PR

福井のおすすめ注文住宅会社~住宅会社の選び方ガイド

木の家に興味が高まっている!環境問題に関心の高い世代

2023/06/14

木の家は日本古来の住まいです。ハイセンスなデザイナーズマンションや眺望が魅力的なタワーマンションに憧れる方も多いですが、環境保全への意識が高まるにつれ木の家への関心も高まっています。今回は木の家を建てるメリットとデメリット、木の家が環境保護につながる理由、木の家の今後の需要などについて解説していきます。

「木の家」ってどんな家?メリット・デメリットは?

木の家は日本人にとって身近な建築物ですが、木の家の特徴や魅力を知らない方も多いのではないでしょうか。 ここでは木の家のメリットとデメリットをご紹介いたします。

木の家のメリット

木の家の主なメリットは次の4つです。

1 湿度の調節ができる

木の家は、湿度を10%下げてくれます。
木材には、無数の空気孔が存在していて、その空気孔が湿気を吸い込んだり吐き出したりしています。
湿度が高いときは湿気を吸い取り、乾燥する時期には水分を放出するため、高温多湿な日本の気候に適した建材です。湿気を調節することで悪臭やカビなども防げます。

 

2 防音効果がある

木の家は実は吸音性に優れています。
木は鉄骨やコンクリートと比較すると弾力性があり、音を吸収します。低音・中音・高音をバランスよく吸収しますから、防音効果が期待できます。

 

3 木目を活かしたデザインができる

木の木目は種類によって異なり、時間の経過と共に色の変化も楽しめます。木の家は壁紙やペンキではできない木目を活かしたデザインが可能です。

 

4 リラックス効果を期待できる

木の香りには実際にストレスを軽減する効果があると科学的に立証されています。
木材には、フィトンチッドというリラックス効果をもたらす成分が含まれており、血圧や脈拍、自律神経の乱れを整える効果があるといわれています。木の香りがする木の家はリラックス効果が高く、ストレス緩和や睡眠改善などが期待できます。

 

木の家のデメリット

木の家の主なデメリットは、次のふたつです。

1 技術力によって仕上がりに差が出る

木の家に使用する天然木材は湿度によってサイズが変化します。木の家を建設するためには木材の性質に合わせた設計・施工する必要があり、高い技術力と経験が求められます。その為依頼する工務店や担当する職人によって仕上がりに差が出やすい傾向があります。

 

2 費用が高くなる

木の家に使う自然素材は集成材や新建材より高価格です。そのため木の家の建築費用も高くなってしまいます。

 

木の家が環境に優しい理由

木の家には環境保全に役立つメリットもあります。 木の家が環境に優しい主な理由は次のふたつです。

建築する際のエネルギー消費が少ない

地球温暖化は増え続けている温室効果ガスが原因です。温室効果ガスの約65%が化石燃料起源の二酸化炭素であることが、省エネの取り組みの必要性が高まっている理由なのです。

住宅に使われる建材には木材の他に鉄鋼やアルミニウムなどがあり、加工する際にはエネルギーが必要です。素材によって必要なエネルギー量は異なり、木を加工する際に使うエネルギーを1とすると、鉄鋼には191のエネルギー、アルミニウムにいたっては791のエネルギーが必要とされています。

加工にかかるエネルギーが少ないほど、環境に優しいといえますので、木の家を選択することで環境への貢献につながりるのです。

二酸化炭素を吸収する

人間が酸素を吸って二酸化炭素を排出するのとは反対に、木は二酸化炭素を吸収し酸素を排出することはよく知られています。そのため木を伐採すると二酸化炭素が増え、地球温暖化につながると思われがちです。

しかし、木は切られたからといって二酸化炭素を吸収しなくなるわけではありません。家だけでなく、家具や建具になっても引き続き二酸化炭素を吸収し、木の内側に固定していきます。1軒の木の家が吸収する二酸化炭素の量は約6トン、森林に例えると900㎡に匹敵します。多くの人がそのことを認識し、木の家を建てる人が増えるだけで地球温暖化を防ぐのに役立つのです。

環境意識が高い世代は家づくりや工務店選びにもこだわる

少子高齢化により物件需要は減少することが予想されていますが、 木の家の需要は高まると考えられています。その理由は次のようなものがあります。

省エネ住宅を検討している人が多い

近年、異常気象による洪水や山火事、暴風雨や洪水、干ばつなどの被害が増加しています。SDGsという言葉もよく耳にするようになり、環境問題に積極的に取り組む企業も増えていますから、一人ひとりの環境意識も高まっているといえるでしょう。

株式会社一条工務店が男女750名を対象に行った意識調査では、環境問題に関心があると答えたのは全体の約9割でした。電気代の高騰を理由に、回答者の約9割が省エネ住宅を選択したいと答えています。

環境意識の高い世代がマイホーム購入する年齢になる

環境意識は高まりつつあるのは事実ですが、海外と比較するとまだ十分とはいえません。世界7カ国で年齢18歳以上の人を対象に行った、持続可能な製品の購入に関するアンケートでは、目的意識を持った買い物をしていると答えた日本人の割合は最下位でした。

しかし、これはあくまでも全体平均であり、Z世代・ミレニアル世代のみの回答だけをみれば、全体平均の46%より6ポイントも高い52%で最上位です。

日本人がマイホームを購入する年齢は、30代から40代です。Z世代・ミレニアル世代も数年後にはマイホームを購入する年齢になるため、省エネ効果の高い木の家の需要も高まると予測されています。今後は間取りやデザインだけでなく、家づくりから工務店選びにまでこだわって家を設計する人が増えるでしょう。


木の家には調湿性能が備わっているため、梅雨がある高温多湿の日本の気候に合った住まいです。エネルギー消費が少なく二酸化炭素を吸収もしますから、環境問題への関心が高く家を建てる予定のある方にも最適です。福井で木の家を建てるなら、木材のことを熟知している工務店を探してみるのがおすすめです。

福井のおすすめ注文住宅会社~住宅会社の選び方ガイドはこちら

記事一覧

ペットと暮らす注文住宅のポイントは?生活を豊かにする施工事例

狭小地でも開放感のある家づくりを!エクリュの提案する注文住宅と施工事例

福井の注文住宅施工事例から学ぶ!寒冷対策が施された住宅の魅力

家族のニーズに合った暮らしを~キッチンの種類と注文住宅施工事例

吹き抜けは寒い?寒さが厳しい福井でも快適な秘密を施工事例より紹介

二世帯のプライバシーに配慮した永森建設の施工事例を解説

注文住宅でも騒音対策は必要?外部からの騒音を軽減する高気密施工事例

改築とリフォームの違いとは?失敗しないために気を付けること

住まいの価値を高める間取り変更リフォームの費用はどのくらい?

予算2000万円台でどのような間取りの注文住宅が可能か?

注文住宅にワークスペースを導入して集中できる環境づくり

福井で断熱リフォームをするなら支援事業で補助金が受けられる

中古住宅の価値を高めるリフォームは地元密着の工務店に強み

住宅ローンのサポートは工務店の相談会でも受けられる

福井県で二世帯の注文住宅を建てるなら知っておくべきこと

福井の注文住宅の見積もり相場は? 企業選びのコツを紹介

福井市はリノベーションを推進している! リフォームとリノベーションの違いも解説

初心者向け福井県の注文住宅で失敗しない庭づくりのコツ

バリアフリーの注文住宅で失敗しないためのコツ! 福井県で使える助成金制度も紹介

福井県で吹き抜けの注文住宅を建てるなら寒さ対策を万全にしよう

福井県の注文住宅でペットと快適に暮らすには?

福井で高性能と高品質を兼ね備えた注文住宅を建てるノークホームズ

AXSデザインが考える価値ある注文住宅とは?高品質・ローコストの秘密

SAWAMURAが実現する高品質・高性能で長寿命な注文住宅

1人1人のライフスタイルに合わせた梶間幸建の家づくり

福井で感じる日本の伝統ともてなしの結晶ダイワレジデンスの魅力

注文住宅の展示場とは?確認する点を準備し目的意識をもって参加

自由設計住宅とは?注文住宅との違いや特徴を理解し理想の住宅を

福井で注文住宅を建てる!地元工務店の特徴と業者選びの注意点とは?

福井で注文住宅を建てる!間取りの後悔や業者選びの注意点を解説

福井で注文住宅を購入!業者との打ち合わせの内容やポイント

福井で注文住宅を依頼する!発注する業者の選び方と注意点

福井で注文住宅を依頼!木の家で使用する木材の種類や特徴

福井で高気密・高断熱の注文住宅を依頼!工務店の魅力や選び方

福井で注文住宅を建てる!効率よく住宅展示場を見学する方法

福井県の注文住宅の相場は?おすすめの工務店・ハウスメーカーを紹介

ハウスメーカーと工務店の違いは? 福井で注文住宅を建てるコツ

家づくりの手順とは?住宅会社の種類や特徴及び選ぶポイントを解説

福井で建てるデザイン住宅!理想の注文住宅を建てるポイント

福井で実現!製材所からスタートした工務店ならではの木造注文住宅

福井の注文住宅で人気のデザイン住宅とは?人気ポイントをご紹介!

福井県で注文住宅に使える補助金は? お得な家づくりノウハウ

快適な新築を建てるために知っておきたい「住宅の空気の流れ」

工法の違いとは?福井県のおすすめ注文住宅会社を紹介

おだやかな時間が流れる福井県敦賀市で注文住宅を長持ちさせるには?リフォームのポイント

福井で注文住宅を建てる際に押さえておきたい後悔しない間取りと間取りを決める手順

福井県小浜市ならリフォームの支援制度も!注文住宅リフォームの最適なタイミングは?

福井県若狭町で親子が喜ぶ子育て向けの注文住宅リフォーム!

福井県美浜町に注文住宅を建てるなら気を付けたい塩害!リフォームで出来る塩害対策

福井県小浜市は住みやすい街?住みやすい街の条件と注文住宅建築を任せられるおすすめの地元工務店

福井県敦賀市の魅力とは?子育てしやすい注文住宅と工務店情報

福井県若狭町の特徴と若狭町を施工エリアとする工務店・注文住宅購入で適用される補助金制度について

福井県美浜町に注文住宅を建てるなら塩害対策とリフォームも行っている工務店を知っておこう

敦賀市・美浜町・若狭町・小浜市で気候に合った木造注文住宅を建てる

家づくりノートで理想の注文住宅を明確に!敦賀市・美浜町・若狭町・小浜市エリアの魅力

敦賀市・美浜町・若狭町・小浜市で注文住宅!一条工務店の評判は?口コミ紹介

敦賀・美浜・若狭・小浜の注文住宅あめりか屋の評判とは?

敦賀・美浜・小浜・嶺南でこだわりの注文住宅:藤本工務店の評判

敦賀・美浜・若狭・小浜の注文住宅における旭木材工業の評判

木材を良く知っている住宅メーカーの情報をあつめました

断熱工法の住宅に注目!小浜・美浜地区の基礎の断熱に強い住宅メーカー5選

小浜市でデザイン力の高い住宅メーカー5社

高断熱の家を建てるならこの工務店!敦賀市エリアのおすすめ3社

木材と断熱の関係は?住宅を建てるなら知っておきたい5つのポイント

小浜市の注文住宅では福井県産の木材が推奨されている?

木の家に興味が高まっている!環境問題に関心の高い世代

寒さが厳しいところの新築住宅で気を付ける点は?

高断熱の注文住宅を建てるならこの工務店!敦賀市エリアのおすすめ2社

木材を良く知っている若狭町の住宅メーカーに聞く!木造住宅のメリットとは?

木材で住宅をつくる~熱伝導率からみた注文住宅の利点

新築住宅を建てるなら~福井の気候風土に合った住宅機能を考える

高断熱住宅の利点を調べてみました!敦賀市、美浜町、若狭町、小浜市エリアの高断熱住宅メーカー2選

福井エリアの住宅新築は基礎にも断熱をこだわるべし!注目の基礎断熱工法

意外と知らない断熱材!注文住宅の新築が決まったら知りたい断熱材の知識

カテゴリー

住宅会社

住宅機能

断熱材の知識

新着情報

高断熱住宅メーカー

アーカイブ

2024年04月

2024年03月

2024年02月

2024年01月

2023年12月

2023年11月

2023年10月

2023年09月

2023年08月

2023年07月

2023年06月