぬくもりで選ぶ 工務店・ハウスメーカー おすすめ 2 選」もぜひ参考にしてみてください。

家づくりノートで理想の注文住宅を明確に!敦賀市・美浜町・若狭町・小浜市エリアの魅力

敦賀市 美浜町 若狭町 小浜市で注文住宅をご検討されてる方。

こちらの記事は家づくりノートを作り方や敦賀市 美浜町 若狭町 小浜市エリアの特徴、そして海沿いに家を建てる魅力と注意点が記載されています。家づくりノートの作り方など詳細に知ることができます。

家づくりノートで建てたい注文住宅を明確にしよう

「家づくりノート」は、新しい住まいを建てる際にアイデアや要望を整理し、理想の家を具体的に描き出すためのノートやメモのことです。このノートには、現在の住まいの不満点から始まり、新居で実現したいこと、暮らし方のイメージ、希望する設備や機能、そしてインテリアや外構のイメージまで、さまざまな情報を記録し整理していくことで、家づくりの方向性を明確にしていく役割を果たします。

「家づくりノート」の作り方をご紹介します。

1.今の住まいの不満点を洗い出す

最初に現在の住まいに関する不満や改善したい点をリストアップしましょう。これが新しい家の要望や方針を明確にする第一歩です。例えば、収納スペースの不足や動線の不便さなどを挙げてみることができます。

2.新居でやりたいことを考える

次に夢や希望を広げて、新しい住まいで実現したいことをリストアップします。予算を気にせずにアイデアを出し、後で調整することも大切です。例えば、庭付きのアウトドアスペースを持ちたい、家族が集まるリビングを作りたいといった具体的な希望を考えてみましょう。

3.どんな風に暮らすのかを考える

家での一日の暮らしを具体的にイメージし、動線や使い勝手を考えてみましょう。平日と休日の違いや家事の流れなども考慮します。例えば、朝の忙しい時間帯や家族が集まる時間帯の動線をスムーズにするためのアイデアを考えてみることが重要です。

4.どんな設備・機能がほしいかを考えよう

具体的な設備や機能についてリストアップし、ショールームなどで見学したものの感想もメモしておきます。例えば、キッチンの機能やバスルームの設備など、快適な生活をサポートする要素を考えてみましょう。

5.切り抜きをスクラップしてイメージをまとめる

雑誌やネットから切り抜いた写真やアイデアをノートに貼り付け、理想のイメージを視覚的に共有します。これにより、抽象的なアイデアが具体的な形となり、家づくりのイメージがより明確になります。

6.優先順位をつける

最終的には、必要な要素と優先順位を決定し、予算や実現可能性を考えながら整理します。絶対に譲れない要素と譲れる要素を明確にし、家づくりの際に焦点を当てるべきポイントを把握します。

 

「家づくりノート」は、家づくりの方向性を整理し、設計やプランニングの際に役立つ貴重な道しるべとなります。予算や現実的な制約も考慮しながら、自分たちの理想の家を実現するためのプロセスとして、ぜひ取り入れてみてください。こうしたノートを活用することで、家族みんなでのコミュニケーションも促進され、共通の目標を持って家づくりを進めることができます。

敦賀市・美浜町・若狭町・小浜市エリアの特徴

嶺南地方の気候の特徴

福井県の地理的特性に基づくと、嶺南地方の気候は次のような特徴を持っています。

嶺南地方は福井県内の一部で、海岸線が入り組んだ形状をしています。この地域の気候は、その地理的配置や海洋流の影響を受けて変化します。

穏やかな冬と暖かな夏

嶺南地方は、暖かな海流である対馬海流の影響を受けています。そのため、冬でも比較的温暖で、寒冷な日が少ないです。一方、夏は気温が高くなり、比較的暑い日々が続きます。海からの湿った空気が陸地に流れ込むため、蒸し暑さを感じることもあります。

雪の少ない冬

嶺南地方は、暖かい海流の影響を受けるため、冬でも比較的穏やかで雪が少ないです。福井県内の他の地域と比べても雪の量は少なく、降雪が少ない地域といえます。

日照時間の長さ

嶺南地方は、日照時間が比較的長い特徴があります。太平洋側に位置するため、晴れ間が多く、日中の日光を十分に受けることができます。これが、比較的温暖な気温を支えています。

海洋の影響

嶺南地方は太平洋に面しており、海洋の影響を強く受けています。海からの湿った風が陸地に押し寄せ、降水量がやや多い傾向があります。このため、湿度が高く、夏には蒸し暑い日が続くことがあります。

地形による気温変化

嶺南地方は小さな平野が細長く続いているため、地形によって気温に微妙な変化が見られることがあります。海岸近くと内陸部では気温の差が生じることがあり、内陸部の方がやや寒冷な気温となる傾向があります。

嶺南地方は、海洋の影響や地形によって変化する気候を持ち、比較的温暖な冬と暑い夏が特徴です。海洋との関わりから湿度が高く、降水量も一定程度多いため、四季折々の天候変化が鮮明に現れます。

敦賀市・美浜町・若狭町・小浜市の特徴

敦賀市は、福井県内で最も大きな町であり、北陸新幹線の延伸を控えている都市です。古くから天然の良港として栄え、大陸との交流の拠点となってきました。現在は一部が観光公園として整備されており、赤レンガ倉庫や金ヶ崎緑地などがあり、港町の風情を感じることができます。また、気比の松原やエメラルドグリーンの海が広がる無人島「水島」など、豊かな自然も楽しむことができます。歴史的な寺社も多く、氣比神宮や金崎宮などがあります。

 

美浜町は美しい海と湖に囲まれた町で、白い砂浜の水晶浜や三方五湖が特徴です。レインボーライン山頂公園からは足湯に浸かりながら湖を望むことができ、美しい景色を楽しむことができます。また、美浜町のソウルフードであるへしこは、さまざまなアレンジ料理に楽しむことができるご当地グルメです。

 

若狭町は縄文時代からの歴史を持ち、縄文時代の遺跡や古墳群が見られます。また、熊川宿は重要伝統的建造物群保存地区に選定されており、情緒あふれる風景を楽しむことができます。三方五湖の一つである水月湖には、世界で唯一の年縞が堆積しており、福井県年縞博物館で学ぶことができます。

 

小浜市は「海のある奈良」と称され、重要文化財や国宝建造物が多く残る歴史あるまちです。羽賀寺や妙楽寺などの仏像や明通寺の国宝建造物が見どころです。また、古いまちなみを残す三丁町や海産物やグルメのまちとしても知られています。

 

敦賀市、美浜町、若狭町、小浜市はそれぞれ異なる魅力を持ち、歴史や自然、観光名所、ご当地グルメなどが訪れる人々を魅了しています。

海沿いに家を建てる魅力と注意点

海沿いに家を建てることの魅力は、数々の点にあります。

アクセスの便利さ

海沿いに住むことで、すぐに海にアクセスできます。砂浜や海水浴場が近くにある場合、リラックスしたり、水泳や日光浴などを楽しむことができます。特にサーフィンやウォータースポーツを好む方にとって、自宅からすぐに海に行ける環境は非常に魅力的です。

景色の楽しみ

海沿いの家からは、美しいオーシャンビューが広がることがあります。日の出や日の入り、海の波の音、波の流れなど、自然の美しい風景を毎日楽しむことができます。また、窓から広がる海の景色は心を癒してくれるでしょう。

新鮮な海産物

海に近い場所に住むことで、新鮮な海産物を手に入れることが容易です。新鮮な魚介類や海の幸を自宅で調理することで、特別な食事体験を楽しむことができます。

リラックスと癒し

海は自然の力によって人々を癒す力を持っています。海風や海の匂いを感じながら過ごすことで、ストレスの解消やリラックスが促進されます。また、波の音を聞きながらゆったりと過ごす時間は、心地よい癒しをもたらしてくれるでしょう。

ライフスタイルの充実

海沿いの家では、海でのアクティビティがライフスタイルの一部となります。サーフィンやヨガ、散歩など、海を楽しむための活動が日常に取り入れられます。健康的な生活を送るうえで、海の近くに住むことは多くの選択肢を提供してくれるでしょう。

リゾート感

海沿いの住環境は、まるで常にリゾート地にいるような気分を味わえることがあります。特に観光地やリゾートエリアに近い場所に住む場合、リラックスした雰囲気や観光名所へのアクセスが魅力です。

 

海沿いの家を建てることで、毎日がリフレッシュできる特別な時間となるでしょう。自然との共生を感じながら、海の恩恵を受ける暮らしは、多くの人々にとって夢のようなものです。

 

敦賀市は、福井県の中央に位置する魅力的な港町で、日本海に面しています。その風光明媚な立地は、美しい海と豊かな海産物が魅力のひとつです。この街は古くから水産加工業が盛んで、昆布やかまぼこなどの海産物が豊富に獲れてきました。

 

特に海の幸を堪能したいなら、日本海側最大級の海鮮市場「日本海さかな街」を訪れることをおすすめします。ここでは漁港から直送される新鮮な魚介類が所狭しと並び、越前がにや焼き鯖など、福井県独自の特産品も手に入ります。海の恵みを存分に堪能できる場所となっています。

 

また、敦賀やその周辺には美しい海水浴場が点在しており、夏には海水浴やシュノーケリングなどのアクティビティが楽しめます。特に無人島「水島」や「若狭和田ビーチ」、「水晶浜」などは、透明度の高い海と美しい砂浜が広がり、観光客に人気のスポットです。この地域は、「北陸のハワイ」と称されるほど、楽しい海のリゾートスポットが豊富に揃っています。

敦賀市を拠点にして、美しい海と海水浴場を巡る旅は、海の魅力を最大限に楽しむ絶好の機会です。透明な海水と青い空に囲まれて、リラックスしたひとときを過ごすことができることでしょう。

海の近くに家を建てる際には、いくつかの注意点を考慮する必要があります。以下に、海の近くに家を建てる際の注意点を解説します。

海の近くに家を建てる際の注意点

湿気

海の近くの地域は、湿気が気になることがあります。特に高温多湿な日本では、湿度が急激に上昇することがあります。日中でも比較的快適に感じても、夕方以降に湿度が高まることがあるため、建物内の湿度管理が重要です。適切な換気や除湿対策を行うことで、室内の快適さを保つことができます。

悪天候

海の近くの家は、台風や高波などの悪天候の影響を受けやすいです。特に風が強い日には、風の勢いや飛散する水しぶきが不安や不快感を引き起こすことがあります。建物の耐風性や耐久性を考慮した設計や構造が必要です。また、外部の家具や設備も風害から守る工夫が必要です。

塩害

海からの潮風による塩害は、海の近くに住む際の一つのリスクです。運ばれてきた塩分が建物や車両に付着し、サビや塗装の劣化を引き起こす可能性があります。定期的なメンテナンスや塩害対策が重要です。また、洗濯物にも影響を及ぼすため、室内干しや防風ネットの利用が検討されるでしょう。

砂による被害

海沿いでは風によって砂が舞い上がることがあり、建物や洗濯物への被害が考えられます。特に外壁の汚れや建物の劣化が懸念されます。外壁の素材やコーティングの選択、風除室の設置などが砂による被害から守る手段です。洗濯物を外で干す場合も、風除室や適切な干し場を検討することが大切です。

 

海の近くに住むことは、美しい景観や新鮮な海産物を楽しむ魅力がありますが、上記のような注意点も考慮しながら、建物や生活環境を選ぶことが大切です。適切な対策を講じることで、海辺での快適な生活を実現できます。


家づくりノートの作成手法は、慎重な計画と情報収集がカギとなります。まず、予算やスケジュールを明確にし、理想の間取りやデザインを考慮します。また、専門家の意見を取り入れることも肝要です。建設法や資金計画の点検も見逃せません。

 

敦賀市・美浜町・若狭町・小浜市エリアは、豊かな自然や歴史的な名所が魅力です。海辺に住まう際の魅力は、素晴らしい景色や新鮮な海の幸へのアクセスです。しかしながら、海風や塩害によるメンテナンスの必要性も考慮すべきです。耐久性のある材料と設計が必要です。丹念なプランニングとエリアの特性を踏まえることで、理想の海辺住宅を実現できるでしょう。

敦賀・美浜・若狭・小浜の注文住宅における旭木材工業の評判

敦賀市、美浜町、若狭町、小浜市で注文住宅をお考えの皆様へ。地域内で高い評価を得ている旭木材工業について、建設実例や施工体験を交えて解説いたします。注文住宅は、自身の好みやこだわりを自由に盛り込むことができるため、理想の住まいを実現する魅力がありますが、全てを自分で考えるのは難しいこともあります。今回ご紹介する建設実例を通じて、ご自身の家づくりに役立てて頂き、旭木材工業の評判や建築へのこだわりを深くご理解いただければ幸いです。

家を建てた人の声で分かる旭木材工業の評判

旭木材工業は、数々のお客様から高い評価を受けている優れた建築会社です。お客様の声からは、その信頼性とこだわりの家づくりがうかがえます。

新築:あやめ

“私たちの思いを、全て拾い上げてくれました。”

旭木材工業は、お客様の要望や思いをしっかりと受け止め、それを実現するための熱心な姿勢が評価されています。建築途中から完成まで、一つ一つの要望を丁寧に聞き入れ、満足のいく家づくりをサポートしています。

新築:アマリリス

“全部自分で決められたので、楽しくお家作りができました。”

お客様が自分の理想の家を実現できるよう、旭木材工業はカスタマイズに対する柔軟な姿勢が好評です。建築途中の打ち合わせから細かな建具の仕様まで、お客様の意見を大切にし、楽しみながらお家作りができる環境を提供しています。

新築:チューリップ

“基礎断熱の魅力に惹かれました。”

旭木材工業の基礎断熱技術は、多くのお客様に高く評価されています。その優れた断熱性能により、家族の暮らしを快適に保つことができると評判です。お客様の快適な生活をサポートするための技術力が高く評価されています。

新築:ひまわり

“プランにとらわれない間取りが魅力的でした。”

旭木材工業は、お客様のニーズや希望に合わせた自由な間取りを提案し、プランにとらわれない家づくりを実現しています。お客様の要望を尊重し、共に理想の住まいを実現するための姿勢が高く評価されています。

全てのお客様から共通して感じられるのは、旭木材工業のお客様第一の姿勢と丁寧な対応です。建築途中のコミュニケーションや要望の受け入れ、そして完成後のアフターサポートまで、お客様の満足度を最優先に考えた取り組みが、多くの方々から高評価を得ています。

旭木材工業は、その総合的な評価において、お客様からの声をしっかりと受け止め、信頼性と高い品質を提供する建築会社としての評判が広がっています。

お客様一人ひとりの要望や想いを大切にし、その要求に応じて柔軟に対応する姿勢が高く評価されています。建築途中から完成までの打ち合わせの頻度や品質の高い仕上がりについて、多くのお客様が満足のいく結果を得ています。

特に、旭木材工業の基礎断熱技術は、お客様から大きな称賛を受けています。冬の暖房や夏の冷房において、その効果が実感され、家族の快適な生活を支えています。また、熱心な提案や細かい要望への対応、途中経過の確認など、お客様とのコミュニケーションを重視した姿勢が、信頼を築く要因となっています。

建築会社選びにおいては、お客様の希望や価値観を理解し、それを実現するために努力する姿勢が大切です。旭木材工業はその点において、お客様の声を大切にし、丁寧な対応と高い技術力を備えており、多くのお客様から高評価を得ている信頼性のある建築会社と言えるでしょう。

旭木材工業は完全自由設計の家づくり

完全自由設計の家づくり

旭木材工業は、お客様の要望や想いを尊重し、完全に自由な設計でお家を建てることができる特徴を持っています。他の工務店やハウスメーカーのようなパターンにとらわれず、お客様の希望を最大限に反映させ、後悔のないお家を実現するためのサポートを提供しています。

ゼロから作り上げる一つのお家

旭木材工業は、プランをあらかじめ設定せずに、お客様の要望をベースにして一つ一つのお家を創り上げるアプローチを取っています。お客様だけの個性を尊重し、自由な間取りや設備機器、建材を考えて、ただ一つのお家を提供しています。

お打ち合わせを重視した間取り追求

建ててからの後悔を最小限にするため、旭木材工業はお客様との綿密な打ち合わせを重視しています。お客様のニーズやライフスタイルに合わせて間取りを追求し、納得のいく家づくりを実現します。

嶺南地域に密着した工務店

弊社は福井県嶺南地域に根ざした工務店として、敦賀・美浜・若狭・小浜などの地域に密着し、地元のお客様に寄り添った家づくりを行っています。土地探しから設計・建築、住宅ローンに関するサポートまで、地域に特化したサービスを提供しています。

基礎断熱の提案

旭木材工業は、基礎断熱という高度な技術を提案しています。この技術により、高気密・高断熱の住宅を実現し、冬の床冷えや結露の問題を軽減。地下空間も快適な収納スペースとして利用できます。多くのお客様が基礎断熱を採用し、快適な住まいを享受しています。

豊富な経験と専門知識

旭木材工業は、長年にわたり多くのプロジェクトを手がけてきた経験豊富な建築会社です。そのため、建築に関する専門知識やノウハウを深く持ち合わせており、お客様の要望に合った最適な提案やアドバイスを提供します。また、地域の気候や風土に合わせた適切な材料や工法の選定も得意としています。

綿密なコミュニケーション

お客様とのコミュニケーションを大切にする姿勢が旭木材工業の特徴です。建築途中から完成後まで、進捗や打ち合わせを頻繁に行い、お客様の声や要望を細かく受け止めます。これにより、お客様の満足度を最大化し、納得のいく家づくりを実現します。

地域社会への貢献

旭木材工業は地域社会への貢献も重要な活動の一環としています。嶺南地域に密着しており、地域の住環境の向上やまちづくりに積極的に参加。地域の特性や文化を尊重しながら、住宅を通じて地域の発展に寄与しています。

長期的なアフターサポート

建築が完成した後も、旭木材工業はお客様との関係を大切にし、長期的なアフターサポートを提供しています。住んでからの疑問やトラブルに対して迅速に対応し、お客様が安心して暮らせる環境を提供しています。

地域の信頼と実績

旭木材工業は地域のお客様から高い信頼と評価を受けており、多くの実績を持っています。地元の方々に支えられて成長し続けており、地域での口コミや紹介によって広がる信用が、弊社の一層の発展に寄与しています。

旭木材工業は、自由な設計と綿密なコミュニケーションを通じて、お客様の夢や想いをかたちにする家づくりを大切にしています。地域に根ざした信頼性と高い品質に裏打ちされたサービスは、多くの方々に愛される理由となっています。

猫との暮らしも考える?旭木材工業の間取り

旭木材工業の間取り事例をご紹介いたします。お客様のさまざまなニーズに合わせて、個性的で快適な住まいを実現する取り組みをご覧ください。

【事例01】猫と暮らすお家

画像出典先:旭木材株式会社

猫と一緒に暮らす方のために、猫の動線を意識したお家です。南欧風のデザインが明るくかわいらしさを引き立て、外観からも楽しい雰囲気が伝わります。ウォークインクローゼットを中心に配置した間取りは、猫も人も回遊できる快適さを追求しています。猫にとっても人にとっても動線が快適で、安全なキャットウォークの配置も心掛けています。猫との共生を考えた心地よい空間がここに。

【事例02】アウトドアリビングがあるお家

画像出典先:旭木材株式会社

アウトドアリビングに焦点を当てたお家は、室内と屋外がつながり、開放的な空間を演出しています。ウッドデッキやテラスを通じて、自然とのコミュニケーションが楽しめる居住環境が特徴です。広々とした屋外スペースがありながら、家のサイズを抑えることで、小さな敷地でもアウトドアライフを楽しめます。屋外での過ごし方を自在にプランニング。

【事例03】和モダンの家

画像出典先:旭木材株式会社

和モダンの魅力が詰まったお家は、日本の伝統と現代のエッセンスが融合したデザインです。完全自由設計の特長を活かし、お客様のご要望を最大限に取り入れた和風の要素が取り入れられています。和室の落ち着きとモダンなデザインが調和し、個性的なお家が完成。和モダンな住まいで、日本の美意識と快適な生活を楽しむ。

【事例04】ガレージハウス

画像出典先:旭木材株式会社

車を愛する方のために、ガレージハウスが実現したお家です。建物内に車庫を設け、大切な車を室内から眺めることができる間取りを採用。車を生活の一部に取り入れることで、毎日の暮らしに楽しみをもたらします。広々としたガレージスペースで、車のメンテナンスや趣味を楽しむ時間が広がります。車愛好家のための特別な住まい。

旭木材工業では、お客様の個性やライフスタイルに合わせて、間取りや設計をカスタマイズ。完全自由設計の特徴を活かし、猫との共生、アウトドアリビング、和モダン、ガレージハウスといった様々なスタイルを実現します。お客様の夢や希望を実現するために、柔軟なアドバイスと提案を行う旭木材工業で、理想の住まいを創り上げませんか。


旭木材工業は、その評判の素晴らしさが際立っています。お客様の声を通じても、優れたサービスと高品質な施工がうかがえます。

特筆すべきは、旭木材工業がペットとの共生にも配慮した間取りを提供していることです。特に猫との快適な共生空間に着目し、遊び場や寝床、猫用トイレなどの設置に工夫が凝らされています。こうした心地よい共生環境は、ペット愛好家から大きな支持を受けています。このような取り組みが住人の幸福感を向上させる要素として注目を集めています。

総合すると、旭木材工業は高い評判とお客様の声、独自のデザインと機能性を備えた特徴、そしてペットとの共生に適した間取りなどが特筆されます。これらの要素が一体となり、多くの人々にとって理想的な住環境が実現されているのです。

旭木材工業について詳しくみる