PR

福井のおすすめ注文住宅会社~住宅会社の選び方ガイド

小屋裏収納とは?ロフトとの違いも解説

2024/06/27

小屋裏収納

小屋裏収納は屋根と天井の間を有効活用した収納スペースであり、建築基準法により高さや床面積が厳しく規定されています。梯子や階段の設置が必要であり、自治体によってその形式が定められる場合もあります。

一方、ロフトは二層に分けた上部空間で、主に就寝や作業に使用されますが、法的には両者とも「小屋裏物置」に区分されます。

小屋裏収納の利用には夏場の高温化や出し入れの不便さが課題ですが、適切な断熱や換気対策を施せば快適な空間として活用でき、固定資産税の免除や雨漏りの早期発見といったメリットも得られます。

小屋裏収納とは?

小屋裏収納とロフトという単語は聞いたことがあっても、違いがよく分からない方も多いかもしれません。これから福井県で注文住宅を建てようか検討中で小屋裏収納に興味がある方へ、小屋裏収納について詳しく解説します。

◇小屋裏収納とは

小屋裏収納とは、屋根と天井の間を活かしたスペースのことです。三角屋根や片流れ屋根の場合、屋根と天井の間に隙間が生まれるため、その隙間を活かして造られます。一般的には屋根裏部屋やグルニエとも呼ばれており、こちらの名称で認識している方も多いかもしれません。


小屋裏収納には建築基準法で定められている規定があり、床から天井までの高さが140㎝以下、広さが下の階の1/2以下と定められています。

また、小屋裏収納に行く際の梯子または階段を設置しなければなりません。梯子や階段にも収納式・可動式・固定式がありますが、固定式はNGになっているため注意が必要です。自治体によっては梯子や階段のタイプが定められている場合もあります。


その他にも、開口部のサイズに規定がある場合や下段または上段から利用するスペースであることなど、細かなルールが定められているため、小屋裏収納を検討している方は、お住まいの自治体またはハウスメーカーに確認しましょう。

◇ロフトとの違い

ロフトは、近年ではアパートやマンションで取り入れられている場合が多いため、知っている方も多いでしょう。しかし、小屋裏収納とロフトの違いがよく分からないという方も多いかもしれません。


ロフトとは、天井の高い部屋を二層に分けた上部の空間のことです。小屋裏収納は主に収納スペースとして活用される場合が多い空間ですが、ロフトは基本的に就寝スペースや作業スペースとしても活用されています。

小屋裏収納とロフトには、上記のような違いがありますが建築基準法では明確な区別はなく、小屋裏収納とロフト両方とも小屋裏物置に分類されています。

小屋裏収納は使い心地が悪い?

小屋裏収納
画像出典:TAU設計工房公式サイト

小屋裏収納はデッドスペースを上手く活用でき、収納するものが増えても収納に困らないといったメリットがありますが、一方でデメリットも多いです。小屋裏収納のデメリットの中でも特に次の2つが挙げられます。

◇夏場は暑い

まずひとつ目が夏場は高温になってしまうことです。小屋裏収納は屋根に近い空間のため、太陽光の影響を受けやすく、気温が高い夏場は60℃以上になる日もあります。

空気の入口がないと熱気が篭もってしまうのもデメリットです。そのため、高温多湿が厳禁な電子機器や暑さに弱い用品は収納できません。

◇面倒で使用しなくなる

出し入れが面倒なこともデメリットです。小屋裏収納に行くには梯子などを取り付けて登らなければなりません。そのため、大きな荷物を収納しにくい、そもそも上り下りが面倒だと感じる方もいます。

結果、小屋裏収納をつくって収納したものの、一度収納したものを使わなくなる方や小屋裏収納自体を使わなくなる方も少なくありません。

小屋裏収納の活用方法

小屋裏収納を上手く活用するためには、次の2つのポイントを押さえておきましょう。

◇断熱と換気を強化

小屋裏収納は屋根からの太陽光の影響を受けやすいため、断熱材が薄いと室温も上がります。天井の断熱材は、こうした太陽光による暑さから建物を守るために使用されているものです。


小屋裏収納が高温にならないようにするには、天井の断熱を厚くして外気の影響を受けにくくするとよいでしょう。

また、断熱性が高まると内部結露が発生しやすくなるため、結露を防ぐための換気システムの導入も重要です。特に冬は外気と内気の差が大きくなり、結露が発生しやすくなります。結露はカビや腐食の原因にもなり得るため、換気システムの導入は必須です。

◇寝室やワークスペースで活用

小屋裏収納は、収納以外にもさまざまな活用方法があります。小屋裏収納であれば、一人で静かに勉強や仕事ができ、さらに秘密基地のように楽しめるのが魅力です。

そのため、ロフトのように子どもの勉強スペースやワークスペース、趣味部屋、寝室などで活用している事例も見られます。

小屋裏収納のさらなるメリット

小屋裏収納にはまだまだメリットがあります。次にご紹介するメリットも参考に、マイホームに小屋裏収納を取り入れてみるのもよいかもしれません。

◇固定資産税がかからない

小屋裏収納は原則居住スペースと認められていないため、延床面積に含まれません。そのため、小屋裏収納には固定資産税がかからないのです。

ただし、小屋裏収納が延床面積に含まれないようにするためには、「小屋裏収納が設置される階の床面積の1/2未満」「天井高が1.4m以下」という条件を満たす必要があります。

◇雨漏れに気付きやすくなる

小屋裏収納は、雨漏りの被害を受けやすい場所なため、雨漏りを早期発見しやすいです。通常の雨漏りは天井クロスなどにシミが生じたり、カビが生えたりしてから気がつくケースが多く、目視だけではどこから雨漏りしているのかが正確に分かりません。

小屋裏収納の場合であれば出入りする際に毎回チェックしていれば目視でも発見しやすいため、早めの修繕が可能です。小屋裏収納を設ける場合は、常日ごろから天井部分をチェックしておき、定期メンテナンスもしっかりしておきましょう。


小屋裏収納は屋根と天井の間を有効活用した収納スペースであり、建築基準法により高さや床面積に厳しい規定が定められています。梯子や階段の設置も必要で、自治体によってはその形式が規定されていることもあります。

小屋裏収納と混同されやすいロフトは、二層に分けた上部空間で、主に就寝や作業に利用されます。ただし、建築基準法上では両者とも「小屋裏物置」に分類されます。

小屋裏収納の利用には夏場の高温化や出し入れの不便さといった課題がありますが、適切な断熱や換気対策を施すことで快適な空間として活用できます。また、固定資産税の免除や雨漏りの早期発見というメリットもあります。

福井のおすすめ注文住宅会社~住宅会社の選び方ガイドはこちら

記事一覧

小屋裏収納とは?ロフトとの違いも解説

【2024年版】注文住宅の建築に活用できる補助金

克雪住宅とは?3つのタイプや補助金も解説

注文住宅に広いLDKを取り入れるときの注意点

中庭のある住まいとは?プライバシーを保ちながら穏やかな暮らし

29坪の敷地に2世帯住宅は可能?デザインにもこだわる施主も納得の注文住宅

注文住宅はどの世代にも適応する平屋住宅が人気

スマートホーム化で趣味も生活も便利に!クレバリーホームの施工事例

土間のある注文住宅~田園風景と共に過ごす快適な住まい

高い天井とロースタイルLDKで広々とした空間の魅力とは?

木材の魅力を最大限に引き出すには?自然と調和した二世帯の住まい

ペットと暮らす注文住宅のポイントは?生活を豊かにする施工事例

狭小地でも開放感のある家づくりを!エクリュの提案する注文住宅と施工事例

福井の注文住宅施工事例から学ぶ!寒冷対策が施された住宅の魅力

家族のニーズに合った暮らしを~キッチンの種類と注文住宅施工事例

吹き抜けは寒い?寒さが厳しい福井でも快適な秘密を施工事例より紹介

二世帯のプライバシーに配慮した永森建設の施工事例を解説

注文住宅でも騒音対策は必要?外部からの騒音を軽減する高気密施工事例

改築とリフォームの違いとは?失敗しないために気を付けること

住まいの価値を高める間取り変更リフォームの費用はどのくらい?

予算2000万円台でどのような間取りの注文住宅が可能か?

注文住宅にワークスペースを導入して集中できる環境づくり

福井で断熱リフォームをするなら支援事業で補助金が受けられる

中古住宅の価値を高めるリフォームは地元密着の工務店に強み

住宅ローンのサポートは工務店の相談会でも受けられる

福井県で二世帯の注文住宅を建てるなら知っておくべきこと

福井の注文住宅の見積もり相場は? 企業選びのコツを紹介

福井市はリノベーションを推進している! リフォームとリノベーションの違いも解説

初心者向け福井県の注文住宅で失敗しない庭づくりのコツ

バリアフリーの注文住宅で失敗しないためのコツ! 福井県で使える助成金制度も紹介

福井県で吹き抜けの注文住宅を建てるなら寒さ対策を万全にしよう

福井県の注文住宅でペットと快適に暮らすには?

福井で高性能と高品質を兼ね備えた注文住宅を建てるノークホームズ

AXSデザインが考える価値ある注文住宅とは?高品質・ローコストの秘密

SAWAMURAが実現する高品質・高性能で長寿命な注文住宅

1人1人のライフスタイルに合わせた梶間幸建の家づくり

福井で感じる日本の伝統ともてなしの結晶ダイワレジデンスの魅力

注文住宅の展示場とは?確認する点を準備し目的意識をもって参加

自由設計住宅とは?注文住宅との違いや特徴を理解し理想の住宅を

福井で注文住宅を建てる!地元工務店の特徴と業者選びの注意点とは?

福井で注文住宅を建てる!間取りの後悔や業者選びの注意点を解説

福井で注文住宅を購入!業者との打ち合わせの内容やポイント

福井で注文住宅を依頼する!発注する業者の選び方と注意点

福井で注文住宅を依頼!木の家で使用する木材の種類や特徴

福井で高気密・高断熱の注文住宅を依頼!工務店の魅力や選び方

福井で注文住宅を建てる!効率よく住宅展示場を見学する方法

福井県の注文住宅の相場は?おすすめの工務店・ハウスメーカーを紹介

ハウスメーカーと工務店の違いは? 福井で注文住宅を建てるコツ

家づくりの手順とは?住宅会社の種類や特徴及び選ぶポイントを解説

福井で建てるデザイン住宅!理想の注文住宅を建てるポイント

福井で実現!製材所からスタートした工務店ならではの木造注文住宅

福井の注文住宅で人気のデザイン住宅とは?人気ポイントをご紹介!

福井県で注文住宅に使える補助金は? お得な家づくりノウハウ

快適な新築を建てるために知っておきたい「住宅の空気の流れ」

工法の違いとは?福井県のおすすめ注文住宅会社を紹介

おだやかな時間が流れる福井県敦賀市で注文住宅を長持ちさせるには?リフォームのポイント

福井で注文住宅を建てる際に押さえておきたい後悔しない間取りと間取りを決める手順

福井県小浜市ならリフォームの支援制度も!注文住宅リフォームの最適なタイミングは?

福井県若狭町で親子が喜ぶ子育て向けの注文住宅リフォーム!

福井県美浜町に注文住宅を建てるなら気を付けたい塩害!リフォームで出来る塩害対策

福井県小浜市は住みやすい街?住みやすい街の条件と注文住宅建築を任せられるおすすめの地元工務店

福井県敦賀市の魅力とは?子育てしやすい注文住宅と工務店情報

福井県若狭町の特徴と若狭町を施工エリアとする工務店・注文住宅購入で適用される補助金制度について

福井県美浜町に注文住宅を建てるなら塩害対策とリフォームも行っている工務店を知っておこう

敦賀市・美浜町・若狭町・小浜市で気候に合った木造注文住宅を建てる

家づくりノートで理想の注文住宅を明確に!敦賀市・美浜町・若狭町・小浜市エリアの魅力

敦賀市・美浜町・若狭町・小浜市で注文住宅!一条工務店の評判は?口コミ紹介

敦賀・美浜・若狭・小浜の注文住宅あめりか屋の評判とは?

敦賀・美浜・小浜・嶺南でこだわりの注文住宅:藤本工務店の評判

敦賀・美浜・若狭・小浜の注文住宅における旭木材工業の評判

木材を良く知っている住宅メーカーの情報をあつめました

断熱工法の住宅に注目!小浜・美浜地区の基礎の断熱に強い住宅メーカー5選

小浜市でデザイン力の高い住宅メーカー5社

高断熱の家を建てるならこの工務店!敦賀市エリアのおすすめ3社

木材と断熱の関係は?住宅を建てるなら知っておきたい5つのポイント

小浜市の注文住宅では福井県産の木材が推奨されている?

木の家に興味が高まっている!環境問題に関心の高い世代

寒さが厳しいところの新築住宅で気を付ける点は?

高断熱の注文住宅を建てるならこの工務店!敦賀市エリアのおすすめ2社

木材を良く知っている若狭町の住宅メーカーに聞く!木造住宅のメリットとは?

木材で住宅をつくる~熱伝導率からみた注文住宅の利点

新築住宅を建てるなら~福井の気候風土に合った住宅機能を考える

高断熱住宅の利点を調べてみました!敦賀市、美浜町、若狭町、小浜市エリアの高断熱住宅メーカー2選

福井エリアの住宅新築は基礎にも断熱をこだわるべし!注目の基礎断熱工法

意外と知らない断熱材!注文住宅の新築が決まったら知りたい断熱材の知識

カテゴリー

住まいの建築事例

住宅会社

住宅機能

断熱材の知識

アーカイブ

2024年06月

2024年05月

2024年04月

2024年03月

2024年02月

2024年01月

2023年12月

2023年11月

2023年10月

2023年09月

2023年08月

2023年07月

2023年06月