PR

福井のおすすめ注文住宅会社~住宅会社の選び方ガイド

住まいの建築事例

ただいま情報はありません

福井のおすすめ注文住宅会社~住宅会社の選び方ガイドはこちら

記事一覧

小屋裏収納とは?ロフトとの違いも解説

【2024年版】注文住宅の建築に活用できる補助金

克雪住宅とは?3つのタイプや補助金も解説

注文住宅に広いLDKを取り入れるときの注意点

中庭のある住まいとは?プライバシーを保ちながら穏やかな暮らし

29坪の敷地に2世帯住宅は可能?デザインにもこだわる施主も納得の注文住宅

注文住宅はどの世代にも適応する平屋住宅が人気

スマートホーム化で趣味も生活も便利に!クレバリーホームの施工事例

土間のある注文住宅~田園風景と共に過ごす快適な住まい

高い天井とロースタイルLDKで広々とした空間の魅力とは?

木材の魅力を最大限に引き出すには?自然と調和した二世帯の住まい

ペットと暮らす注文住宅のポイントは?生活を豊かにする施工事例

狭小地でも開放感のある家づくりを!エクリュの提案する注文住宅と施工事例

福井の注文住宅施工事例から学ぶ!寒冷対策が施された住宅の魅力

家族のニーズに合った暮らしを~キッチンの種類と注文住宅施工事例

吹き抜けは寒い?寒さが厳しい福井でも快適な秘密を施工事例より紹介

二世帯のプライバシーに配慮した永森建設の施工事例を解説

注文住宅でも騒音対策は必要?外部からの騒音を軽減する高気密施工事例

改築とリフォームの違いとは?失敗しないために気を付けること

住まいの価値を高める間取り変更リフォームの費用はどのくらい?

予算2000万円台でどのような間取りの注文住宅が可能か?

注文住宅にワークスペースを導入して集中できる環境づくり

福井で断熱リフォームをするなら支援事業で補助金が受けられる

中古住宅の価値を高めるリフォームは地元密着の工務店に強み

住宅ローンのサポートは工務店の相談会でも受けられる

福井県で二世帯の注文住宅を建てるなら知っておくべきこと

福井の注文住宅の見積もり相場は? 企業選びのコツを紹介

福井市はリノベーションを推進している! リフォームとリノベーションの違いも解説

初心者向け福井県の注文住宅で失敗しない庭づくりのコツ

バリアフリーの注文住宅で失敗しないためのコツ! 福井県で使える助成金制度も紹介

福井県で吹き抜けの注文住宅を建てるなら寒さ対策を万全にしよう

福井県の注文住宅でペットと快適に暮らすには?

福井で高性能と高品質を兼ね備えた注文住宅を建てるノークホームズ

AXSデザインが考える価値ある注文住宅とは?高品質・ローコストの秘密

SAWAMURAが実現する高品質・高性能で長寿命な注文住宅

1人1人のライフスタイルに合わせた梶間幸建の家づくり

福井で感じる日本の伝統ともてなしの結晶ダイワレジデンスの魅力

注文住宅の展示場とは?確認する点を準備し目的意識をもって参加

自由設計住宅とは?注文住宅との違いや特徴を理解し理想の住宅を

福井で注文住宅を建てる!地元工務店の特徴と業者選びの注意点とは?

福井で注文住宅を建てる!間取りの後悔や業者選びの注意点を解説

福井で注文住宅を購入!業者との打ち合わせの内容やポイント

福井で注文住宅を依頼する!発注する業者の選び方と注意点

福井で注文住宅を依頼!木の家で使用する木材の種類や特徴

福井で高気密・高断熱の注文住宅を依頼!工務店の魅力や選び方

福井で注文住宅を建てる!効率よく住宅展示場を見学する方法

福井県の注文住宅の相場は?おすすめの工務店・ハウスメーカーを紹介

ハウスメーカーと工務店の違いは? 福井で注文住宅を建てるコツ

家づくりの手順とは?住宅会社の種類や特徴及び選ぶポイントを解説

福井で建てるデザイン住宅!理想の注文住宅を建てるポイント

福井で実現!製材所からスタートした工務店ならではの木造注文住宅

福井の注文住宅で人気のデザイン住宅とは?人気ポイントをご紹介!

福井県で注文住宅に使える補助金は? お得な家づくりノウハウ

快適な新築を建てるために知っておきたい「住宅の空気の流れ」

工法の違いとは?福井県のおすすめ注文住宅会社を紹介

おだやかな時間が流れる福井県敦賀市で注文住宅を長持ちさせるには?リフォームのポイント

福井で注文住宅を建てる際に押さえておきたい後悔しない間取りと間取りを決める手順

福井県小浜市ならリフォームの支援制度も!注文住宅リフォームの最適なタイミングは?

福井県若狭町で親子が喜ぶ子育て向けの注文住宅リフォーム!

福井県美浜町に注文住宅を建てるなら気を付けたい塩害!リフォームで出来る塩害対策

福井県小浜市は住みやすい街?住みやすい街の条件と注文住宅建築を任せられるおすすめの地元工務店

福井県敦賀市の魅力とは?子育てしやすい注文住宅と工務店情報

福井県若狭町の特徴と若狭町を施工エリアとする工務店・注文住宅購入で適用される補助金制度について

福井県美浜町に注文住宅を建てるなら塩害対策とリフォームも行っている工務店を知っておこう

敦賀市・美浜町・若狭町・小浜市で気候に合った木造注文住宅を建てる

家づくりノートで理想の注文住宅を明確に!敦賀市・美浜町・若狭町・小浜市エリアの魅力

敦賀市・美浜町・若狭町・小浜市で注文住宅!一条工務店の評判は?口コミ紹介

敦賀・美浜・若狭・小浜の注文住宅あめりか屋の評判とは?

敦賀・美浜・小浜・嶺南でこだわりの注文住宅:藤本工務店の評判

敦賀・美浜・若狭・小浜の注文住宅における旭木材工業の評判

木材を良く知っている住宅メーカーの情報をあつめました

断熱工法の住宅に注目!小浜・美浜地区の基礎の断熱に強い住宅メーカー5選

小浜市でデザイン力の高い住宅メーカー5社

高断熱の家を建てるならこの工務店!敦賀市エリアのおすすめ3社

木材と断熱の関係は?住宅を建てるなら知っておきたい5つのポイント

小浜市の注文住宅では福井県産の木材が推奨されている?

木の家に興味が高まっている!環境問題に関心の高い世代

寒さが厳しいところの新築住宅で気を付ける点は?

高断熱の注文住宅を建てるならこの工務店!敦賀市エリアのおすすめ2社

木材を良く知っている若狭町の住宅メーカーに聞く!木造住宅のメリットとは?

木材で住宅をつくる~熱伝導率からみた注文住宅の利点

新築住宅を建てるなら~福井の気候風土に合った住宅機能を考える

高断熱住宅の利点を調べてみました!敦賀市、美浜町、若狭町、小浜市エリアの高断熱住宅メーカー2選

福井エリアの住宅新築は基礎にも断熱をこだわるべし!注目の基礎断熱工法

意外と知らない断熱材!注文住宅の新築が決まったら知りたい断熱材の知識

カテゴリー

住まいの建築事例

住宅会社

住宅機能

断熱材の知識

アーカイブ

2024年06月

2024年05月

2024年04月

2024年03月

2024年02月

2024年01月

2023年12月

2023年11月

2023年10月

2023年09月

2023年08月

2023年07月

2023年06月

中庭のある住まいとは?プライバシーを保ちながら穏やかな暮らし

中庭は採光や風通しを良くし、プライバシーを確保しつつ自然を感じられる場所です。三井ホームの施工事例では、大樹を残し、開放的なリビングとプライバシーを考慮したデザインが特徴です。リビングから眺める大樹やバルコニーの設計が、自然との調和と快適な居住空間を提供しています。

シンボルツリーを中庭に!木が見える暮らし

シンボルツリーは建築物の象徴として重要で、歴史的建築物や公共施設で保護され、新築祝いや記念樹としても使われます。中庭は採光や風通しを良くし、プライバシーを確保しつつ自然を感じられる場所です。シンボルツリーは中庭に植えられることで、室内からも楽しめます。

◇シンボルツリーとは

シンボルツリーは、建築物の象徴となる背の高い樹木のことです。

お寺や神社などの歴史的建築物の敷地で大切に守られていたり、美術館や公共的な建物、お店などの顔として、訪れる人を迎える役割も果たしたりしています。新築祝い、子どもの誕生のお祝いなどに、記念樹として植えることも少なくありません。

最近では、プライバシー保護、日よけや風よけ、防犯などを目的としてシンボルツリーを植えることもあります。

◇中庭で感じられる自然

中庭は住まいの内側にある庭のことです。中庭があると採光率がアップし部屋が明るくなり、風通しもよくなります。中庭は建物や壁で囲まれているためプライバシーを確保でき、中庭で遊ぶ子どもたちの様子を見守りながら家事や仕事ができるメリットもあります。

シンボルツリーは、玄関付近や門扉に植えるのが一般的ですが、中庭なら室内からいつでも眺められるため、シンボルツリーを植える場所として最適です。

メンテナンスが大変?シンボルツリーのデメリット

引用元:photo AC

シンボルツリーの種類によっては、落葉や虫の問題があります。落葉樹は庭の掃除が大変で、近隣トラブルの原因にもなります。また、虫がつきやすく、適切な管理が必要です。成長が早い木は定期的な剪定が必要で、高所の作業は専門家に依頼する必要があります。

◇木の種類によっては落ち葉の掃除が大変

シンボルツリーのなかには、落葉する種類もあります。落葉樹は季節の変化を感じられる一方で、庭に落ち葉が積もり、近所に落ち葉が飛ぶと近隣トラブルに発展する可能性もあります。

落葉樹を育てる場合は、落ち葉の掃除が大変なため、負担に感じることもあるでしょう。

◇虫がつきやすい

種類によっては虫がつきやすく、そのままにしておくと枯れてしまうこともあります。虫は専用の薬で駆除できますが、触ると腫れたり刺されたりすることもあるため、注意が必要です。

◇成長が早すぎる

樹木が成長し大きくなったら、選定が必要です。高所の剪定の危険を伴うため、高さのある樹木の選定は、通常は業者に依頼します。成長スピードの早い樹木を選ぶと、定期的に剪定が必要になるため、費用がかさみます。

シンボルツリーの選び方と全館空調で家の中も快適に

シンボルツリーや他の樹木の選択には、手入れの容易さが重要です。樹木の高さと成長スピードを考慮することで、手入れの負担を軽減できます。常緑樹は一年中緑があり、掃除の手間も軽減できます。

◇手入れしやすい高さと成長スピードの違い

シンボルツリーに限らず植木は手間と費用がかかりますが、樹木の種類を選ぶことで負担を軽減できます。樹木を選ぶときのポイントは、樹木の高さ、成長スピードです。

樹木の高さが低ければ業者に頼む必要がなくなり、成長スピードが遅ければ、手入れの頻度も減らせます。自身で手入れができる樹木の高さは、身長にもよりますが2.5mまでです。また、虫に抵抗がある方は、虫の付きにくい種類を選ぶことも大切です。

◇常緑樹を選択する

樹木には常緑樹と落葉樹があります。落ち葉の掃除をしたくない方には、常緑樹が推奨されます。常緑樹は、一年を通じて緑の葉がついているため、冬でも緑を楽しめるメリットもあります。よく知られている主な常緑樹は、オリーブ、椿、キンモクセイなどです。

◇三井ホームの全館空調で家の中も新鮮な空気をキープ

三井ホームのスマートブリーズは1台で家中の隅々まで換気し、快適な温度と湿度を24時間保ちます。独自のスケジュール運転機能により、運転モードと温度・湿度の調節が時間帯ごとに設定ができ、不在時でもスケジュール管理により省エネ運転が可能です。

開放的でありながらプライバシーを確保した大樹を眺める注文住宅

三井ホームの施工事例は緑豊かな住宅地に位置し、更地に植えられた大きな樹木を残し、それを囲むように建てられた住まいです。中庭と一体となった広々としたリビングと、プライバシーを確保したバルコニーの設計が特徴的です。

◇中庭への一体感を感じる開放的なリビング

リビングは、南北方向に開口を設けた吹き抜けと天井高で、明るく広々とした空間を実現しています。中庭への一体感があり、吹き抜けの高窓からは中庭の大樹を眺められ、ゆったりとした時間が流れます。

キッチンとダイニングは、同じ木貼り天井でつなげていて、木の質感を活かしたコーディネートで落ち着いた印象です。

◇プライバシーを考慮したデザイン

バルコニーは、格子や壁で近隣の視線を遮っていて、プライバシーの確保と開放感を両立しています。カーテンを開けたまま過ごせるため、アウトドアの心地よさを満喫できるのも魅力です。バルコニーも室内と一体となり、実際の面積以上の広がりを感じられます。


シンボルツリーは建築物の象徴として重要で、中庭に植えられることで室内から楽しめます。中庭は採光や風通しを良くし、プライバシーを確保しつつ自然を感じられる場所です。しかし、シンボルツリーの選定やメンテナンスには注意が必要です。

落葉や虫の問題、成長速度などが懸念されますが、手入れの容易さや常緑樹の選択で負担を軽減できます。

三井ホームの施工事例では、大樹を中庭に残し、開放的なリビングとプライバシーを考慮したデザインが特徴です。リビングから眺める大樹やバルコニーの設計が、自然との調和と快適な居住空間を提供しています。

29坪の敷地に2世帯住宅は可能?デザインにもこだわる施主も納得の注文住宅

ミサワホームの提案する二世帯住宅は、収納不足とプライバシーの問題を解決するため、蔵やスキップフロアが活用されています。施工事例では、29坪の敷地に3階建2世帯住宅を建て、各階を明確にゾーニングすることで快適な生活を実現しました。また、ビルトインガレージ上に設置された「蔵」は、家族5人でも余裕が持てる収納力を提供しています。

29坪の敷地にこだわりの注文住宅を建てたい

母親の築30年の家を建て替える際、Hさんは母親との同居を決め、二世帯住宅を建てることに挑戦しました。収納力、通風、採光、庭の設置などが主な要望です。二世帯住宅には、完全分離型、部分共有型、完全共有型の種類があり、家族の形態やニーズに応じて選ぶ必要があります。

◇難しい条件から始まった家づくり

母親が暮らす築30年の木造住宅を建て替えることを契機に、Hさんは母親との同居と二世帯住宅を建てることを決意しました。

敷地面積の全国平均は約37坪のため、約29坪の土地の二世帯住宅を建てることは簡単ではありません。それでも、Hさんは、2世帯3世代、家族5人が快適に暮らせる家を建てるために、さまざまな要望を出しました。

主な要望は、3階建て、たっぷりの収納、通風と採光のよさ、庭の設置、デザイン性などです。ミサワホームを選んだ理由は、収納力のある蔵と高いデザイン性、営業担当者の真摯な姿勢でした。

◇二世帯住宅の種類

二世帯住宅にはさまざまな種類があり、家族の形態やニーズに合わせて選ぶ必要があります。

・完全分離型

玄関、風呂、トイレ、台所、リビングなどが2世帯それぞれにあるタイプです。建物を上下階または左右で分けて、完全に別々に生活します。

・部分共有型

玄関や風呂など住まいの一部を共有するタイプです。ゆるやかに分けて生活するため、プライバシーと家族の関係性のバランス取りやすいメリットがあります。

・完全共有型

風呂、トイレ、台所、リビングなどすべて共有するタイプです。建築費用を最も安く抑えられます。

住宅性能の低い3階建て住宅は要注意!

引用元:photo AC

3階建ては、狭い敷地でも十分な住居スペースを確保できるメリットがありますが、いくつかの注意点があります。最上階は外気の影響を受けやすく、耐震性が劣る可能性があるため、住まいを設計する際は対策が必要です。

◇最上階は外気温の影響を受けやすい

3階建て住宅は、フロアが縦に重なっているため、下の階と上の階で温度差が生じやすくなります。特に最上階の3階は、外気温の影響を受けやすく暖かい空気が上がりやすいため、室温が上昇しやすいのが難点です。

ただし、工法や建材の進化により、一昔前のように、大きな寒暖差があることは少なくなっています。それでも、夏場は他の部屋に比べて室温が上がりやすいため、エアコン効率を上げるために断熱性を高める、トリプルガラスを採用する、シーリングファンを設置するなどの工夫が必要です。

◇耐震性に不安

3階は地震の揺れを感じやすく、小さい地震でもかなりの揺れを感じることもあります。特に、生活に必要な床面積を確保するために、縦にスペースを広げた3階建ての狭小住宅は、不安定で耐震性を確保するのが難しくなります。

3階建ての住居を建てるときは、安全性を確保するために、壁を強くしたり免震工法や制御装置などを採用したりして、耐震性を高めることが重要です。

ミサワホームの提案する2世帯住宅

二世帯住宅を建てる際の要望には、収納スペースの設置、プライバシーやひとりの時間の確保、生活費の折半などがあります。住み始めてから気付くこともあるため、家族で話し合いして要望をまとめ、設計に反映させることが大切です。ミサワホームの蔵とスキップフロアは、収納力不足とプライバシーの問題を解決するのに役立ちます。

◇二世帯住宅の要望は様々!ニーズに合わせてプランを選択

二世帯住宅の悩みは間取りで解決できることも少なくありませんが、住み始めてから気付くこともよくあります。二世帯住宅を建てる際の主な要望は、お互いのプライバシーを確保したい、ひとりになれるスペースがほしい、生活費を折半したいなどです。

二世帯住宅の種類で、同居スタイルも違ってきます。完全分離型は気兼ねなく暮らせ、部分共有型はメリハリのある暮らしを実現できます。完全共有型は、家族がいつも一緒で助け合えるのがメリットです。

それぞれの違いを理解し、二世帯住宅の種類を選ぶことが重要です。

◇程よい距離感と収納不足を解消

二世帯住宅で問題になるのが、収納スペースとお互いの距離感です。ミサワホームの蔵は、4世代分のものを収納できる収納力を誇り、0.5階分のスキップフロアで程よい距離感を保てます。

また、ミサワホームの住まいは高精度の木質パネルや高性能ガラスが標準仕様で断熱性に優れ、制震装置MGEOで耐震性を高めているため、狭い敷地に建てた3階建てでも、快適で安全な暮らしを実現できます。

希望を叶えた3階建ての2世帯住宅の施工事例

ご紹介いたします。29坪という限られた敷地に建てられたミサワホームの施工事例は3階建2世帯住宅で、ビルトインガレージ上の「蔵」を作ることでゆとりを実現しました。各層を世帯別で区切ることで、お互いのプライバシーを守りつつ家族の絆を育める住まいです。

◇各階数でスペースを区切って快適な2世帯住宅

1階を親世帯ゾーン、2階を共有のパブリックゾーン、3階を子世帯ゾーンと明確にゾーニングしています。中間に共有のパブリックゾーンがあるため、それぞれのプライベートな時間を確保でき、生活音が響く心配も少なくなります。

2階は、リビングダイニングのみに使用していて、大きな開口の奥にはルーフバルコニーもあるため、大家族が集まれる十分な広さがあります。二世帯住宅のトラブルもなく、建ててから2年以上経過しても充実した毎日を送っています。

◇家族5人でも余裕が持てる「蔵」の収納力

大家族は、部屋や玄関が私物や靴で溢れかえってしまうのが、悩みのひとつです。この問題を解決するために、ビルトインガレージの上に家族5人でも余裕が持てる「蔵」と、モデルハウス見学の際に気に入った家族専用のシューズクロークを設置しました。どちらも、使うほどに機能性の高さを実感しています。


Hさんは母親との同居を決意し、29坪の敷地に二世帯住宅を建てることに挑戦しました。主な要望は収納力、通風、採光、庭の設置でした。二世帯住宅の種類には、完全分離型、部分共有型、完全共有型があり、家族の形態やニーズに応じて選ぶ必要があります。

3階建て住宅は、外気温の影響を受けやすく耐震性にも不安がありますが、工法や建材の進化により対策が可能です。

ミサワホームの提案する二世帯住宅は、収納不足とプライバシーの問題を解決するため、蔵やスキップフロアが活用されています。

施工事例では、29坪の敷地に3階建2世帯住宅を建て、各階を明確にゾーニングすることで快適な生活を実現しました。また、ビルトインガレージ上に設置された「蔵」は、家族5人でも余裕が持てる収納力を提供しています。

スマートホーム化で趣味も生活も便利に!クレバリーホームの施工事例

スマートホームとは、家の電化製品や設備をインターネットでつなぎ、スマホや音声アシスタントを使って操作や自動制御を行うことで、生活を快適かつ便利にするシステムです。スマートホーム化する方法には、スマート家電、スマートカメラ、スマートリモコン、スマートプラグの導入があります。これにより、家電の遠隔操作やリアルタイム監視が可能になります。

スマートホームとは?快適な暮らしをサポートする技術

スマートホームとは、家電や設備をインターネットでつなぎ、スマホや音声アシスタントで操作・自動制御して、生活を快適にするシステムです。スマート家電、スマートカメラ、スマートリモコン、スマートプラグの導入方法があります。

◇スマートホームとは

スマートホームとは、家の電化製品や設備をインターネットでつなげ、スマートフォンや音声アシスタントを使って操作したり、センサーやGPSを利用して自動で制御したりすることで、生活をより快適かつ便利にするシステムです。

例えば、朝の目覚ましが鳴り止んだタイミングで自動的に部屋の明かりが点灯する設定が可能です。また、家に近づくと自動で暖房が起動する仕組みもあります。

さらに、スマートフォンを使って家の鍵を遠隔操作することもできます。

◇スマートホーム化する方法

スマートホーム化する方法には、複数の方法があります。主な方法として、スマート家電を導入することが挙げられます。スマート家電とは、スマホと連携して操作できる家電のことで、専用アプリを使って操作・管理が可能です。よく知られた例として、ロボット掃除機があります。

次に、スマートカメラを設置する方法があります。スマートカメラは、アプリと連動して室内外の状況を把握するもので、玄関周りに設置すれば、外出先から自宅周辺の動きをリアルタイムでチェックできます。

また、スマートリモコンやスマートプラグを使う方法もあります。スマートリモコンは、家中の家電をスマホ1台で操作するもので、外出先から照明やエアコンのオンオフや、連携機器を使ったカーテンの開閉が可能です。

スマートプラグも、家電の遠隔操作を可能にするツールで、家電とコンセントの間にプラグを取り付けるだけで、Wi-Fiを通じて遠隔管理ができます。

家族全員が暮らしやすい家にするには?

引用元:photo AC

家事が楽になる間取りを考え、趣味スペースを設置し、スマートホーム化の実績があるハウスメーカーを選ぶことで、生活の快適さと利便性を追求できます。

◇家事が楽になる工夫

注文住宅は自由度が高い反面、完成後に後悔するケースも少なくありません。最もよくある失敗例が、家事動線のミスです。例えば、洗濯は、洗濯機→干す場所→畳む場所→しまう場所と移動が多い家事です。Uさんは、家事時間と体への負担を減らせるよう、生活動線を考慮した間取りと工夫を希望しました。

◇趣味スペースの設置

働き方が多様化する現在、自宅にワークスペースや趣味のスペースを希望する人が増えています。Uさんも家族の時間を充実させるために、趣味のスペースの設置を要望しました。趣味のスペースは、ワークスペースや学習スペースにも活用でき、家族とのコミュニケーションを図れるメリットもあります。

◇スマートホーム化の知見があるハウスメーカーを希望

スマートホーム化した住まいは、生活の利便性が向上する一方で、サイバー攻撃のリスクもデメリットとして挙げられます。サイバー攻撃を受けると、IoT機器が制御不能になり、スマートロックが誤作動したり、個人情報が流出したりする可能性があります。スマートホーム化を希望していたUさんは、スマートホーム化の実績のあるクレバリーホームに注文住宅を依頼することに決めました。

クレバリーホームのIoT対応住宅がヒントに

クレバリーホームの提案する住まいは、環境と家計に優しく、IoTにも対応しているのが特徴です。住む人が家事の効率化を図れるよう、家事と子育てを楽にするアイデアも提案しています。

◇IoT化が可能なゼロ・エネルギーハウス

IoTは、デジタル家電がインターネットによってつながることを指します。クレバリーホームの住まいは、IoT対応住宅のため、アプリやスマートスピーカーを使って、エアコン、電動シャッター、照明、玄関ドアの電気錠、空気清浄機などを操作することも可能です。太陽光発電で蓄えた電気をHEMSで見える化し、無駄なく使用することで、エネルギーの自給自足も実現できます。

◇家事と子育てを楽にするアイデア

クレバリーホームの住まいは、親子で別々のことをしていても、お互いを近くに感じ、心と心が触れ合える空間構成がテーマです。家事をこなすではなく、家事を楽しめるよう、作業しやすい動線、収納スペース、時短設備を提案していています。マルチ在宅スペース、おうちレジャーが楽しめる空間などが人気です。

イメージ通りのスマートホームが実現

クレバリーホームの施工事例をご紹介いたします。グレイベージュとホワイトのタイルを使った外観で、落ち着きのある総二階の住まいです。Uさんは、クレバリーホームの設計により、スマートホーム化、家事効率、趣味スペースのすべての希望を叶えた住まいを実現することに成功しました。

◇家中の家電をワンタッチで操作

スマートホーム化を導入しているため、パソコンやスマートスピーカー、スマートフォンを使って照明、空調、給湯、オーディオなど家中の家電をワンタッチで操作が可能です。5kWの太陽光パネルも搭載されていて、電気代も節約できます。

◇使い勝手のよい水回り

開放的で作業がしやすいアイランドキッチンを採用しています。シンク、コンロ、収納スペース、家電のすべてを、家事動線を考慮して配置しています。ランドリールームを作り、洗濯の一連の動作を1カ所で完結できる設計にしました。水回りの使い勝手がよいため、家事の負担を軽減できます。

◇趣味に没頭できるスペース

ピラティススペース、4帖書斎、8帖の図書室、サロンスペースなど、趣味に没頭できるスペースを確保しています。各々が好きな時間に好きなことを楽しみながらも、ゆるやかにつながれる家ができました。


スマートホームとは、家電や設備をインターネットでつなぎ、スマホや音声アシスタントで操作・自動制御することで、生活を快適にするシステムです。

例えば、目覚ましが鳴ったタイミングで照明が自動で点灯したり、家に近づくと暖房が起動したりするなどの機能があります。

スマートホーム化の方法には、スマート家電、スマートカメラ、スマートリモコン、スマートプラグの導入があります。これらを使えば、スマホ1台で家電を遠隔操作し、家の状況をリアルタイムで確認できます。

スマートホームの導入により、生活の利便性が大きく向上し、家事の効率化や趣味スペースの活用も実現可能です。例えば、家事動線を考慮した間取りにすることで、家事の負担を軽減し、趣味のスペースを設けることで、家族の時間をより充実させることができます。

さらに、スマートホーム化の知見があるハウスメーカーを選ぶことで、安心してスマートホーム化を進めることができます。

土間のある注文住宅~田園風景と共に過ごす快適な住まい

土間は、古くは農作業や台所隣の生活空間として使われ、現代ではリビングやキッチンなど幅広い使い方がされ、コンクリートやモルタルで仕上げられ、夏でも快適です。自然素材を使うと健康的な暮らしが実現でき、日本ハウスホールディングスはその技術と素材で快適な住まいを提供しています。

土間の人気が再来?土間の魅力とは

土間は、床材を設置せず地面に近い高さを持つスペースで、古くは農作業や台所隣の生活空間として使われてきました。涼しく快適な性質から夏でもエアコン不要で電気代を節約できる他、子供の遊び場や応接室、収納スペースなど幅広く活用できる利点があります。

◇土間とは?

土間は、住まいの一部でありながら床材を設置せず、地面に近い高さを保っているスペースです。古くは、農具や作業用具の収納、農作業、家畜の飼育などに利用されていて、台所に隣接する生活になくてはならない場所でもありました。

近年では、土間はリビングやキッチンなど幅広い使い方がされています。昔ながらの使い方をするだけでなく、現代のライフスタイルに合わせてアレンジできるのも、土間の魅力です。

現代の土間は、コンクリートやモルタル、タイルなどで仕上げられるのが一般的です。これらの素材は耐久性に優れ、水洗いも可能なため、土間の床は重いもので破損する心配がなく、汚れたらすぐに洗えるメリットもあります。

◇土間が好まれる理由

コンクリートやモルタル、タイルなどで作られた土間は、触ると涼しいです。だから、夏でも土間は涼しくて快適です。エアコンを使わなくても涼しいので、電気代を節約できます。

ひんやりした土間は、真夏の暑い日には子供たちの遊び場として最適です。また、応接室や収納スペース、趣味の部屋、ペットのお手入れスペースなど、色々な用途に使えます。天気を気にせず使えるのも、土間の利点です。

健康に暮らせる土間の家を希望

引用元:photo AC

床下空間がない土間は、冷えやすいため、寒さ対策が必要です。また、健康に暮らせる土間のある家をご希望であれば、無垢材、漆喰、珪藻土などの自然素材を採用することを推奨します。

◇寒さ対策

フローリングは床下に断熱材を入れることで、地面からの冷気を軽減し、室内温度を保っています。しかし、土間は床下空間がなく、熱伝導性の高いモルタルやタイルで仕上げられているため、底冷えしやすいのがデメリットです。

冬場は、床が冷たく感じられる可能性があるので、居住空間に土間をつくる場合は、寒さ対策が必要です。具体的な方法としては、床暖房や薪ストーブなどと組み合わせる、断熱材を使用して断熱性を高めるなどがあります。寒さ対策をしておくことで、温度差による結露も防げます。

◇自然素材

自然素材とは、人工的な化学物質を含まない素材のことで、具体的には無垢材、漆喰、珪藻土などを指します。土間はもともと自然素材でつくられていたことから、自然素材と土間の相性は抜群です。

建材に含まれるホルムアルデヒドが、シックハウス症候群を引き起こしていることが問題となっています。自然素材にはホルムアルデヒドが含まれていないため、シックハウス症候群を発症する心配がありません。

自然素材を採用する注文住宅を建てれば、家族の健康を守り快適に過ごせる家を実現できます。

日本ハウスホールディングスの技術と素材

日本ハウスホールディングスは、国内トップクラスの住宅メーカーで、国産の檜を積極的に活用しています。檜の住まいは、高断熱でリラクゼーション効果が高いのが特徴です。

◇トップクラスの高断熱

日本ハウスホールディングスは高度な断熱性能を備えた注文住宅を提供していて、すべての建物に認定証が発行しています。Heat20 G2レベルやZEHプラス基準などの断熱基準を満たすことで、さらに高い水準の断熱性能を実現することも可能です。

さらに、一般的な工法では用いられない床下断熱を採用しているため、冷えやすい土間も安定した床下温度を確保できます。

断熱性能の要となる気密性を高めるために、PCパネルと断熱材である発泡ウレタンを用いて外気を遮断し快適な室内環境を作り出しているのも特徴です。PCパネルと断熱材がしっかり密着しているため、内部結露の発生も防止できます。

◇体に優しい檜無垢材

日本ハウスホールディングスは、国産の檜を積極的に活用し、檜の森を育てる取り組みも行っている住宅メーカーです。檜の無垢材は体に優しいため、檜の無垢材を使った住まいはさまざまな健康効果が期待できます。

ひとつ目はリラクゼーション効果です。檜造りの住まいは香り成分のフィトンチッドを放出し、住む人に心地よい安らぎを与えてくれます。

他にも、ストレス解消、脳活動の鎮静化などの効果も期待できます。ホルムアルデヒドを含まない檜無垢材を使うことで、家族の健康を守れる住まいを実現できるのも利点です。

ゆったり暮らせる土間と木のある家

日本ハウスホールディングスの施工事例をご紹介いたします。こちらは、自然に囲まれた土地に建てられた、3つの土間がある平屋+ロフトの住まいです。田園風景を眺めながら、穏やかな生活が送れる魅力的な住まいが実現しました。

◇趣味も団らんも楽しめる3つの土間

田んぼへの日当たりを考慮して、高さを抑えた平屋+ロフトとなっています。家の中には、3つの土間があり、それぞれの空間で趣味と団らんが楽しめます。土間縁はご家族の日向ぼっこの場所で、畑仕事や外部とつなげる役割もあります。

薪ストーブのある土間は読書の場所、ロフトの土間はアトリエで子どもが絵画を楽しむ場所です。土間は冷えやすいのが難点ですが、薪ストーブで家全体を暖められる設計のため、寒い冬も快適に過ごせます。

◇自然素材

檜の他に、ケヤキ無垢材や珪藻土も使用しています。ケヤキには調湿効果や抗菌効果があり、健康的な生活の促進が期待される木材です。美しい木目を活かして、カウンターに使用しました。

珪藻土には、調湿効果、消臭効果があり、ダニやカビを抑制する効果も期待できます。自然素材を使った住まいは質感を感じられ温かみがあり、時間の経過と共に味わいが増すため、経年変化が楽しめるのも魅力です。


土間は古くは農作業や台所隣の生活空間として使われ、現代ではリビングやキッチンなど幅広い使い方がされています。コンクリートやモルタル、タイルで仕上げられ、涼しく快適な性質から夏でもエアコン不要で、子供の遊び場や応接室、収納スペースなどに活用されています。

土間の床は耐久性に優れ、汚れたらすぐに洗える利点もあります。床下空間がないため冷えやすく、寒さ対策が必要です。自然素材を採用することで健康に暮らせる家を実現できます。

日本ハウスホールディングスは高断熱性能や自然素材の活用で快適な住まいを提供しています。檜の無垢材は体に優しく、リラクゼーション効果も期待できます。施工事例では自然素材を活用し、3つの土間がある住まいが紹介されています。

高い天井とロースタイルLDKで広々とした空間の魅力とは?

天井は温度調整やホコリ防止、照明効果の向上に重要で、高い天井は開放感や換気、採光率を向上させます。高く見せる方法には、床を下げる、低い家具を配置するなどがあります。ダイワハウスの施工例ではロースタイルリビングや大きな窓で開放感を演出しています。

天井を意識!高さによる違いや高く見せる方法を紹介

天井は温度調整やホコリ防止、照明効果の向上に重要です。高い天井は開放感を生み出し、採光率や換気も向上します。天井を高く見せるために、床を下げたり、低い家具を配置したりする方法があります。

◇天井の役割

天井は普段あまり意識されないものの、住まいのなかで重要な役割を果たしています。まず、温度や湿度を調整する役割です。暖かい空気が上昇するため、適度な高さの天井があることで快適な室温を保てます。

天井がないと屋根裏からのホコリが部屋に入ってきてしまうので、汚れを防止する役割もあります。さらに、白い天井は光を反射し照明効果を高めるため、照明の補助も天井の役割です。

◇天井の高さによる違い

天井を高くすると空間が広くなるため、開放感が得られます。天井高が3m程あれば、視界から天井が消えて圧迫感がなくなり、実際よりも広く見せることも可能です。

高い天井にして高い位置に窓を設置すれば、採光率も向上し部屋が明るくなり換気がしやすくなります。その一方で、部屋が温まりにくくなり、音が響きやすくなるため対策が必要です。

◇天井を高く見せる方法

天井を高く見せる主な方法は、床を下げる方法と家具を低くする方法のふたつです。床を一段下げたリビングをロースタイルリビングといい、段差を設けることでダイニングとリビングをゆるやかに仕切り、開放感が得られます。

低い家具を配置すると部屋の奥まで見通せ、目線も低くなるため、ロースタイルリビングと同じ効果が得られます。ホワイトやアイボリーなどの色を選ぶとさらに効果的です。

無垢の木を使った窮屈さを感じない住まいを希望

引用元:photo AC

施主は広々とした住まいを希望し、ダイワハウスの提案に満足しました。また、無垢材の健康効果とリラクゼーション効果を重視し、高額でも無垢の木を使用しました。

◇窮屈さを感じない住まい

施主は日本の住まいは狭いというイメージがあるため、マイホームを建てるなら窮屈さを感じない広々とした住まいを希望しました。

所有する土地の広さから、建てられる家の大きさは限られていましたが、それでも間取りを工夫して広い空間が確保できればいいなと思っていました。

ダイワハウスの「まちなかジーヴォ」というモデルハウスを見学した際に、同じ床面積でも天井が高いとこんなに広く感じられるのかと驚きました。

ダイワハウスからの提案プランも、要望がくまなく反映されていて期待以上の設計だったため、ダイワハウスに依頼することを決意しました。

◇無垢の木を使いたい

コンクリートの住まいはスタイリッシュでおしゃれですが、家の側の遊歩道に咲く桜と調和する、温かみがあって落ち着ける日本古来の木の家に住みたいと思っていました。しかし、木の家に使われる木材には複数の種類があり、なかにはシックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドが含まれていることを知りました。

無垢材を使うと高額になりますが、それでも家族の健康を考えて無垢の木を使いたいと思いました。無垢の木は香りがよく、リラクゼーション効果もあるため、無垢の木を選んだことに満足しています。

サポートチームが天井が高くゆとりのある空間を提案

ダイワハウスのxevoΣは、その最上級の耐震性と断熱性能により、かつてない天井高と大開口を実現できるのが特徴です。あらゆる分野の専門スタッフがチームを組み、理想の住まいを実現するためのサポートをしています。

◇xevoΣ

一般的に建物は壁と柱に囲まれているほうが、耐震性に優れています。そのため、天井の高い住まいを設計する際は、耐震性も高めなくてはいけません。

xevoΣの住まいは、独自のエネルギー吸収型耐力壁D-NΣQST(ディーネクスト)を標準搭載しているため、天井高が2m72cmで、大開口・大空間のゆとりのある空間を実現できます。

二重防水構造で雨水の浸入リスクを大幅に軽減し、天井・外壁・床に高性能の断熱材を使用し、隙間なく包み込むことで高い断熱性を高めているのも特徴です。設計対応力にも優れ、設計の幅やプランの自由度が大きく、要望に沿ったアレンジもできます。

◇専門スタッフチーム

xevoΣは、ダイワハウスの長年にわたる技術の集大成です。技術力の高い建築士や施工技術者など、あらゆる分野の専門スタッフがチームを組み、一丸となってマイホームが完成するまでFace to Faceでサポートします。

住まいの設計だけでなく、インテリアのコーディネートも相談でき、住まいが完成した後に不具合が生じてもすぐに対応します。

無垢材と大きな窓で自然を感じられる広々とした家

ダイワハウスの施工事例を紹介します。こちらの住まいは、天然木とタイルが調和するシックモダンな家で、間取り図は3LDKです。

◇ロースタイルリビングと大きな窓で開放感を

リビングは、床が一段下げられたロースタイルリビングです。施主も、ロースタイルリビングの効果により天井が高く感じられる点と、段差が生み出す、包み込まれるようなくつろぎの感覚に大変満足しています。

さらに、連続する大きな窓を採用することで、外の景色と住まいが一体化し、自然を感じられる開放感のある広々空間が実現しました。

◇無垢材の天井と調和した空間

ダイニングキッチンは、白いタイル床と黒いアイアン階段、アイランドキッチンがスタイリッシュで、洗練された雰囲気を演出しています。レトロなガラスの間仕切りがおしゃれなアクセントとなっていて、天井の無垢材が見事に調和し温かみが感じられる空間です。

キッチン背面のハイサイドライトから優しい光が差し込み、石貼り壁の隅に設けた縦型の窓は遊歩道の桜も眺められるのも魅力的です。


天井は温度調整やホコリ防止、照明効果の向上に重要で、高い天井は開放感や換気、採光率を向上させます。天井を高く見せるには、床を下げたり低い家具を配置する方法があります。

無垢材を使った広々とした住まいを希望する施主は、ダイワハウスの提案に満足しました。特に「まちなかジーヴォ」のモデルハウスで天井の高さがもたらす広さに驚き、依頼を決意しました。無垢材の健康効果とリラクゼーション効果を重視し、高額でも採用しました。

ダイワハウスのxevoΣは耐震性と断熱性能に優れ、専門スタッフチームが理想の住まいをサポートします。施工事例では、ロースタイルリビングと大きな窓で開放感を演出し、無垢材の天井と調和した空間が自然を感じさせます。

木材の魅力を最大限に引き出すには?自然と調和した二世帯の住まい

K家族は、2世帯8人が快適に暮らせる住まいを求め、住友林業の木の魅力に惹かれて木造住宅を建てました。住友林業の専任チームは、家事や子育てがしやすい環境を整えるため、多様な木材を使った空間設計を提案しています。K家族の希望に沿った設計と、上質な木材を用いたこだわりの家づくりが実現しました。

家を建てようと思ったきっかけは?2世帯8人家族がより暮らしやすい住まい

K家族が家を建てるきっかけは、2世帯8人家族がより快適に暮らせる住まいを求めたことでした。最初は鉄筋コンクリート造を考えていましたが、住友林業のモデルハウスで木の魅力に惹かれ、木に囲まれた生活を望むようになりました。

特にご主人が庭にオリーブの木を植えたい夢を持っていたため、自然と調和した木の住まいに強く惹かれました。木の温もりと美しさが決め手となり、家族全員が自然の心地よさと木材の温かみを感じられる住まいを実現したいと思いました。

木の住まいは家族の健康にも良い影響を与えると考え、湿度調整効果やストレス軽減、リラックス効果を期待しました。

最終的に、K家族は住友林業の提案する多種多様な木材を活用した設計に惹かれ、自然な美しさと快適さを兼ね備えた理想の住まいを建てることに決めました。

希望は家事と子育てがしやすく木に囲まれた家

K家族の希望は、木の温もりを感じる家で、家事や子育てがしやすい環境を実現することでした。住友林業は、多様な木材を使った空間設計を提案し、明るく広々としたLDKと、異なる木材で表情豊かな壁や天井、庭にオリーブの木を植えるなど、木に囲まれた心地よい空間を実現しました。

◇家事や子育てのしやすさ

K家族の最も重要な希望は、木の温もりを感じる家で、家事と子育てがしやすい環境を実現することでした。特に、2世帯8人が同居する条件下では、家事の効率化と子育ての環境整備が大きな課題でした。

住友林業の設計担当者である岡崎さんは、この希望を反映し、回遊動線を取り入れた設計や適切な収納スペースの配置など、家事負担を軽減する工夫を盛り込みました。

また、子育て環境にも配慮し、LDK近くにスタディコーナーや中庭を設けることで、家族全員が安心して生活できる環境を実現しました。

◇木に囲まれた空間

K家族の住宅建築では、住友林業が提案したのは、多様な木材を使った空間設計でした。LDKの床には木目の美しいアッシュを採用し、部屋全体が明るく広々とした印象を与えつつ、木の温もりを感じられる空間を実現しました。

壁と天井には白を基調とし、異なる木材を使うことで多彩な表情を楽しむことができ、家全体にアクセントを加えました。

また、庭にオリーブの木を植えることで、自然と調和した心地よい空間を作り出し、日々の家事を楽にするための生活動線も配慮されました。

専任チームとこだわりの木材で施主の希望を実現

引用元:photo AC

住友林業の専任チームが注文住宅を設計し、施主の希望を3DCGで再現しました。K家族の住まいでは、木材選定から施工まで一貫したこだわりを持ち、異なる木材を組み合わせて豊かな空間を実現しています。

◇専任チームによるサポート

住友林業では、注文住宅の設計に専属のプロジェクトチームを組み、営業、設計、インテリア、工事、エクステリアの専門家が連携します。K家族の場合、営業担当者が要望をヒアリングし、設計担当者が間取りを提案、インテリアコーディネーターが内装をデザインしました。

工事担当者は施工を管理し、エクステリアプランナーが庭や外構を設計しました。専任チームは施主の希望を3DCGで再現し、共有しました。オリーブの木を中心とした庭のデザインや回遊動線を取り入れた間取りなど、細部にわたる希望が実現し、2世帯8人家族が快適に暮らせる住まいが完成しました。

◇こだわりぬいた木材

木材の魅力を最大限に引き出すことは、住まいづくりの鍵です。

住友林業は、注文住宅において、木材の選定から設計、施工まで一貫してこだわり抜きます。K家族の住宅では、リビングの床に美しいアッシュを採用し、壁と天井には白を基調としつつ、スギやレオ、チークなどの木材を巧みに組み合わせました。これにより、異なる木材の個性が引き立ち、豊かな空間が生まれました。

専任チームは木材の選定から加工、設置までを担当し、職人たちは木材の特性を理解し、最適な加工方法を選択します。無垢材の使用により、木の自然な風合いと経年変化を楽しむことができ、時間と共に深まる木の味わいを感じられます。

住友林業は、施主の理想の住まいを形にするため、木材の魅力を最大限に活かす取り組みを通じて、自然と調和した豊かな暮らしを提供しています。

さまざまな種類の上質な木材に癒される2世帯住宅

木材の魅力を最大限に引き出す住宅づくりは、施主の理想を実現する上で不可欠です。住友林業のK家族の事例では、二世帯8人が暮らす広々とした住まいが実現しました。

K夫妻は元々鉄筋コンクリート造を検討していましたが、住友林業のモデルハウスで木の魅力に感動し、木造住宅に変更しました。

設計担当の岡崎さんは、様々な種類の木材を使ったデザインを提案し、アッシュやスギ、レオ、チークなどの木材を巧みに組み合わせました。これにより、部屋ごとに異なる木材の表情が楽しめます。

無垢材の使用により、木の自然な風合いと経年変化を楽しむことができ、時間と共に深まる木の味わいを感じられる住まいとなりました。

住友林業の専任チームは、木材の選定から加工、設置までを一貫して担当し、木の魅力を最大限に引き出す工夫をしました。このようなこだわりが、自然と調和した上質な住まいを生み出しました。


K家族の家づくりの動機は、2世帯8人家族がより快適に暮らせる住まいを求めたことでした。最初は鉄筋コンクリート造を考えていましたが、住友林業のモデルハウスで木の魅力に感動し、木造住宅に変更しました。

特にご主人が庭にオリーブの木を植えたい夢を持っていたため、自然と調和した木の住まいに惹かれました。木の温もりと美しさが決め手となり、家族全員が自然の心地よさと木材の温かみを感じられる住まいを実現したいと思いました。

K家族の希望は、木の温もりを感じる家で、家事や子育てがしやすい環境を実現することでした。住友林業は、多様な木材を使った空間設計を提案し、明るく広々としたLDKと、異なる木材で表情豊かな壁や天井、庭にオリーブの木を植えるなど、木に囲まれた心地よい空間を実現しました。

住友林業の専任チームは、木材の選定から設計、施工まで一貫してこだわり抜き、無垢材の使用により、木の自然な風合いと経年変化を楽しむことができる上質な住まいを提供しました。このようなこだわりが、施主の理想の住まいを形にし、自然と調和した豊かな暮らしを実現しました。

ペットと暮らす注文住宅のポイントは?生活を豊かにする施工事例

ペットとの共生を考慮した注文住宅は、犬と猫それぞれのニーズに合わせた設計が必要です。タキナミの施工事例では、ペットとの共生を重視し、快適で安全な居住環境を提供しています。ペットとのふれあいは健康に良い影響を与え、ストレスを軽減し、交流を促進します。また、子供の成長にも良い影響を与え、責任感やコミュニケーション能力を育成します。

ペットと暮らす注文住宅の作り方は?

犬と暮らす場合、家の中の動線を考えて、通路や階段を広く取ると良いです。犬用のトイレや寝床のスペースも確保しましょう。一方、猫は運動が好きなので、高い場所へのアクセスやジャンプスペースを設けるとよいです。

◇犬と暮らすなら動線を考える

犬は家の中でも活発に動き回る動物です。そのため、家の中の動線を考慮して配置を工夫することが重要です。例えば、犬が自由に移動できるように、家の中の通路や階段が広く取られていると良いでしょう。

また、犬が出入りしやすい場所にドアやドッグフードの収納スペースを設けることもポイントです。さらに、犬用のトイレや寝床を考慮し、適切なスペースを確保することも重要です。

◇猫と暮らすなら運動できるように

猫は身軽で俊敏な動きをすることが多いため、適度な運動スペースを確保することが大切です。例えば、高い場所へのアクセスや猫がジャンプして遊べるスペースを設けることで、猫の健康維持やストレス発散に役立ちます。

また、猫のための遊び道具やキャットタワーを設置することも考えられます。さらに、猫が日光浴をするための窓際のスペースや、猫が安心して休息できる場所を確保することも重要です。

いつも笑顔になれるタキナミの高性能住宅

福井市の住宅メーカーのタキナミは、「全棟 未来基準の高性能」の住まいの提供をしています。タキナミが提供する住まいは、夏は涼しく冬は暖かく、1年を通して快適な生活を送れます。

◇家づくりの特徴

タキナミの家づくりの特徴は、建築において独自の技術や理念を持ち、快適で持続可能な住まいを提供している点です。彼らの家づくりは、機能性や快適性だけでなく、環境に配慮した取り組みや先進的な技術を取り入れています。

◇EcoSuma

EcoSumaは、タキナミの提供するエコ住宅ブランドの一つです。このブランドでは、省エネ性能に優れた家づくりや、環境に配慮した建材の使用、再生可能エネルギーの活用など、地球環境に配慮した住まいづくりが特徴です。また、快適性や健康面にも配慮した住宅を提供しています。

◇miraive

miraiveは、タキナミが提供するスマートホームのブランドです。このブランドでは、最新のIoT(Internet of Things)技術やスマートホームシステムを活用して、住宅の生活性や利便性を向上させています。家の機能や設備を遠隔操作できるシステムや、省エネルギー管理機能などが含まれています。これにより、快適でスマートな暮らしを実現できます。

ペットが自由に走り回るタキナミの施工事例

ペットが家の中を走ることができる空間を取り入れたタキナミの施工事例を紹介します。

◇ペットが走り回れるワンルームの家

1つ目のタキナミの施工事例は、ペットと一緒に快適に暮らすための工夫がされた住宅です。

ワンルームの家は、ペットとの快適な共生を叶えるために様々な配慮がなされています。広々とした空間は、ペットが自由に移動できるように、家具やインテリアの配置が工夫されています。

また、ペットに配慮した素材が使用され、専用のスペースや設備が整えられていることもあります。安全性も重視され、鋭利な角や障害物が減らされています。

同時に、居住者の快適性も考慮され、適切な換気や採光、断熱性が確保されています。

これらの要素が組み合わさり、快適で安全なペットとの暮らしを提供しています。

◇屋上庭園で花火見物ができる家

2つ目の施工事例は、自然豊かな環境に囲まれた中で、快適で贅沢な暮らしを実現した住宅です。

この家の特徴は、屋上に広がる庭園スペースです。屋上には、開放的な庭園が整備されており、そこからの眺望は抜群です。特に、花火大会の時期になると、その屋上庭園から花火を楽しむことができる点が魅力的です。

自宅の屋上から花火を見ることは、非常に贅沢な体験であり、家族や友人と共に特別な時間を過ごすことができます。

また、この住宅はEcoSumaブランドに属しており、省エネ性能や環境に配慮した設計がされています。屋上庭園からの眺望を楽しみながらも、地球環境に配慮した暮らしを実現できる点もポイントです。

屋上庭園で花火見物ができる家は、自然との調和を感じながら、都会の喧騒を忘れる贅沢な暮らしを提供しています。

ペットと暮らすと生活が豊かになる

ペットとの運動や触れ合いは心臓病や高血圧などのリスクを減少させ、ストレスを軽減します。また、ペットを通じて交流が促進され、子供の成長にも良い影響を与えます。

◇健康

ペットとの触れ合いや世話をすることは、人の健康に良い影響を与えます。例えば、ペットと運動をすることで運動不足を解消し、心臓病や高血圧などの疾患のリスクを低減する助けになります。また、ペットとの触れ合いはストレスを軽減し、心理的な健康をサポートする効果もあります。

◇ストレスの軽減

ペットとの触れ合いやコミュニケーションは、ストレスを軽減するのに役立ちます。ペットは主人に対して無条件の愛情を示し、癒しや安心感を提供します。特に、犬や猫とのふれあいは、ストレスホルモンであるコルチゾールのレベルを低下させ、リラックス効果をもたらします。

◇交流の促進

ペットを飼うことは、他のペット飼い主や動物愛好家との交流を促進します。例えば、ドッグパークや猫カフェなどの場で、同じ趣味や興味を持つ人々と交流する機会が増えます。

また、ペットと一緒に外出することで、他の人とのコミュニケーションが自然と生まれやすくなります。

◇子供の成長

ペットと一緒に育つことは、子供の成長に良い影響を与えます。ペットを通じて責任感や思いやり、他者とのコミュニケーション能力などが育まれます。また、ペットとの関わりは子供の自尊心やストレス耐性を向上させ、心理的な健康を促進します。


ペットと暮らす注文住宅は、ペットの健康や快適性を考慮した設計が重要です。犬と暮らす場合は、広々とした動線と犬用のスペースを確保し、安全性を考慮します。一方、猫は運動を好むため、高い場所や遊びスペースを設けます。

タキナミの施工事例では、ペットとの共生を念頭に置いた家づくりが行われており、快適で安全な居住環境が提供されています。

ペットとのふれあいは健康に良い影響をもたらし、ストレスを軽減し、交流を促進します。子供の成長にも良い影響を与え、責任感やコミュニケーション能力を育成します。ペットと暮らすことで、家族の生活が豊かになります。

狭小地でも開放感のある家づくりを!エクリュの提案する注文住宅と施工事例

都市部の狭小地に注文住宅を建てる利点は多岐にわたります。狭小地は比較的安い土地代で手に入れられ、都市部の利便性も享受できます。株式会社エクリュは、狭小地に合ったライフスタイルに合わせた注文住宅を提供し、透明性のある見積もりと美しいデザインを重視します。吹き抜けや高い天井を採用し、プライバシーも考慮した3階建ての家を提案することで、狭小地でも快適な生活を実現します。

都市部に多い狭小地に注文住宅を建てる利点

何年も前から夢に見ていたマイホームとはいえ、都市部に建てるとなると、建設費の他に土地代にもかなりの費用が必要です。広々とした間取りや庭は誰にとっても憧れですが、予算とマイホーム建築にかかる費用をよく照らし合わせた上で、無理のない注文住宅を建てたいものです。都市部では、狭小地を上手に活用するのもひとつのアイディアです。

◇土地代が安い

狭小地に関しては、明確な定義はありませんが、一般に15〜20坪以下の土地が「狭小地(きょうしょうち)」と呼ばれています。通常、戸建ての坪数は30〜40坪が平均ですから、約半分の面積が狭小地です。狭小地は土地代が安いというメリットがあり、地価が高い都市部や市街地にマイホームを建てる際に有効活用されることが多いのが特徴です。

◇利便性が高い

狭小地は市街地の中心エリアに位置していることが多く、公共交通機関や主要施設へのアクセスが便利なのが特徴です。さらに、周辺には学校や病院、郵便局、図書館などといった生活施設が充実していることが多く、利便性が高い点が大きなメリットです。

◇維持費が安い

狭小地は土地面積や建物の面積が小さいため、固定資産税などの各種税金や固定費を低く抑えることができます。また、住宅の面積が小さいため、外壁の塗り替えや屋根のメンテナンス、庭の手入れなどといった維持費も低く抑えられる傾向があります。

住む人の思いを形にするエクリュの家づくり

株式会社エクリュ(Ecru Societe)は、狭小地にライフスタイルに合った素敵な家を建てたいという願いを叶えてくれる住宅会社です。2005年に設立されて以来、エクリュは福井市に本社を構え、キメの細かい家づくりを実現してきました。

◇エクリュの家づくり

エクリュの家づくりの基本は、住む人の思いを形にし、「自分のココロのまん中に、住む」ことにあります。長年住めば住むほど、より深い納得を得られるのがエクリュの家です。

◇原価オープン

エクリュでは、注文住宅の見積もりに原価オープン方式を採用しています。材料や工事費など、家づくりにかかるすべての費用を、利益を上乗せしない原価にて伝えるのが原価オープンの見積書です。見積書にはエクリュの利益も金額表示されており、明朗会計で納得の家づくりができる点が大きな特徴です。原価オープンの見積もりを知ることにより、住む人の価値観を落とし込んだ理想の家づくりを実現したい、というのがエクリュのコンセプトです。

◇デザイン

デザインに関しても、単なる機能性ばかりではなく、美とニーズを同時に兼ね備えた住まいづくりをエクリュは行っています。具体的には、形状や素材・色彩などにこだわり、住む人のアイデンティティにこだわるのがエクリュの家の人気の秘訣です。

狭小地でも開放感のあるエクリュの施工事例

狭小地ならではのメリットを活かしたエクリュの家は、開放感と住む人のライフスタイルを大切にし、施主の希望を最大限に取り入れて設計されています。ウッドデッキや吹き抜けなど、狭小地の家には欠かせないアイテムを巧みに配置した設計は、ユーザーから高い評価を受けています。

◇狭小地にウッドデッキを採用した家

狭小地に木造軸組工法で建てられた2階建ての施工事例は、「好きなモノに手が届く」をコンセプトに、手際よくコンパクトに設計されています。間口が6mに満たない土地とはいえ、1.5坪のウッドデッキ(ルーフテラス)を確保し、プライベート性と明るさ、そして広がりをおしゃれに実現しています。

◇狭小地に吹き抜けを採用した家

「花を飾る」をメインコンセプトに、打ち合わせに9ヶ月かけて出来上がった施工事例です。ミニマルで重厚感のあるファサード、オブジェを思わせる鉄骨階段、ロフトが併設された寝室と、家のすみずみまで遊び心が行き渡っているのが特徴です。

狭小地に快適な家を建てる上で考えたいこと

狭小地に家を建てる際には、ちょっとした工夫を加えることによって、快適でしかも広々とした空間を実現することが可能です。住宅会社にどのような家が理想なのかをきちんと説明し、居心地のいい住まいを手に入れましょう。

◇吹き抜けや天井を高くする

狭小地に家を建てると、どうしても居住スペースが限られてしまいます。できるだけ開放感を演出するためには、部屋の天井を高くしたり、吹き抜けを採用したりして狭小地のデメリットをメリットに変えてしまうことが大切です。吹き抜けがあれば、採光の問題も解決されますので、明るくて気持ちのいい住まいが実現できます。

◇生活動線を意識する

生活動線を意識することも、非常に大切です。現在の家族構成や年齢だけではなく、10年後、20年後の生活の変化も見越した上で、浴室やトイレを1階に設置するといった工夫も必要でしょう。

◇3階建てにする

土地が狭い分、建築コストを抑えることができる狭小地では、思い切って3階建てのマイホームを建てるのもおすすめです。3階建てにすることによって生活空間にゆとりが生まれると共に、家族間のプライバシーも保てます。音楽などが趣味であれば、半地下タイプの地下室を取り入れるのもいい考えです。


都市部の狭小地に注文住宅を建てる利点は多岐にわたります。まず、狭小地は土地代が比較的安く、地価の高い都市部でも手頃な価格で土地を手に入れることができます。また、都市部に位置するため、公共交通機関や生活施設へのアクセスが便利であり、利便性が高いのも特徴です。さらに、狭小地は維持費が低いため、固定資産税やメンテナンス費用を抑えることができます。

株式会社エクリュは、狭小地に合ったライフスタイルに合わせた注文住宅を提供する住宅会社です。エクリュの家づくりは、住む人の思いを形にし、納得のいく家づくりを実現することを基本としています。

エクリュでは原価オープン方式を採用し、透明性のある見積もりを提供しています。デザインに関しても、機能性と美しさを兼ね備えた住まいを提供し、狭小地でも開放感のある施工事例が豊富です。

狭小地に家を建てる際には、吹き抜けや高い天井を採用することで開放感を演出し、生活動線を意識して配置を考えることが重要です。また、思い切って3階建ての家を建てることで、生活空間にゆとりを持たせると共に、プライバシーも確保できます。エクリュの家づくりは、狭小地でも快適で魅力的な暮らしを実現するためのヒントを提供しています。

福井の注文住宅施工事例から学ぶ!寒冷対策が施された住宅の魅力

ZEH住宅の要素は、高断熱性、省エネ、創エネが重要です。高性能な断熱材や気密性の高い設備を導入し、再生可能エネルギーの活用を通じて自給自足を目指します。エーシンホームはZEH住宅を提案し、福井県の積雪にも対応します。太陽光発電や省エネ暖房システムを採用し、光熱費を削減しています。

ZEH住宅を建てるために必要な要素とは?

ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)は、2007年に国土交通省が「次世代住宅ポイント制度」を導入したことをきっかけに始まった取り組みです。具体的には、一軒の住宅が年間で消費するエネルギー量が、その住宅が生成・供給する再生可能エネルギー量と等しい、あるいはそれを上回らないように設計されている住宅のことを指します。ZEH住宅を建てるためには、いくつかの重要な要素を踏まえておく必要があります。

◇高断熱

ZEH住宅においては、エネルギーを節約するために断熱性能が非常に重要です。高性能な断熱材を使用することは、ZEH住宅の基本的な条件となっています。

◇省エネ

ZEHでは、高断熱でしかも気密性の高く、高効率な設備機器を導入することにより、住宅のエネルギー消費を最小限に抑えることが重視されています。

◇創エネ

さらに、太陽光発電や風力発電など、再生可能エネルギーの利用を促進することで、創エネを実現するのがZEH住宅の大きな特徴です。住宅自体がエネルギーを生成し、消費する分を補うか、余剰分を電力ネットワークに供給するのがZEH住宅の理想的な姿です。

快適で安全なエーシンホームの家づくり

エーシンホームは、土地探しを含めた家づくりを提供する地元密着型の住宅会社です。丁寧なヒアリングに基づいて、家族の好みを的確に把握し、美しいデザインを提案します。ZEH住宅も提案し、省エネ基準を満たす住宅を提供しています。

◇家づくり

エーシンホームは、設計・デザインだけではなく、土地探しのお手伝いもしてくれる、地元密着型の住宅会社として定評があります。丁寧なヒアリングによって、家族それぞれによって異なる「好きな家」のコンセプトを的確にまとめ上げ、時が経っても変わらない美しいデザインを提案してくれるのがエーシンホームの特徴です。

◇断熱と耐震

エーシンホームでは、特に断熱性と耐震性に優れた家づくりに力を入れています。断熱等級6をクリアする同社の家は、国の省エネ基準である断熱等級4を大幅にアップさせ、福井県の蒸し暑い夏に対応しています。

耐震等級においても病院や消防署と同レベルの耐震性レベル3をクリアしており、活断層が多い福井県でも安心して住むことができます。

◇ZEH

エーシンホームでは、顧客のライフスタイルに合わせて、最適がZEH住宅を提案しています。BELS(Building Energy-efficiency Labeling System)工務店でもあるエーシンホームは、建築省エネルギー性能基準を満たす住宅の設計に2017年から取り組んでいます。

福井の積雪にも対応エーシンホームの施工事例

福井県は中部地方、日本海側に面しており、豪雪に見舞われることが多い地域です。1m以上の積雪があることも稀ではないため、積雪を配慮した家づくりが大切です。

◇福井の気候に配慮した家

一つ目の施工事例は、夫婦と子ども一人の家族構成です。年間を通して、曇りや雨の日が多く、冬は雪が降る福井市の気候に合わせて、省エネ・創エネに目を向けた”太陽光発電+ZEH住宅”が採用されています。

曇りの日が多い福井県で太陽光発電を採用するには決断が必要ですが、地元に根差したエーシンホームの手により、福井の気候・積雪を配慮したデザイン・施工で、安心して住める住宅が完成しました。

◇広々リビングで開放感溢れる家

広々としたリビングの一角にスタディコーナーも設け、家族が集まりやすい、開放感あふれる家を実現しています。玄関脇などの収納や普段着用のクローゼットなども完備し、ゆったりの日常が過ごせる生活を満喫しています。水平ラインの屋根とスマート瓦がおしゃれな外観で、全体的に白を基調としたすっきりデザインが人気です。

ヒートショックの軽減も寒冷地こそZEH

高断熱性や気密性などに優れており、寒冷地で威力を発揮するのがZEH住宅の魅力です。

◇快適に過ごせる

寒冷地では暖房が必要不可欠ですが、エネルギー効率の高い暖房システムを導入しているのがZEH住宅の大きな特徴です。室内の温度が一定に保たれるように、高性能な断熱ガラスや遮熱ブラインドなどを使用しているため、年間を通して快適に過ごせます。ZEH住宅では部屋間の温度変化も最低限に抑えられるため、高齢者にしばしば見られるヒートショック対策にもつながります。ヒートショックは身近なリスクであり、高齢者だけではなく、体調の弱い人や乳幼児なども注意が必要です。

◇光熱費が下がる

ZEH住宅では、地中熱利用やエア源熱ポンプなど、省エネルギー性に優れた暖房システムを採用しています。さらに、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーを導入し、家庭用エネルギーを自給することによって、エネルギー消費量を抑えることができます。このようなZEH住宅の特性によって、暖房コストを削減できます。

◇遮音性が高い

寒冷地の場合、ZEH住宅ではダブルグレージング窓や断熱性の高い窓を採用してサッシの気密性を確保しています。さらに、ドアの密閉性も保たれているため、高い遮音性を確保することができます。それだけではなく、寝室を外部の騒音源から離すなど、間取りを工夫することで、居室間の騒音の伝達を最小限に抑えることが可能です。


ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)は、2007年に国土交通省が「次世代住宅ポイント制度」を導入したことをきっかけに始まった取り組みです。この制度では、一軒の住宅が年間で消費するエネルギー量が、その住宅が生成・供給する再生可能エネルギー量と等しい、あるいはそれを上回らないように設計されている住宅を指します。ZEH住宅を建てるためには、いくつかの重要な要素を踏まえておく必要があります。

まず、ZEH住宅においては、エネルギーを節約するために断熱性能が非常に重要です。高性能な断熱材を使用し、気密性を高めることで、住宅内の温度を安定させることができます。また、省エネにも焦点を当て、効率の良い設備機器を導入することが求められます。高効率な暖房・冷房システムや給湯設備などを採用し、エネルギーの無駄を最小限に抑えます。

さらに、ZEH住宅では再生可能エネルギーの活用が重要です。太陽光発電や風力発電など、住宅内でエネルギーを生成するシステムを導入し、創エネを実現します。住宅自体がエネルギーを生成し、消費する分を補うか、余剰分を電力ネットワークに供給することがZEH住宅の理想的な姿です。

エーシンホームは、地元密着型の住宅会社として、ZEH住宅の建設に取り組んでいます。この会社は、家族の好みやライフスタイルに合わせたデザインを提案し、断熱性や耐震性に優れた住宅を提供しています。また、積雪地域におけるZEH住宅の施工実績も豊富で、福井県の気候に配慮した住宅を提供しています。そのため、寒冷地においても快適で安全な暮らしを実現することができます。

家族のニーズに合った暮らしを~キッチンの種類と注文住宅施工事例

キッチンレイアウトは、I型、L型、コの字、アイランド型など多様な形状があり、家族の好みやライフスタイルに応じて選択されます。ハウジングサービスは自然素材やパッシブデザインを活用し、自然と調和した住まいを提供しています。特にアイランド型キッチンは、家族の集まりやすさや料理の楽しさ、空間の開放感やコミュニケーションの促進に寄与します。

家族のニーズに合わせたキッチンレイアウト

キッチンには、複数のキッチンレイアウトがあります。なかでもよく知られているのが、I型キッチン、L型キッチン、コの字型キッチン、アイランド型キッチンです。家族のニーズに合わせたキッチンを実現させるためには、それぞれの違いを理解しておくことが大切です。

◇I型キッチン

最もシンプルで、昔からあるキッチンレイアウトです。壁付けでコンロ、調理台、シンクが一列に並んでいます。キッチンレイアウトが横に一列の対面式キッチンも、I型キッチンに含まれることがあります。

◇L型キッチン

正面に調理台とシンクを配置し、側面の壁にコンロを配置するキッチンです。対面式と壁付けのメリットを併せ持っています。収納量は増えますが、コーナー部分が使いにくくデッドスペースになりやすいのがデメリットです。

◇コの字型キッチン

コンロ、調理台、シンクをコの字に配置するキッチンレイアウトです。作業スペースや収納が増えますが、三辺が塞がれるため、スペースが狭いと圧迫感が生じることがあります。

◇アイランド型キッチン

四方が壁で囲まれず、島のように配置されたキッチンレイアウトです。広いスペースが必要ですが、開放的で複数人での調理もしやすくなります。

ハウジングサービスの自然とつながる注文住宅

ハウジングサービスは、1985年(昭和62年)創業の福井県にある工務店です。家族が幸せな暮らせる住まいを目指し、自然素材とパッシブデザインを取り入れた自然とつながる住まいを提案しています。注文住宅に必要な知識が学べる住まい教室を、無料で開催しています。

◇家づくりの特徴

ハウジングサービスは、住まいは重要な生活環境であり、安心して過ごせる場所であるべきだと考えています。そのため、単に機能性の高い住まいを建てるのではなく、将来何十年にも渡り家族が幸せな暮らせる住まいを目指しています。健康的で快適な空間を提供するために、自然素材や無垢材を積極的に採用しているのも特徴です。

自然素材を使った住まいは、時間の経過と共に風合いが増し愛着が増すメリットもあります。自然エネルギーを活用するパッシブデザインも取り入れているため、ハウジングサービスの住まいは、光熱費を削減しつつ四季を通じて快適な暮らしを営めます。

◇住まい教室

理想の住まいを実現させるためには、住まいに関する知識が必要です。ハウジングサービスの住まい教室は、正しい家づくりに必要な知識を学べる勉強会です。住まい教室は1家族単位で開催され、クイズ形式で楽しみながら進めていくため、どなたでも気軽に参加できます。

ハウジングサービスの施工事例を紹介

アイランドキッチンに吹き抜けをプラスすると、開放的な空間になるだけなく、料理をしている間に子どもの様子を確認しやすくなります。ハウジングサービスはフレキシブル設計を採用し、細かい要望にも対応しているため、こだわりのある住まいを実現することが可能です。

◇開放感あるアイランドキッチンの家

おしゃれで開放感のあるアイランドキッチンがマストアイテムだったご夫婦の住まいです。

住まいの間取りは家族が集まるリビングから決めるのが一般的ですが、こちらの住まいはキッチンまわりを最初に決め、そこを基準に間取りやその他の住宅設備を決めていきました。

ご夫婦ふたりで料理をすることが当たり前ということで、キッチンスペースは広めにとってあります。アイランドキッチンはもともとLDKを見渡せますが、さらに吹き抜けを設置することで、2階にいる子どもの様子も確認できるようになりました。

屋根裏を利用した「ロフトスペース」は、ゲストルームとして活用されています。

◇夫妻の要望を満たした回遊性とフレキシブル設計

間取り、インテリア、外観の要望をうまくまとめて提案してくれたことが、ハウジングサービスを選ぶ決め手となったそうです。1階部分は吹き抜けを中心とし、すべての空間が一体となっていて、回遊性にも優れ家事がしやすい設計になっています。

外観は北欧風で、床がスノコ状の物干しスペースが設置され、小屋裏収納へははしごではなく階段で行けるようなっている点も特徴的です。マツ、ヒノキ、ヒバなど複数の無垢材を使用していて、森林浴をしているかのような心地よさが感じられます。

アイランドキッチンで家事時間を楽しく

開放感のアイランドキッチンは、他のキッチンレイアウトにはない利点があります。作業がしやすくコミュニケーションが取りやすいため、家事時間も楽しくなるでしょう。レイアウトの自由度も高いためキッチンスペースにこだわりたい方や、夫婦で料理を楽しみたい方にぴったりのキッチンレイアウトです。

◇開放的な空間

アイランドキッチンは、壁や仕切りがなく周囲をグルグルと移動できて開放的です。視界が遮られないため、広い視野のなかで家事や料理を楽しめます。クローズドキッチンと異なり、長時間作業をしても閉鎖された感じになりません。

◇作業の容易さ

従来のキッチンは一本の動線しかないため、複数人で作業を行うと混雑することがあります。一方、アイランドキッチンは、円形の動線を持っているため、複数人での作業でも十分なスペースが確保されます。配膳やサポートも円滑に行え、家族の協力を得やすいのもメリットです。

◇コミュニケーション

一般的なキッチンでは孤立しやすくなりますが、アイランドキッチンではコミュニケーションを楽しみながら料理できるのも魅力です。対面式のアイランドキッチンにすれば、さらに家族とのコミュニケーションが図りやすくなります。パーティーの際も、より活気のある雰囲気を作り出せます。

◇レイアウト

アイランドキッチンは、他のキッチンレイアウトと比較すると自由度が高く、好みに合わせてデザインできます。例えば、キッチンとダイニングテーブルを一緒に配置したり、お気に入りの収納や飾り棚を追加したりすることも可能です。


キッチンレイアウトは、家族のライフスタイルや好みに合わせて選択することが重要です。代表的なレイアウトには、I型、L型、コの字、アイランド型があります。I型はシンプルで効率的、L型は使い勝手が良く壁付けのスペースを有効活用できます。コの字型は作業スペースが広く、アイランド型は開放的でコミュニケーションが取りやすいといった特徴があります。

ハウジングサービスでは、自然素材やパッシブデザインを取り入れた家づくりを行っており、自然と調和した住まいを提供しています。アイランドキッチンは、家族が集まりやすく、料理が楽しくなるだけでなく、空間の開放感やコミュニケーションの促進にも貢献します。

そのため、家族のニーズやライフスタイルに合わせて、最適なキッチンレイアウトを選択することが大切です。

吹き抜けは寒い?寒さが厳しい福井でも快適な秘密を施工事例より紹介

吹き抜けの設計には目的意識が重要であり、家族のコミュニケーションや光や風の流れの調整などを考慮する必要があります。適切な断熱性や吸音対策も重要で、松栄ホームではSR工法やマッハシステムを用いて寒冷地に適した住宅が特徴です。全館空調システムやヴィンテージスタイルの家など、快適性とデザイン性を兼ね備えた注文住宅を提供しています。

吹き抜けを作る際に考えるべきポイントとは?

吹き抜けのある住まいは、開放感があり広々とした空間を実現できるため、人気の間取りです。しかし、冷房が効きにくいなどのデメリットも存在します。では、吹き抜けを作る際には、どのようなポイントを考慮したら良いのでしょうか。

◇吹き抜けは目的を持って

吹き抜けは、単なる開放感やデザインの要素としてだけでなく、具体的な目的を持って計画されることが重要です。

例えば、家族のコミュニケーションを促進するために設けられることがあります。吹き抜けは、家の中で別々の活動をしていても視覚的なつながりを保ち、家族が一緒にいる感覚を生み出します。

また、光や風の流れを調整するために設計されることもあります。家の中に自然光を取り込み、通風を促進することで、快適な居住環境を作ることができます。吹き抜けを設ける際には、その目的を明確にし、設計や配置に工夫を凝らすことが重要です。

◇音などが伝わりやすい

吹き抜けは、その特性上、音が伝わりやすい場所でもあります。階下や階上の音がよく聞こえたり、吹き抜けからの音が他の部屋に響いたりすることがあります。

このため、吹き抜けの設計や適切な仕上げが重要です。例えば、吸音材を効果的に配置することで、音の反響を抑えることができます。また、家具や装飾を活用して、音の反射や伝播を制御することも考えられます。

吹き抜けを設ける際には、その周囲の環境や居住者の生活スタイルに配慮し、音の問題を最小限に抑える工夫が必要です。

◇冷暖房がききにくい

吹き抜けは、建物内部の空気が自然に循環する効果があり、開放感や明るさを演出する一方で、冷暖房効果が低下するという課題があります。

吹き抜けは、通常の部屋とは異なり、天井が高くなっています。そのため、天井からの熱の放射が増加し、断熱性が低下します。特に冬場には暖房した空気が天井にこもりがちで、室温が上がりづらくなります。

また、吹き抜け空間では、温暖な空気が上昇しやすく、下の部分は冷えやすい傾向があります。これにより、上の部分は暑く、下の部分は冷えるという空気の対流が生じます。その結果、快適な温度を保つのが難しくなります。

効果的な空調が難しいため、冷暖房の効率も低下します。暖房や冷房の効果が吹き抜け空間全体に行き渡りにくく、無駄なエネルギー消費が生じる可能性があります。

福井の寒い冬に対応松栄ホームの注文住宅

福井県で注文住宅を建てる際には、寒い冬を超えられるよう対応している業者を選ぶことが重要です。松栄ホームは福井県の厳しい冬にも対応した家づくりを行なっている企業です。

◇SR工法

松栄ホームのSR工法は、高い耐震性と断熱性を持つ建築工法です。

SR工法は、耐震性能を重視した構造設計が特徴です。コンクリート製の柱と梁を使用し、建物全体を頑丈に支えます。このため、地震などの自然災害に強い建物を実現します。また、SR工法では断熱材をしっかりと施工し、建物全体の断熱性を高めています。これにより、冬場の暖房効果や夏場の冷房効果が向上し、快適な室内環境を実現します。

この優れた断熱性により、建物全体の省エネ性が向上します。冷暖房のエネルギー消費量を抑えることができるため、ランニングコストを削減できます。

SR工法は、工場での事前製作が可能なため、現場での施工工程が短縮されます。これにより、工期の短縮や建設コストの削減が図れます。さらに、工場での事前製作により、品質管理が徹底されます。そのため、建物の仕上がりに安定感があり、長期間にわたって安心して住むことができます。

◇マッハシステム

松栄ホームのマッハシステムは、同社が提供する住宅の品質向上と快適性を追求したシステムです。マッハシステムでは、断熱材や気密性の高い建材を使用しています。これにより、冷暖房効果が向上し、室内の快適な温度を維持できます。

また、外部の騒音や不快な空気の侵入を防ぎ、住宅内部の静かで清潔な環境を実現します。また、建材や内装材に無害な素材を使用し、換気システムを導入することで、室内空間の健康と安全性を確保しています。これにより、住民の健康維持や安心して過ごせる居住環境を提供します。

マッハシステムは、高断熱・高気密な構造により、冷暖房効率を向上させ、エネルギーの無駄を最小限に抑えます。これにより、住宅のエネルギーコストを削減し、地球環境への負荷を軽減します。

松栄ホームは、マッハシステムの採用により、住宅の耐久性と品質を保証します。高品質な建材や施工技術により、長期間にわたって安心して住み続けることができます。優れた断熱性、健康性、省エネ性により、快適な室内環境を実現しています。

寒さから開放松栄ホームの施工事例

松栄ホームは、省エネ性能と唯一無二のデザイン性を兼ね備えた住宅を提供しています。

◇全館空調で吹き抜けでも寒さを感じない家

この住まいでは、吹き抜け空間においても寒さを感じないように、全館空調システムが採用されています。全館空調システムは、建物内の各部屋に空気を送り込むことで、均一な温度を維持することができます。これにより、吹き抜け空間でも寒さを感じることなく、快適な居住空間を実現します。

また、断熱性や気密性の高い建材を使用することで、冷暖房効果の向上やエネルギーの節約にも配慮しています。さらに、健康や安全性を重視し、無害な素材を使用することで、住民の健康維持と安心して過ごせる環境を提供しています。

◇ヴィンテージスタイルの家

松栄ホームの「ヴィンテージスタイルの家」は、古き良き時代の雰囲気を漂わせる住宅で、外観や内部デザイン、間取り、設備に特徴があります。

外観はレンガ調の外壁やウッドデッキ、ガーデニングが取り入れられ、温かみのある風合いを持ちます。内部では木材を使用し、アンティーク調の家具や照明器具を取り入れて暖かみのある空間を演出します。

間取りは開放感がありながら各部屋が独立し、リビングやダイニングは広々としています。さらに、エコ性と快適性を両立させる取り組みも行われ、断熱材や二重窓、換気システムなどが設けられています。

家族の会話もはずむ吹き抜けの利点

吹き抜けは、部屋を上下に連結し、開放感が広がります。高い天井と明るい空間はリラックスに役立ち、自然光が室内を明るく照らします。吹き抜けの注文住宅では、家族や友人とのコミュニケーションが容易で、一体感を持ち、交流を促進します。

◇開放感

吹き抜けは、部屋を上下に連結する空間を提供します。このため、住宅全体に開放感が広がります。高い天井や広がる空間によって、部屋が狭苦しく感じられず、リラックスできる雰囲気が生まれます。また、開放感のある空間は、精神的なリフレッシュにも役立ちます。

◇室内が明るく

吹き抜けは、自然光の取り入れに優れています。屋根や窓からの日光が上から下へと差し込み、室内全体を明るく照らします。これにより、人々は自然光の下で快適に過ごすことができ、照明を使わずとも省エネルギーで明るい室内を維持できます。

◇コミュニケーションがとりやすい

吹き抜けがある注文住宅では、階段や廊下、リビングなどの各部屋が視覚的に繋がっています。このため、家族や友人とのコミュニケーションがとりやすくなります。階段や吹き抜けを通して、上下階の様子を見渡すことができ、家族が離れていても一体感を持つことができます。また、吹き抜け空間は集まりやすい場所として機能し、家族や友人との交流を促進します。


吹き抜けの設計にはいくつかの重要なポイントがあります。まず、吹き抜けは単なる開放感だけでなく、具体的な目的を持って計画される必要があります。家族のコミュニケーションを促進するために設けられることもありますし、光や風の流れを調整するためにも利用されます。

また、吹き抜けの設計や適切な仕上げが重要であり、音が伝わりやすい特性を考慮して吸音材を配置したり、冷暖房効果が低下する課題に対処したりする必要があります。特に、冷暖房の効率が低下することが懸念されるため、適切な断熱性を確保することが重要です。

福井の寒冷な気候に適した住宅を提供する松栄ホームでは、SR工法やマッハシステムを活用して断熱性や耐震性を向上させる取り組みを行っています。

吹き抜け空間でも寒さを感じない全館空調システムや、ヴィンテージスタイルの家など、快適性とデザイン性を兼ね備えた注文住宅を提供しています。

二世帯のプライバシーに配慮した永森建設の施工事例を解説

二世帯住宅には完全同居型、部分共有型、完全分離型の3つがあり、それぞれメリットと建築費用が異なります。永森建設は福井の気候に合わせた住まいを提供し、二世帯住宅ではプライバシーを確保するため1階と2階で生活空間を分ける方法を提案しています。このような住まいは経済的であり、家事や子育てのサポートも受けられます。

様々な種類がある二世帯住宅の特徴とは?

子世帯と親世帯が一緒に生活する住宅のことを二世帯住宅といい、完全同居型、部分共有型、完全分離型の3種類があります。種類によってメリットと建築費用が異なるため、違いを理解して選ぶことが大切です。

◇二世帯住宅とは

子世帯と親世帯が一緒に生活することを前提として、設計された住宅のことを指します。二世帯住宅には、完全同居型、部分共有型、完全分離型があり、状況に応じて種類を選ぶことが可能です。二世帯住宅の建築費用は、選ぶ種類によって異なり、安い順に、完全同居型、部分共有型、完全分離型です。

◇完全同居型

玄関、リビング、キッチン、浴室など生活に必要なスペースと設備を共有し、寝室のみを同居する人数に応じて設けます。親世帯と子世帯が日常的に交流できるため、一緒に暮らしている感覚を持ちやすいのが特徴です。

◇部分共用型

完全同居型と完全分離型の中間で、一部のスペースと設備のみ共有します。子世帯と親世帯との生活空間を適度に分けることで、一緒に暮らしつつプライバシーも適度に確保できます。

◇完全分離型

子世帯と親世帯の生活空間を完全に分け、別々の世帯として暮らせるようにした間取りです。すべての設備が2世帯分必要になるため建築費用が高くなりますが、将来使わなくなった部分を賃貸住宅へ転用できるメリットがあります。

福井の地に最適な家づくりが特徴の永森建設

福井の気候は、高湿度で冬は寒く感じやすいのが特徴です。永森建設の住まいの設計は、地元の知識と経験が豊富な設計事務所が担当するため、福井県の気候に適した住まいを実現できます。塗り壁や瓦を積極的に採用していて、メンテナンス費用も安く抑えられるのも特徴です。

◇デザイン

永森建設は見栄えはもちろんのこと、ライフスタイルや快適性を考慮して住まいをデザインします。そのため、意匠だけでなく間取りや素材にもこだわりがあります。設計を担当するのは、グループ会社で地元のスタッフが在籍するアイ設計事務所の専門チームです。福井に根ざした知識と経験により、風土に適し末永く住める高品質な住宅を実現します。

◇断熱性能

年間降雨量は日本全国で8番目に多く、福井の年間平均湿度は75%以上です。湿気の多い福井は、ジメジメするだけなく冬は寒く感じやすいため、快適な注文住宅を建てるためには湿気対策と断熱性能が必要です。永森建設では、透湿性能に優れた断熱材を採用することで、断熱性能に優れ湿気に強い住まいを提供しています。

◇メンテナンス

住まいは経年劣化するため、定期的にメンテナンスが必要です。永森建設では、住み続けることによって発生するメンテナンスコストを抑えるために、メンテナンス費用がかからない塗り壁や瓦を積極的に採用しています。

二世帯のプライバシーを確保した施工事例

二世帯住宅はプライバシーの確保が課題ですが、1階と2階で子世帯と親世帯の住居を分けることで解決できます。永森建設では、生活動線や周囲の町並みなども考慮し、機能性とデザイン性に優れた二世帯住宅を提案しています。

◇二世帯のプライバシーを確保した家

1階と2階に分離し、子世帯と親世帯のプライバシーをしっかりと確保されている二世帯住宅です。共有する玄関、お風呂、和室は、世帯間の動線が交差しない配置になっていますが、家族がそばにいる安心感もあります。勾配天井や自然素材を採用し、本格的な和室を作ることで、開放的で温かみのある和モダン住まいを実現できました。

◇二世帯が集まれる家

お互いのプライバシーを大切にしながら、仲よく暮らせる二世帯住宅です。1階のリビングは、子世帯と親世帯と集まって家族団らんの時間が過ごせる心地よい空間で、小上がりの畳スペースは子どもの遊び場としても活用できます。

1階はオーク系の木材、2階はブラックチェリーの木材を使用することで、空間の雰囲気に変化を出しています。軒先の水平ラインがとても印象的ですが、外観はシンプルで町並みに溶け込む佇まいです。

子育ても助かる二世帯住宅の暮らしやすさ

二世帯住宅は同じ土地に子世帯と親世帯の住まいを建築するため、費用を安く抑えられます。親世帯と生活することで、家事や子育てのサポートを受けられるのも利点です。

◇費用を抑えられる

住まいを2軒建てるためには、それぞれ土地が必要ですが、二世帯住宅は同じ土地に2軒分住まいを建築するため、建築費用が安くなります。ただし、建築費用は二世帯住宅の種類によって異なり、共有部分が少ないほど建築費用は高くなります。水道や電気などの公共料金を一括して支払うことができるため、生活費を安く抑えられるのもメリットです。

◇家事や子育てのサポートが受けられる

共働き夫婦が増え、子育てを協力して行う必要性が高まっている現代において、家事や子育てのサポートは非常に重要です。二世帯住宅では、家事や子育てのサポートを親世代から受けられます。

祖父母が常に家にいることで、親だけでなく子どもたちも安心感を得られるのもメリットです。ベビーシッターは高額になることも多いため、親世帯に子育てのサポートを依頼することで経済的負担も軽減されます。


様々な種類がある二世帯住宅の特徴とは、完全同居型、部分共有型、完全分離型の3つに分かれます。それぞれの種類によってメリットと建築費用が異なり、選ぶ際には注意が必要です。

完全同居型は共有スペースが多く、親子の交流が容易です。部分共有型は一部のスペースが共有され、プライバシーを保ちつつ共同生活が可能です。完全分離型は世帯ごとに生活空間が分かれ、プライバシーが高いが建築費用は高くなります。

福井の気候に適した住まいを提供する永森建設では、デザインや断熱性能にもこだわり、住まいのメンテナンス費用を抑える工夫がされています。

二世帯住宅のプライバシー確保には、1階と2階で生活空間を分ける方法があり、永森建設では機能性とデザイン性を両立させた二世帯住宅を提案しています。このような住まいでは、親世帯との共同生活が経済的にも便利であり、家事や子育てのサポートも受けられる利点があります。

注文住宅でも騒音対策は必要?外部からの騒音を軽減する高気密施工事例

戸建て住宅でも騒音問題が発生し、空気伝搬音、固体伝搬音、両方の混合音が原因です。戸建てはマンションより騒音の心配が少ないが、都市部や交通量の多い地域では影響があります。NORQ HOMESの注文住宅は高気密で外部音を軽減し、快適な生活を提供します。線路近くの住宅では高気密性と吸音性に優れた断熱材を使用し、外部の電車の音を軽減しています。

戸建て住宅でも騒音問題は起こる~原因は?

コンクリートの壁で仕切られているマンションと比較すれば、戸建て住宅の騒音問題は起こりにくい傾向にあります。しかし、戸建て住宅でも騒音問題はゼロではありません。騒音は、空気伝搬音、固体伝搬音、空気伝搬音と固体伝搬音が混ざった音の3つに分類されます。

◇戸建てでも騒音が起きる

マンションはコンクリートの壁で仕切られているため、生活音が響くことがよくあります。一方、戸建て住宅は敷地で区切られているため、マンションより騒音の心配はそれほどありません。しかし、騒音は生活音だけではないため、道路や線路に面している場合や繁華街に近い場合は、騒音が起きやすいため騒音対策が必要です。

◇騒音の種類

騒音には、主に空気伝搬音、固体伝搬音、そして両方を含む音があります。空気伝搬音は、声やテレビの音、車のエンジン音、さらにはペットの鳴き声など、空気を通じて振動が伝わる音です。

一方、固体伝搬音は、床や壁、家具などの物体が振動し、それによって発生する音です。例えば、物が床に落ちたり、壁にぶつかったりしたときの音、足音、ピアノの音などがこれに該当します。

そして、空気伝搬音と固体伝搬音が組み合わさった音もあります。この場合、振動が空気を通じて耳に届くと同時に、壁や床などの物体からも響いてくるため、より強い騒音となります。例えば、工事現場の作業音、洗濯機の稼働音、トラックの騒音などがこれに該当します。これらの異なる種類の騒音は、日常生活や環境において様々な影響を与える可能性があります。

注文住宅を建てる際に騒音対策を行う

騒音が起きやすい地域に注文住宅を建てる際は、騒音対策を考慮して住まいを設計することが大切です。騒音対策をする方法としては、気密性・断熱性を高める、屋根、窓、間取りに工夫を施すなどがあります。

◇高気密・高断熱

気密性は熱の移動を少なくする性能、断熱性は熱の出入りを遮る性能のことですが、遮音性の効果も得られます。高気密・高断熱で騒音対策をする方法は、近隣住宅の生活音が気になるときに効果的です。気密性と断熱性を高める方法には、隙間に気密処理を行う、断熱材を施工するなどがあります。

◇屋根

一般的に、分厚くて重い瓦が最も防音性が高く、スレートや金属屋根(ガルバリウム鋼板)は防音性が低いとされています。スレートや金属屋根を採用する場合は、屋根裏に断熱材を設置するなどの防音対策が必要です。防音性が付随している屋根材を採用することでも、騒音対策ができます。

◇窓

壁が厚いのに走行音や近隣の生活音が気になる場合は、窓の防音性が低いことが原因と考えられます。アルミサッシと単板ガラスの組み合わせは安価で人気がありますが、防音性が低いのがデメリットです。騒音対策には、樹脂サッシが適しています。

◇間取り

間取りによって、家族や隣人の生活音に悩まされることもあります。特に避けたい間取りが、リビングの真上に子ども部屋を配置する間取り、寝室の隣にトイレやお風呂場を配置する間取りなどです。

北陸の気候を知るNORQ HOMESの家

NORQ HOMESは福井県にある工務店で、自由度の高いデザイン性に優れた注文住宅を提案しています。断熱性と気密性に優れているため、快適で光熱費の負担が少ない住まいを実現できます。

◇概要

NORQ HOMESは2013年に設立した福井県の工務店です。「比類なき高性能・高品質 暮らしやすさをデザインした家」をコンセプトに、注文住宅を手掛けています。NORQ HOMESの家の主な特徴は、次のふたつです。

◇自由設計

NORQ HOMESは自由設計が売りで、理想の住まいを形にできます。自由度の高い注文住宅は、予算オーバーになりやすいのがデメリットですが、NORQ HOMESでは機能性、デザイン性、コストのバランスを考慮した住まいを提案しているのも特徴です。自社施工で経費を抑えることにより、リーズナブルな注文住宅を可能にしています。

◇高断熱・高気密

北陸の気候を熟知したNORQ HOMESの家は、充填断熱と外張断熱を組み合わせいるのが特徴で、断熱等級7(Ua値0.26)とHEAT20のG3を満たす断熱性能と、高い透湿性能を誇ります。ダクトレス熱交換換気システムエクリアを採用していて、気密性も北海道レベルです。高断熱・高気密の住まいは、1年を通して快適に過ごせるだけでなく、光熱費を削減できるメリットもあります。

高気密で騒音問題を解消した施工事例

NORQ HOMESの提案する住まいは高気密なため、線路に近くても電車の音を気にせず快適に過ごせます。生活動線を意識した設計で、家事の効率が図れるだけでなく、将来的なライフスタイルの変化にも対応可能です。

◇高気密で外の音が気にならない家

線路の近くに建設した注文住宅です。気密性を高め、吸音性に優れた断熱材を採用して騒音対策をしているため、電車が通過しても音が気になりません。外観はダークな色合いで、内装は白を基調とし木材をふんだんに使用することで、落ち着いた住まいに仕上がっています。

光が入りづらいエリア設置しているペンダントライトが、大人のバーのようなインダストリアルな雰囲気を醸し出しています。

◇玄関の吹き抜けで開放的な家

徹底的に断熱性にこだわり、断熱等級7を実現した注文住宅です。HEAT20のG3を満たす気密性も兼ね備えているため、年間を通じて心地よい快適な温度を保てます。玄関の吹き抜けは2階部分とのつながりを生み、玄関も明るくなって開放的な家を実現できました。

家事の効率と高齢者になったときのライフスタイルの変化を考慮し、水回りを一箇所に集めた間取りも特徴的です。


戸建て住宅でも騒音問題が発生する場合があり、その原因は空気伝搬音、固体伝搬音、両方が混ざった音の3つに分類されます。マンションと比較すると戸建ては騒音の心配が少ないですが、道路や繁華街に近い場所では騒音が発生しやすいです。

騒音には、声やテレビの音などの空気伝搬音、床や壁が振動する際に発生する固体伝搬音、そして両方が組み合わさった音があります。騒音問題を解決するため、気密性と断熱性を高めることや、屋根材や窓の選択、間取りの工夫が必要とされます。

NORQ HOMESの注文住宅は高気密で外部の音を軽減し、快適な居住空間を提供しています。例えば、線路近くに建設した住宅では、気密性を高めて吸音性に優れた断熱材を使用し、外部の電車の音を軽減しています。また、玄関の吹き抜けを活かした開放的な設計や、水回りを一箇所に集約する間取りなど、家族のライフスタイルに合わせた設計も特徴的です。